FC2ブログ

56.「宇宙問答」   2010年12月3日

 人間は何時も異なる体験をしているのに日常ではその変化を感じにくいものです。非日常、際立つ相対との遭遇で開かれる世界は興味深く、また必要なものをタイムリーに与えられます。感じてキャッチ出来るかは己の能力ですが、人間は想造の能力を開発して相対を豊かにすることが楽しみなのかもしれませんし、それが己の豊かさ向上につながるのでしょう。今回もこの世で稀有な方々のお話を伺う機会に恵まれ、美味しい食と語らいのひと時を過ごせました。

 これまで何度も紹介している宇宙僧の杉浦静始導師と宇宙画家のはせくらみゆきさんの宇宙問答はTHD京都本社に於いてチャレンジPPK主催で11月28日に開催されました。

 1時間ほど身体と心と宇宙は一体を目指すバンクシア体操でエネルギーを巡らし、リラックスしてからお話を伺いました。体操は何度か指導頂いていますが素晴らしい効果で、今かなりの広がりがあり、受講生がかなり増えているようです。

 「人に後ろ指を指されることを恐れることなく、これからも犯すであろう我々の数々の過ちに乾杯!」これは杉浦導士の宴席での乾杯のお言葉ですが、はじめて聞く方は驚きを持たれます。私は御導師にご縁を頂いた10数年前から聞き慣れた言葉ですが、これは安心して生きることが出来る妙薬と重宝しております。

 はせくらさんもこの言葉に感激したようで、その話題から始まりました。
 見えないものが大事で、魂がプログラムを作って今世に生きています。たまたま生まれたのではなく決めて生きています。運命も意識で変えることが出来ます。それも瞬時に変えることが出来ます。20世紀は思いを叶える時代でしたが、21世紀は全てが叶っている時代です。ですから何が起こっても「ありがとうございます」です。
 昨日京都に向って小山を出かけ、乗車して直ぐに新幹線車中で事件が起きました。車内販売でコーヒーを買い、受け取る時に揺れで売り子さんが手元を滑らせコーヒーをズボンにかけられてしまいました。かなり熱い思いをしましたが咄嗟にありがとうございますと言葉がでました。売り子さんはあらん限りでお詫びして東京駅に着くまで手を尽くしてくれました。駅では会社の上司が出迎え是又お詫びしていただきましたが、全ては自分が描き現実化した世界を如何に楽しむかです。
 数年前に悪性リンパ腫で余命2週間と医師に宣告されました。それが起きるには諸々の原因がありましたが、入院していて、食事にしろいろいろ病人の扱いを受けていると病氣に成ってしまうので、自分が喜ぶこと、楽しいこと、例えば野球を観に後楽園に行ったり、妻の手料理など食べたいものを食べ過ごしました。やがて意識の中で自分は治ったと宣言し、見舞いに来てくれた孫も治ったと言ってくれ確信を持ってガンから生還出来ました。それは己の真心が宇宙エネルギーに通じたようです。それから自分を宇宙僧と名のりましたが、内面の意識の力で治らない病気はありません。
 身体のエーテル体の陽電子は対生成し、対消滅して光に変わっています。現象していることは光に変えることで叶っていることです。全ては現在完了形です。考えることが神に還ることで、時空を旅しているのが毎日の生活です。既に魂次元の経験をしていて、思い出すだけでOKです。多くの輪廻を繰り返しているので私達はその道のプロであり、悠久の時を生きているのが魂です。つまり直感で豊かに生きる訓練をしているのが今世と言えます。
 イキイキ生きることで悠久に生きることが出来ますし、魂の解放が目的です。これまでの魂を磨くことという常識に結び付くことなく自由に生きる事が魂の解放です。それは肉体を持った時しか出来ない事です。無限の光、無限の魂、どこまで行っても光り輝くことは囚われを無くして無限のエネルギーをもらうことです。
 それらは人間クラブを破壊して作ることですから、いろいろ起こることはありがたいことで、破壊されて生き方が変わり、思いのままの人生を送れます。束縛では生きられませんし、それを打ち破ることです。兎に角、非日常的な生活を生きることで色々なことが起きる人生はとても楽しいものです。
 ガンの人が言葉の通じない国に一人で行くとガンが消えると言います。非日常生活が日常とは、ありがたいという感動しかありません。しかしそれは出来る人と出来ない人がいます。何が無くても江戸むらさき、今生きていることに感謝出来るかです。
 また今は既に必然的に完成し、想いは叶っています。それを未然、未完と思うことは間違いです。常に今、最高の状態に置かれています。生きているだけでOKで、完成です。自我意識が否定していることを消して行くだけでありがとうがでます。事故に遭った時、あるいはどんな状態でも障害物レースをしていることを楽しむことです。色々な障害に遇う方の光は大きい光になり、より大きい障害にあう方が益々大きな光に成ります。それが最高の魂の解放になります。
 現象化するのは原因があって完了しています。ラッキーと思えるように常日頃、心の訓練をすることです。まずは言葉の使い方、言い癖です。王道を歩まない事が楽しいし、面白いです。この世は「遊びをせんと生まれけり」の世界です。これからアセンションということが言われていますが、意識の進化、予定調和を体験する遊びのチャンスです。しっかり楽しみなさいと言うことです。
 やがて今話している意識の世界が普通になり、当たり前になります。しかしその事を言っても中々通じないのです。苦悩や苦痛を抱くのはなぜなのか、悟る自由、悟らない自由も有りますが、私はその事をお伝えし、念を送り、魂に語りかけます。その反応は相手次第です。
 起こることに出逢うことは全て自我で、スーパーリアリティーで、夢と同じレベルの事です。魂が主で意識が心と現象を観ている幻の世界。今起こることは魂が必要なことしか起こしていません。己の成長にふさわしい創造者です。しかし、考えること、マインドが全て自我と捉えて見えない世界にだけに心を埋没して生きていては継続が出来ません。見える世界に感じ、感動し行動することが大事です。顕在意識が分かる処から革命を起こすことです。魂の世界に逃げてはダメです。

 そんなお話を頂きましたが、はせくらさんの質問が興味深い答えを引き出して、御導師の超次元宇宙を現実化して翻訳して下さいます。時間はあっという間でしたが満足が会場に満ち溢れています。宇宙問答の後は、肉体を喜ばす、バンクシア料理を頂きました。
 
 THDの農場の野菜、新米など美味しい料理に会話も弾みます。身体と心と宇宙が一体となった時空を楽しみました。本当は全て己の宇宙問答を皆さん楽しんでおられたのでしょう。私の宇宙は大きく光輝いたようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター