FC2ブログ

24.「田植えno.2」          2010年6月12日

 人がこうありたい、こうなったらと思いを巡らし創造を想像し想造して行きます。先人の残したもの、その時、その場で、縁した方々の発想と、共感力、想造力が新たなものを形作ります。自然は推し量ることが出来ないほどの法則性で営みの継続がなされていますが、そこに人類が係わり、人類自然の有り様を作りだし、新たな想造エネルギーが生まれます。現実化出来、新たな存在を誕生させるには目的、プログラム装置化、形作るエネルギー、継続をする力が必要です。無から有を生む、無為(むす)。神なる存在の許可のもとに人間はその役割を頂いている存在なのでしょう。

 人には能力が授けられ、経験で培われ、磨きあげられます。老若男女の別なく皆、ある過程を生き、目的に向かって歩んでいきます。自分の能力、ひいては存在が必要とされることは喜びであり、命を励起させます。テンメイの面々はそういった方々が集い、活動が出来てきています。想いは言葉に現れ、行動に移されますが、農作業や色々な活動が己の有り様を明らかにするようです。O農場長が土を耕し心を耕すといつも言いますが、黙々と作業する彼の姿が人々の共感を生み、縁を深めるのでしょう。

 限られた土地を、その状態、性質に応じて活用する工夫の中で、色々な意見がかみ合い名取農場の畑をもち米栽培の田んぼに転用しようということになりました。そして私がお世話役をしているチャレンジPPKの例会活動と企画を融合出来て、名取農場での田植え、稲刈り、餅つき忘年会の計画がたちました。6月6日が田植え、前日5日は例会勉強会懇親会でした。

 杉浦静始氏が引き出す貴方の天才と名打った勉強会は中山歯科研修室で開催されました。
まな板に載ったのは私とO農場長です。「NGO仙台テンメイの取り組みを通して人間の可能性を探る・・農業&生体エネルギー実践・・」をテーマに二人で現在に至る思いや出逢い、行動の軌跡を通して己を語りますが、それを受けて御導師の言葉が内容をクリアーにし問題点を掘り下げて下さります。参加者12名の内PPKメンバーが9名でほとんど初めての皆さんですが深い理解と納得の顔です。仙台テンメイの活動のことと是まで難しくて敷居が高かった生体エネルギーが初めて分かった、必要性も感じたとの感想を多数頂きました。明日の田植えで実際の現場で体験、実感して頂くことでより理解が深まることをお伝えして宿泊懇親会へ移動しました。農場長は明日の準備で残念ながら不参加でした。
 
 チャレンジPPKの秘訣はナイトサイエンスにあり、懇親会は互師互弟を前提に和やかに楽しくお話が進みます。終わってみれば3次会は午前1時過ぎでしたが、究極は御導師の言う世界、「男は女を求め、エネルギーの極みを目指す、老子道徳経の無為自然」。無為はむす、生す、肉体を持ち次元を越えて楽しむこと、そして果てる。意識の高みを頂かなければ共有出来ない世界かとも思いますが、元気にその道を進まれる御導師のこれからが楽しみです。
 
 6月6日は快晴で農場には初夏の心地良い風が吹いています。ため池を作り、代掻きをした田んぼには水が程良く張られています。先人の教えを頂き、智慧を働かせ、工夫して此処まで段取り、作業をしてきた農場長始めスタッフは素晴らしいです。木村さんももち米、みやここがねの苗を運んで来てくれています。三畝強程の田んぼに20人ほどで思い思いに植えていきます。初体験の方々も素足で入る田んぼの気持ちよさ、エネルギーをしっかり感じて頂いて楽しそうです。体の不調を抱えていた方も終わってみれば回復していました。1時間ほどで綺麗に?植え終わり達成感、満足感一杯に高柳亭で寛いで頂き、もう昼食です。農場野菜を使った盛りだくさんの美味しい昼食を頂き、午後は四方山談義に花が咲きます。畑の説明、見学や生体エネルギーの違いを体験頂き益々納得顔の皆さんです。PPKの面々のほとんどの方がテンメイの入会もしていただけました。嬉しい限りです。
 
 田植えの時に杉浦導師が田からそこそこに上がって、畦で横になりぼーと空を眺めているのが目に留まっていました。午後の談義の中でそのことをお話頂けました。若いころ石坂洋二郎の「石中先生行状記」の中で田んぼの畦で男女がまぐあいをしたという一文に興奮したこと、そしていつか自分もそのような体験を願っていたが、今日初めて田植えをして畦で横になっていたらそのことが思い出された、まぐあいは出来なかったが夢心地良さに感動していたそうです。

 人は何を思い、時を過ごしているのか計り知れないものですが、場を共有して心地良き一瞬を生きる、蒔いた種、植えた稲苗はエネルギーを頂き成長して稔、いつか刈り取り私達がそのいのちを頂く。その想念の遺伝子情報を体内に取り込み融合して生きる私達。明るく、楽しく、嬉しく、笑顔の田植えは和気藹藹終了できました。今回植えたPPKの稲刈りは10月31日、お実りを頂く餅つきは12月19日の予定です。前日18日にはPPKのMさんのコンサートを仙台で開催して忘年会。楽しみの連続です。2週連続の田植えでしたがそれぞれありがたいことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター