FC2ブログ

65.「新年」       2011年1月5日

 新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。2011年は如何迎えられましたでしょうか。
 私は那須で新年を迎えましたが、穏やかに明け、御来光も頂けました。しかし日本列島の各地では猛烈な寒波、大雪に見舞われた処も有ったようです。鳥取、島根の国道9号線で大渋滞、1日半も不通で車が立ち往生し、列車も除雪車が脱線して不通、集落も孤立し、舟が400隻も雪の重さで沈没したようです。青森、岩手でも豪雪で停電がかなり起きたようです。日本は広いです、天候の影響で新年早々、悲喜交々(ひきこもごも)です。
 那須では中山博さんの金の宮で年越し、新年を迎えましたが美味しい料理と酒を頂き、話題が盛り上がり、仮眠出来たのは元旦の朝5時近くに成ってからです。

夕方到着して早々、19時前にあわの歌を歌いましたがその時のお言葉です。
「これよりの100日は この地、この海、この地の方々 大きなる時ぞ、
 心得なされ すすみて歌いて、響きて 光とひとつになされ。」

 午前零時を前にまたあわの歌を歌い、新年を迎えましたがその時のお言葉です。
「開きたり この時に 大きなる新しきへ向かう扉
 これよりの生まれ出でる 新しきを受け入れる
 この地、この海 ここにある方々 皆々そのみを全て開き
 光を受けて 古きを無しとなさりませ。
 歌は大きなる みもとのあいなり
 響かせて皆皆を あいとなりゆき 新しきを生み出だされませ、
 ここに改めてお願い申す。時は今 この時ぞ。」
 
 いよいよクライマックスの時が幕開けされたのでしょうか、皆様、準備は如何でしょうか?実はその前、年末29日に私が頂いていたお言葉がありました。
「突然に訪ねたり、是よりの事は 来る日に伝え申す。
 古きが崩壊いたす日は 迫り来たる、
 大きなる新しきを生み出す為の 人作りは急速に進む。
 二人はその事を心得て 見事に成されませ。
 この後 二日後にお会い致す、ありがとう。」

そして29日の二日後、31日に那須で?にお会いして、深夜、新年を迎えて、先ほどのお言葉の後に私が頂いたお言葉です。
「陽が昇りゆく方にあるお二人に その地より
 大きなる光と響きを発せられて 多くの友を結びあい
 生み出だす新しき渦となさりませ
 見事なる多きうつしを成しまする。
 天地は皆々 力と成りて作るなり
 光の大きなお二人と成す。」
 果たしてどういう事なのか定かでありませんが、いずれにしても自分で自分を自分することと頂いております。

 6時半頃に起きて7時過ぎの御来光を拝し、美味しいお雑煮を頂き、後は那須の聖地巡りです。1時間程しか寝ていないのですが皆さん元気です。うるうの宮の光は素晴らしいものでした。
2011年、那須ご来光 2011.1.1うるうの宮での光

 新年は年賀状を沢山頂きますが、嬉しくありがたいことです。かつては600枚程書いていて数日忙殺されていましたが今は半分程になり減少傾向で嬉しいことです。今年も新年2日に書き始めましたが、頂いた葉書の中で色々な方の消息を伺えて貴重な情報交換です。

 友人からの年賀で我が数霊の師、田上晃彩先生が冥府に旅立たれた事をしりました。初めてご縁を頂いたのは1992年5月に会議で札幌出張の時に仙台空港のショップで買い求めた本、「カズタマ 世紀末大予知」でした。非常に興味深い内容で直ぐに連絡を取り、名古屋の事務所を訪れ、それから数理の世界を10数年間にわたり名古屋に毎月のように通って、面白く学びました。最後にお会いしたのは5年ほど前でしょうか、念願の故郷の広島に戻ってまだまだ意欲盛んでしたが、秘書の京先生も病になり、先生も病気になられ自由を奪ったのでしょう。私も縁遠くなっていましたが3年前に著書を書かれ、お手紙を差し上げたのですが返事を頂けずに、既に体調を崩されていたようです。大正12年生まれ享年87歳でした。稀有な霊能者でしたが、ありがたいご縁で私は非常に可愛がって頂きました。

頂いた年賀状の中で今年のヒットを紹介します。

「昨年で現場を離れました。
 これからの毎日はどう暮らすか?
 今、いろいろ迷い、計画中です。
 まずは人に頼らず、すがらず、自力で

すがらない語録
・医者にすがれば、一生患者
・教祖にすがれば、一生信者
・強者にすがれば、一生弱者
・社長にすがれば、一生社員
・金にすがれば、一生心こじき
・餌にすがれば、一生家畜 」

 3日は恒例の4神社の初詣参拝でしたが、善き天候に恵まれスムーズにすっきりさっぱりと巡ることができました。白鳥達が遊ぶ湖面で遭遇した西に沈む太陽もありがたいエネルギーです。そしてそんなこんなであっという間に私の年末年始のお休みが終わりました。
 今年は更に手放し解き放たれ、心機一転して「遊楽歓喜、自分で自分を自分する」かな。
2011.1.3午後3時

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター