FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

174「医食住」2012,10,4

 9月29,30日に日本ホリステック医学協会設立25周年記念講演会が北日本支部主催で仙台で開催されました。「いのちに学ぶ」深遠なる営みにふれる2日間と題され、29日に私が講演&生体エネルギーのワークショップを担当しました。与えられた演題は「生体エネルギーの実践~医療・食・住環境~です。お蔭様で2時間を超える時間を皆さんと楽しく共有できました。
 実はその日は長野で生体エネルギー研究所での想造量子宇宙論講座応用課程の勉強会が12時までありそちらに参加して終了後直ぐに仙台へ向かって帰って来ました。仙台駅16時17分着の新幹線で定時に到着して、タクシーで会場の宮城県歯科医師会館に16時25分着いて16時半の講演開始です。ジャストインタイムで予定通りでした。

 お話は1時間15分位して後は、色々な実験、体験会を1時間程行いました。お話の最初は、生体エネルギーとの出逢い、是までの活用実践の報告です。当然現在は、生体エネルギー理論と技術は中山歯科の根幹をなすもので、それを中心にしての歯科医療、あわの里天命舎、天命塾、NGO仙台テンメイ、座禅断食会、真向法体操など現在の活動状況をお話しました。
イメージ 21 イメージ 53
 歯科治療のケースプレゼンテーション、生体エネルギー資材の活用による効果について農業分野だけでなく、しらべシリーズの医学的データーも含めて66枚のスライドで紹介しました。
 ここでも講演会で提示した写真等で医院での生体エネルギーの取り組み、変化をお見せします。
生体エネルギーとは 中山歯科 生体エネルギー技術活用目的 生体エネルギー設備等 医療専用設備 電気設備

電気設備を生体エネルギーの電気誘導翻訳装置に変えた時の歯科用の無影灯の光の変化をご覧ください。
電気の変化

 電気は変わらないものという認識でいますが、生体エネルギー技術で「その内容、機能、性質を変えることが出来、そうすることでその電気を使用する電化製品の働きに効果をもたらすことが出来ます。
 電気だけでなく建築資材、水誘導翻訳装置などを活用していのちに密接に関係する環境を如何に作るかが健康を左右します。そして、どのような空間として生態系を作るかの空間装置化は、そこの中心になる存在、中山歯科では院長の私の想造による物語作りに拠ります。
 環境変化でそこに生きる存在に影響が及ぶのは当然です。医院でも新しい医院を建設して移転した後、更に高圧用電気誘導翻訳装置さとり設置後、更に高圧用目的別装置を設置後にそれぞれ2名の従業員が退職して行きました。始めの時は、より良い環境になったのに、なぜ?と理解できなかったのですが、それぞれの各個のいのちの目的と違和が生じてくるとその場から自然に離れて行くように誘導され、その場に適した人材に入れ替わるのだと分かりました。
 お蔭様で現在は落ち着いた中で仕事が出来ています。生体エネルギー資材の極め付きはしらべシリーズの活用です。しらべ、しらべS、携帯用しらべ、しらべEが新たな生態系を作ることに大きく貢献しています。詳しくは前に書いたブログ(171生態系、172、173生体エネルギー)を参照ください。

 講演会では生体エネルギーを初めて知り、体験した方々も沢山いました。お話ではなかなか伝えきれない世界ですが、食味試験でも眉唾ものに感じた方も多かったのではないでしょうか。
 醤油、味噌、ワンカップの酒、レモンを使用しての食味体験をして頂きましたが、味が変わり、まったく別物になってしまいます。皆さんはなぜ?・・・という感じでした。携帯電話の電磁波の影響も体験した頂き、更に生体エネルギー水を活用して身体の前屈試験をしました。
 前屈ではモデルの男性が何も無い状態では床から手が15センチ程でしたが、水を足元に置いて前屈をして頂くと指が床に着くではありませんか。
イメージ 33 イメージ 22 イメージ 28 イメージ 18 イメージ 9

 講演会の時間はあっという間に過ぎて、場所を移して懇親会です。私も少し酒を頂き、初めての方にもいろいろと質問を頂き、生体エネルギー技術に沢山の方に興味を持って頂けたようです。まずは各自の必要度に応じて今後活用して頂けたら嬉しいことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。