スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

68.「必要必然」    2011年1月26日

 今年の小山の信念会、那須のあわ歌会から帰った翌日11日に二つの事が起きました。
 今の私の医院は平成9年2月1日に移転新築しましたので既に丸14年が過ぎます。院長室は2階の南角にあり、天気が良い時は太平洋が一望でき、東側の窓からは日々朝日のいろいろな鮮やかな変化を味わえる私の最高の陣地です。最近私の部屋のエアコンの効きが悪くなって来ていたので、何故か少し気合いを入れてみたのです。そうしたら何と大きい音を発して急停止、結果的に完全に動かなくなってしまいました。変なことやっちゃった、虻蜂取らずか、と些か反省をしました。翌朝修理を依頼して午後来て診て頂きましたが、部品があれば直せるとのこと。後で電話があり旧式で既に部品が調達できずに修理不能と最後通告を受けました。
 機械というのは不便なもので部品が無いとどうしようもない世界です。それに比べて人間、生き物は素晴らしい機能を持っています。食べ物等取り入れて体内で元素変換して組み換えが出来て、自然治癒力が働くのですから。ともかく結局買い替えと成りました。しかし動かなくなった時、「そうか、これは買い替えよ、ということだな」と思っていましたので予定通りです。
 エアコンの商品状況を探ってみると品薄で商品によっては数週間待ちとか。仕事を早く切り上げて夜の新年会までの合間に、問い合わせした家電量販店に急行しました。在庫があって直ぐに取りつけが可能なものを探し出してもらいどうにか私の都合と工事屋さんとのマッチングで16日、日曜日午前に工事が決まりました。まずは一安心です。何故か暖房が無い部屋にいても寒さ知らずの毎日で、天候にも恵まれ、日中は太陽エネルギーでほどほど快適に過ごせました。
 16日10時から中山歯科健康教室です。午後からは真向法の新年初修練会と年次総会出が予定されています。それまでに終えて頂くつもりで工事は朝9時お願いしていました。若い2人の工事屋さんが取り付け作業を始めたのですが、室外機の移動取りつけ部品が無いので一度持ちかえり後日再工事というのですが、何故か工事屋さんの別クル―の車が来てくれて部品が調達でき予定通り設置出来ました。新品のエアコンはさすがに性能が良くなっていて快適です。まずはめでたしめでたし、予定通り、大調和でした。

 もうひとつの事は忘却ゆえの起きたことです。昨年末の掃除のときには机の中まで手が回らずにいました。そして11日の午後に机の一番下の引き出しを開けたままでそこに100円硬貨を落としてしまったのです。書類などの隙間に入ってしまい中のものを取り出して探すと、見覚えのない紙の包みがあります。何だろうと取りだして中を覗いてみると何と驚きです、貴重なお宝があるではないですか。何故、此処にと思い返すのですがはっきりしません。多分3年ほど前に大事にしまいこんですっかり忘れていたようです。昨年は机の中を整理したはずなのになぜか気付かなかったのか?今、この時に必要として紙包みが神包みとして与えられた感じがしました。えっ、思わぬ褒美を頂いた感じで、ありがたしありがたしです。

 何故、11日に起きたのかは分かりませんがその時が必要、必然なことだったのでしょう。3年前の1月17日に医院にお風呂を新たに設置するが事ができ、同じ日に買い換えた車が納車されたことがありました。些細な事の中に何か教え、伝えがあるようです。全てに感謝です。

 昨年12月に開催した天命塾企画の木内鶴彦中山博座談会とあわ歌会の記録をDVDにして皆さんに活用していただこうと、ふっと想いトントン拍子に進みました。そして、1週間後の藤原直哉講演会は藤原さんから記録取って販売して良いですよと声掛け頂き、それではとそちらも進めてきました。どちらも那須の金子譲さんに全面的に撮影、制作をお願いしていました。今週末にはどちらも日数前後しての入荷が決まりました。天命塾ライブラリーのNo1,No2の完成です。ジャケットデザインも良く中々な出来栄えです。24日から皆さんに販売の案内を送信、配布して販売開始しましたがまずまずの反応です。
 天命塾の新たなお役目の広がりかと思います。セミナー等に直接参加出来ることがベストですが、事情が許さない方々に、そして正確な記録が残せることでやがて多方面に深化、拡報できる手段としては有効です。次はNo3で、2月26,27日の柳原能婦子先生のセミナーも企画しています。皆さんが活用して頂ければ嬉しい限りです。
※天命塾ライブラリーは以下の案内を参照下さい。
№1「木内鶴彦 中山博座談会DVD」
№2「藤原直哉講演会DVD」
木内中山DVDジャケット写真  藤原直哉講演会DVDジャケット写真

 この頃は益々、「あ、そうなんだ、それで良いんだ」と思う日々です。杉浦清始宇宙僧の教えでは、「思い通りに生きる為にはまず、自分の夢を描き、あわく願うことが大事で、そしてあわてずに時間をかけること」と言います。そして「全てお任せの任天は20世紀の生き方で、21世紀は宇宙に感謝の量を増やす生き方です」と。
 このお話の続きはまたの機会に深くお伝えできると思います。今日の医院からの朝日は鮮やかな色を発してそのエネルギーは素晴らしいものでした。御天道さまありがとうございます。日日生かされてあることに感謝です。

※筆者主催サイト【NGO仙台テンメイ・仙台天命塾】セミナー案内等ご覧下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。