FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

98.「バンクシア」      2011年6月20日

 美は三次元世界の中での一つの究極の目的、価値とされる真善美のひとつです。真の中には善美があり、善の中に真美が、そして美の中に真善が包含される。その調和の現れが聖。そして大本は愛でしょうか。真善美聖愛。その手段として健康や豊かさがあるのでしょう。
 美と健康を追究し、その情報や手段を提供することを社会的使命とする会社があります。それは京都の(株)トータルヘルスデザインです。私も20年程前からご縁を頂いていますが今回の東日本大震災にあたり近藤洋一会長から色々なご支援を頂きました。中でも特筆するのが、ボランティア・フィットネスの仙台開催です。6月13日から15日までの3日間あわの里 天命舎で開催しました。被災者にとって自立して行ける能力を開発する機会頂くことは本当にありがたい貴重な場でした。
 近藤会長の開催趣旨とバンクシア・フィットネスについては以下です。

 東日本大震災で被災され、「避難所などで十分な運動をすることができない」、「将来のことを思うと気が滅入ってくる」などのことが長期間重なると、心身に不調をきたす可能性があります。
 そこで私どもでは、被災者の皆様に簡単な体操をお伝えすることで、全身に気をめぐらせ、イキイキとした日常生活を取り戻していただきたいとの願いを込めて、「バンクシア・フィットネス」のプログラムの中から簡単なエクササイズをお伝えしたいと思っています。
 フィットネスのやり方をお伝えしますので、ぜひ2日間で覚えていただきたいと思っています。当日気持ちよくなっていただくだけではなく、これを覚えて帰っていただいて、毎日実習していただくことによって元気な日々をお過ごしいただきたいと思っています。
 と同時に、自分だけではなく、他の人にもやり方を教えてあげたいという意思をお持ちの方には、リーダー向けのエクササイズをお伝えいたします。リーダー向けのエクササイズを覚えていただいた後は早速、地域社会へお帰りになって、不調を訴える人を癒し、元気になっていただくために必要な活動をしていただきたいと思っています。
 そのために必要なことはすべてお伝えしたいと思っています。
 その結果『元気の輪』が東北地方全域に広がることを願っています。大久保先生をはじめ志を等しくされる方にお集まりいただき、充実した3日間にしたいと思っています。
 お忙しい中とは存じますが、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。
 株式会社トータルヘルスデザイン 取締役会長 近藤洋一

 バンクシア・フィットネス とは「体」と「心」と「宇宙」を結ぶことにより、イキイキと活力のある人生をつくり出すことを目的にしています。
 バンクシア・フィットネスのエクササイズは、まず体の中心軸をととのえ、体から“気”を湧き出させ、体全体に“気”を通すことにより、体と心が調和するようプログラムしています。ご自宅で気軽にできる、“美と健康”を目的とした簡単な体操や気の実技をマスターしていただき、「思い通りの人生、あるいは思いを超えた人生」を歩んでいただくことこそが、バンクシア・フィットネスの究極の目的です。

 定員20名でしたが地元仙台を中心に、福島、山形から20名丁度の受講者です。ボランティアスタッフは近藤会長はじめ気の達人の吉野武人さん、フィットネスの近藤太郎さんの両指導者の他に、関西、東京中心に既にバンクシア・フィットネスのマスターコースを修了している方々10名、そしてトータルヘルスの取材スタッフ2名での開催でした。
コピー ~ P1080618 コピー ~ P1080619 コピー ~ P1080622

 研修の詳しい内容は省きますが、明らかに大きな変換の流れが出来、それに同調し、共鳴共振出来た方々の共同作業が始まりました。震災後、色々な事象を見聞する中で大いなる存在の大きな配慮が感じられます。それが愛、天意(あい)なのでしょう。そしてそれを活かす人の縁、直感力、判断力、行動力なのでしょう。それが使命、ひいては天命を生きることになるのでしょうか。
コピー ~ P1080639 コピー ~ P1080625 コピー ~ P1080642 コピー ~ P1080646 コピー ~ P1080650 コピー ~ P1080654

 2日間の基本エクササイズから3日目のリーダーへのマスターコースは12名が継続参加しました。そこで指導頂いた絶対化ヒーリングは受講者とスタッフのペアで21日間の遠隔ヒーリング実践が義務づけられています。そして当然、日日に基本エクササイズの課題もあります。終了後5日目ですが継続されている方々には素晴らしい反応、変化があるようです。
コピー ~ P1080682 コピー ~ P1080660

 13,14日共セミナー終了後は食事会です。両日とも25名を超える沢山の参加を頂き、大いに盛り上がりました。酒量もかなりです。1日目は私も少し飲んではしゃいでいたようですが、強者は1時半まで飲んでいたとか。2日目は私は飲まずに2次会最後、1時頃まで付き合いましたが、さすがに潰れた方も続出です。バンクシアの東京等のミーテイングでは飲み会もかなり盛り上がるようですが、少し仙台は様相が違ったようで、かなりはじけた感じですとおっしゃっていました。指導者の吉野さん、近藤さん、二日酔いの中、密度の濃い指導ありがとうございました。

 3日目は午前中で終了して、被災地視察にスタッフの方々14名をお連れして出かけました。岩沼市の二ノ倉海岸、仙台空港周辺相の釜、テンメイ名取農場、名取市閖上です。被災したHさん母子と農場で合流して閖上を巡りました。 何度も見ている私には瓦礫の処理も進んで片づけが済んできている変化を感じられますが、初めての方々は中抜けした家、倒壊した家屋、田んぼや道路わきの船や車の散乱状況は驚きの様です。防風林の杉林が壊滅している空港周辺の老人施設はいまだ手つかずで3.11で時間が止まっています。同車したスタッフの方が車酔いで吐いてしましました。
 テンメイ農場では生体エネルギーの違いを体験して頂きました。あまり時間が無く残念でしたが食味実験では皆さんその変化に驚きです。
コピー ~ P1080683

 閖上のHさんは津波で家屋流失、全損の被害を受けていて、今は親戚のところで仮住まいをしてます。震災当日お母さんは車に乗っていて渋滞の中で津波に流されますが、中学校の玄関の屋根に流れ着き車が浸水していく中、偶然にも車の窓が割れ屋根づたいに逃げ出すことが出来ました。息子さんは別の避難所にいましたが大きい津波が来ることを知ってそこから走って逃げたそうです。後ろを振り返ると家々がそのまま追いかけて来るようで、街そのものが押し迫ってきたと言います。彼も危機一髪、小学校3階に駆け上がり難を逃れていました。
 実は今年初めご主人を病気で突然亡くされていました。3月11日は亡くなられたご主人の49日に当たり、学校に押し流された車中で奥様は必至でご主人に念願したそうです。そしたら窓が割れて逃げることができ、これはお父さんが助けてくれたと確信しておられます。
 この地区では1000名以上の死者、行方不明になっています。縁者の方々で亡くなられた方も沢山います。何とも言えない、貴重な体験をして今に至っています。息子さんは他県の大学に通っていましたが、震災後仙台の大学に編入していますが、価値観の大変換からか、あまり学業にも身が向かず悶々としていたようです。今回Hさん親子はバンクシア・フィットネスに3日間参加されて大きなエネルギー変換を得て、元気に前向きに変わらせていただきました。

 閖上地区には許可書が無いと入れません。私も今回初めて入らせていただきましたが、港近くの小高い日和山には慰霊碑、献花がなされています。そこから街を一望しましたが家々は片づけられ瓦礫の山と土台だけでかつて朝市で賑わった光景は消えてなくなっています。Hさん親子の家があった処は日和山から見えましたが土台だけです。果たしていか様な復興が出来るのか?人間の叡智を期待したいものです。
コピー ~ P1080689 コピー ~ P1080687 コピー ~ P1080688

 バンクシアはオーストラリアの森林に自生する一風変わった不思議な植物です。普段は何事もなくしていますが、山火事が起きると種のおよそ半分が山火事で死亡しますが、火事を発芽の刺激にして殻がはじけて種が放出され、燃え尽きた大地でその種が発芽し、やがて森が再生されるという、そんな世代更新する珍しい植物です。
 今回の震災で山火事のごとく津波で全てなくなりました。いよいよバンクシアの出番ではないでしょうか。今回の3日間でいよいよ殻がはじけて種が放出されました。新生はスイッチオンされたようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。