FC2ブログ

76.「立て直し」      2011年3月20日

 今日20日は満月、午前3時10分が今年最大の満月です。その1時間後に月が地球に最も近づきます。地球に月がもっとも近づいたときに、満月になるのは19年ぶりです。遠い満月より、14%大きく、30%明るい満月ですとのことです。そして太陽と月と地球が一直線に並び大潮が起きます。大潮で潮位が21センチ高まるようです。大きなエネルギーが太陽と月の協動作用で地球に働きます。今日が一つの変換ポイントでしょうか。大震災の状況も段々明らかになってきていますがまだまだ大混乱、悲惨な状況の方々が沢山です。
 昨日、農場長以下のメンバーと農場、高柳亭に車に乗り合わせして行ってきました。農場は道路より少し高くほとんど津波被災なく、多少水が入った様ですが農作物も無事でした。道路向かい西側の田んぼにはゴミがあるので津波が押し寄せたようです。100mほど南のバス通り以南は瓦礫の山です。農場を貸与して頂いているTさんの本家がバス道路の少し南にありますが瓦礫の山がまだ一杯です。
3.19名取農場

3.19道路100mほど南のバス通り
3.19瓦礫バス通り以南

 高柳亭建物内部は食器類が割れ、廊下の壁が破損していましたが、俄か大工で取り敢えず直して掃除出来ました。農場野菜も少し収穫出来ました。高柳亭はどうやら暫くは本家の皆様の避難場所になりそうなお話です。ガソリン給油が出来るようになればメンバーの農場作業開始出来ますがもう少し待機です。写真は農場、高柳亭での夕暮れですが光とエネルギーを頂きました。
農場

3.19高柳亭

3.19光 3.19光2

 今回の地震の発生は自然なのか人為なのか解りませんが、地震予知科学の次元を超えたものであったことは確かです。万が一に人為としてもそう動かす背景が、無形世界があり、自然としても神的、摩訶不思議な起こりがエネルギーを起こしたのでしょう。起こされた現象界ではそれをどう受け止めるか、連帯、協動で立て直すのか、不安、恐怖に動揺するのか各自の選択でしょう。これまで終末予言等が語られてきていますが、ある意味で淘汰であり、選択であり、人間の真価を問われる機会のように思えます。日本人の底力、精神力が発揮され建て直しが可能ではないでしょうか。多分大きな変換のモデルケースとして次の時代の先達として、みちのくの地で、東日高見の血、叡智が発揮され、日本全体の一体感の中で復興されて行くことでしょうし、そうする役割が私達に在りそうです。あくまでも天意のシナリオの様な気がします。

 これからの課題は原発事故の処理です。情報がいろいろ錯綜していますが現場の方々の懸命の努力で改善することを祈るばかりです。身を挺して活動されている皆さんに敬意と感謝を申し上げます。私は今回の事故はかなり、いやほとんど人為と思います。しかし我々の依存心、我良しの考えに大きな警鐘と、行政、産業への急ブレーキとなることでしょう。事故の影響は既に自助を超え、共助を超え、公助しかありませんが、放射能も元素の成せる技、その前提条件を動かす事で対応は出来るのではないでしょうか。今多くの方が祈りを送り原発の改善を願っています。きっと何らかの効果が現われることでしょう。私は大丈夫と確信しています。
 健康に関しては個人的には免疫力を高めることですが、究極の免疫力を左右するのは食べ物であり、意識です。特に多くの人の意識の協動がより強い免疫力を発揮させることは確かです。食べ物についてはいろいろの情報が流れていますので触れませんが、意識のなかで不安、恐怖、心配は免疫力を落とします、明るく暖かく喜び、楽しみを笑顔で響き合わせる事が大事です。共に建設的に助け認め合う仲間と意識を高め合うことはより効果が高いです。
 また言霊、祈りに集中することで大きな頂きを得られます。あわ歌を歌い響き合わせることは大きな効果をもたらすことでしょう。私は毎日あわ歌を歌わせて頂いています。暗い、辛い、苦しい情報に浸りきることでエネルギーは低下します。自分で情報も選択し、前向きな意識を持つことです。
 免疫力とは疫を免れること、難を避け免れる力とすればある意味で総合力です。放射性物質すら使いこなし難を超えられる力を得ること、与えられることがあり得ると思います。物質として、情報、エネルギーとしていのちを継続し役割を果たせる、果たす決意がその前提です。強い意志を持って良き仲間と一緒に積極的に活動して行く中で、いのちを全う出来ると思います。又、生体エネルギー応用技術である程度の効果を得られるものと私は確信しています。大難を小難に、無難に、今、将に是まで学び培ってきたことを総合的に活用することです。
 
 農場長は石巻市の故郷を車で視察、支援に行ってきましたが、牡鹿半島の実家は津波で後かたも無く流されたそうです。お母さんは前から仙台にいて難を逃れましたが、親戚には行方不明者が何人もいるようです。海沿いのそれぞれの集落ではその人身被害に差が見られたようで、彼は各集落の長の力量の差が出ていると言います。リーダーの役割がこれから益々重要になります。天と繋がる直感力、判断力、決断力、行動力、指導力等の総合力、意識の高さが求められます。
 国策で進められ犠牲を強いられている福島原発の現地の方々、地震、津波の被災した方々も含めて、国策で大きな有形無形の支援を送ること、国民も一心に今こそ一致団結出来るリーダーシップを期待したいものです。

 今日は満月です。太陽のエネルギーが月に最大限送られ、今日は近年になく月と地球は近接しています。記紀神話では伊邪那伎命(いざなぎ)が黄泉の国から還って生み出された3神は、太陽を象徴する天照大御神(あまてらす)と、月を神格化した夜を統べる月読命神(ツクヨム)と素戔嗚尊(すさのう)と言われます。素戔嗚尊は葦原中国から出雲の地に天下り八岐大蛇を退治しやがて国を治めます。彼は日本列島に初めて国らしき国を建国した始祖王と言われます。兄の月読命神はあまり目立ちませんが、今日の満月に最大限のエネルギーを素戔嗚尊に送ってこの国難に建て直しを計って行くのではないでしょうか。そんな期待を抱いています。
 きっと大きな存在は私達を守っています。そして全てを無しとして新しきを生みだす喜び、苦を楽しみに想造し、光り輝き響いて生きたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター