FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

167「法則」2012,8,31

 8月も晦日を迎えもう9月です。猛暑日が続き異常気象の様相ですが海外では干ばつ、洪水の被害で食糧危機が叫ばれています。原発を稼働させないと電力不足になるというアナウンスをよそに電力供給が十分に足りています。果たして何だったのでしょうか?しかしエネルギー危機には避けられずこれからの課題です。金融危機、経済危機、政治危機・・全ては危機だらけで社会システムが限界に来ている事は明らかです。新しい時代の科学、法則が求められていますが、宇宙自然を踏まえた哲学が基本に必要です。8月11,12日に飯島秀行さんの講演会を開催しましたが、そこでの学びは示唆に富む気づきの時間でした。お話の内容を簡単に紹介します。

201208111418000.jpg

「自然法則が働いているものは右周りをしているとすると、逆回りで左回転している異常が存在している。今の世の中は異常だらけで逆転している。その人達は疑わずに反転したままで行動しているので、その事を指摘されても分からない。正常な働きをフリーエネルギー、永久運動という。人間は永久運動でないと死んでしまう。何を見て有限で、無限なのか。
 宇宙の法則は科学で、万物万象を活かしている源。その見方が無いと永久モーターは出来ない。だから現物を見ても分からない。意識が逆で捉えているので噛み合わない。勉強は覚える為ではなく見方を変える為だ。人間は生きているが、何故かと疑ってみる人がいるか。なぜ動いているのか、生きているのか知らない。生かされているのか知らない。食べて、水飲んで、空気吸って生きているが、どうして生きれるのか。農業でも工業でも病気でも、一つの例外なく法則があてはまる。
 放射線以上に怖いものがある。その怖いことが身の回りに起こっている。自分の正体、メカニズムを知らないことが一番怖いことで、それが最大の悪夢。疑わずに動くことで正常化なのか。今皆で一生懸命に汗をかいて壊している。全部狂っている。このままでは国が倒産して行く、地球の末期がん状態だ。本来癌にならないはずのものが、イヌ、ネコにも透析治療している時代で将に狂っている。しかし、異常で生きている人にはその事が分からない。
 正常法則で生きると肉体は正常になり、意識が逆行すると悪化して動けなくなり癌になる。治る人と治らない人がいるが、治るためには意識が変わらないと無理。今の世の中は宗教も学校、社会も全てが逆行している。教えているもの逆説で、その結果として世の中逆転している。正常回転しているのが常識だが、それを世の中からは非常識とみられる。しかし、真の世界ではそのメカニズムが正しい物質を作る。逆転は非常識だが、世の中では常識になっている。
 
 電気自動車は二酸化炭素以上に害をだす。想像を絶する害が出る。考え方が逆転して作った物はエンジンから二酸化炭素出し、考え方が変わらないと結果は変わらない。
 農薬使い続けて病害虫が減ったか。使う事で土壌汚染が拡がり、なかなか直らない。逆転している考え方の人は直せない。経済は近い将来崩壊する。何を根拠に国を建て直すか、清浄な意識に変わらない限り変わらない。
 コマーシャルにある「病気は人間を選べない」は嘘。病気は人を選んでいる。それは正常な人にのみ分かる。異常な意識の人にのみ病気が起きるが、そこには異常振動がある。マスク位では病原菌を遮断できないし、予防接種した人が病気になる。
 振動のメカニズム、サイクル、周波数がある。例えば病原菌が左回転していて、人間が左回転しているとくっつくが、右回転しているとくっつかない。だから、病原菌、病気は相手を選んでいる。そこから入らないと何やってもダメ。
 いつ死ぬか、病気になるか分からない。勉強しなければならないとしたら、正常なものに向かう事でそれを超越して行く。いろいろな考え、知恵が湧き上がってくる。それが自然界の法則。そこに気付くことで全てに価値がある。そこには病気、倒産、損失はありえない。自分の意志で選ぶことをやってみる。永久乾電池は可能で、フリーエネルギーの自然法則を応用することで可能だ。

 人間、生物は全て自然の法則で動いているが、今は物質に偏って動いている。セシュウムも怖いものと怖くないものがある。放出型のものは害があり、吸引型のものは害がない。福島のものは放出型で怖いもの。
 水、農薬など全ては法則に従い使用する。電気のオームの法則は成り立たない。私の装置の多くの見学者はあら探しだけで、異常者は正常を見抜けないし、認めようとしない。逆転している人は全く分からない人で、更に完全否定してしまう人だが、中には何か感じる人が少しいる。

 天は宇宙法則で、天は我々を見捨てない。しかし、逆に我々が天を見放し、見捨てた。人に分かってもらわなくても自然法則が働き、法則が永久運動で、全ての物質が永久運動を起こす。
 有機体は無機体へ変換して、永久なエネルギーが本来の私達で、有限性は必ず害を出すが無限は害が出ない。考え方の意識が大事で、今の地球の末期がんをどう直すか。直す方法は自分を直すのと同じ。意識が正常化すると行動が正常化する。化学薬品が悪いわけでない。その有限性の意識が害を出している。死とは有限で、生は無限で、永久意識が物質を作る。
 くさい話だが、便はお腹の中では臭わないのは入って出るサイクルだから。しかしお腹の外に出ると、出て入るサイクルで臭い。法則を理解した目明きとして全うして生きて行くと不安が無く、病気にならない。正常な考えで全てはOK.しかし異常な考えでは悪化し、不安でこの世は地獄となる。今が天国なら死んで天国、今が地獄なら死んで地獄へ行く。今が大事で正常は無限を作り、異常が有限を作る。

 食物に栄養はない。それぞれの種類に波動がある。いろいろな微生物がいて、それと同等な波動がエネルギーに変わる。食べることで波動を入れている。にんじんの波動と空エネルギーが交換する。空エネルギーを入れる為にニンジンを食べている。にんじんは微生物の集合体で、その微生物が働いているその波動と同等の物が空気中から皮膚を通して入る。食べることで腹圧が上がってエネルギーが皮膚から吸入される。人間は皮膚呼吸だ。
 食べ物が直接栄養になっているのではなく、その同等のエネルギーが空気中から入っている。色即是空、空即是空そのものだ。水は微生物の塊で溶存酸素の量で決まる。微生物が一杯入っている方が栄養が高い。農薬を使うと微生物を殺してしまう。
 霞を食べて聖人は生きている。呼吸でエネルギー取り入れている。この世は全て生きもので空気が固まったものが物質。海のエネルギーの中で船が動いていて、海はバッテリー。これまでは船の中のバッテリーで、有限性の中で動いていた。しかし海がガソリンだったら無くならない。フリーエネルギー、永久運動で、どんなところでもエネルギー抽出できる。
 地球は台風、地震など天災で浄化している。海が酸欠起こすと台風起きる。戦争も文明の相乗性が加算されて起きる。癌も異常な考えを正常化するし、本人以外、第3者は治せず、本人の意識が変える。病気は自分が作ったもので他人は直せない。意識がしっかりしないと除去しても転移する。
 土壌が出来ないと植物は病気になる。海が出来ないと魚などは病気になり、ストレスで共食い起こす。現在は水、環境が安定していないので問題が起きる。
IMG_0455.jpg
 この世に対する疑問を潜在意識に持っている。死は2つあって、死んで肉体から幽体、霊体、意識体に行くことが本望で三位一体の存在だ。この今の状態で即、霊体になるには、「己は空そのもの」の意識を持つことで行ける。どのサイクルに同調するかは意識次第。私達の実体は霊体で、天国は霊界、霊エネルギーで出来ていて無形無想の生命体。大霊は目に見えない。法則も目に見えない。そこに大霊を宿している。
 私達は直感を持っているのに持っていないと思う。本質的に自分の思い通りに行く。やってみたいことをやること。神の啓示は肉体、五感を通して来て、形なく、言葉無い。自分が行ってみよう、やってみようが神の啓示でメッセージ。神は無形無想の大霊で、どうしたら神に行けるかと何か考えていてはダメ。無心でないと行けない。その事を経験して自覚する。何事も自覚するまですること。そして死なないことも自覚すること。死なないと怖いことない。死なない、痛みない、ガン怖くない。恐怖感が作っているのでガンを意識するとどんどん増えて行く。話題にならないと増えないので忘れること。
 これだけは成し遂げるという想念は導かれて実現する。意識を持って動くしかない。日常生活の中でやってみようかな、が良い。無視するとダメで、守護神が止を入れる。人間は啓示を受けて動くもので、考えるものでない。そこには脱線が無く、自分が生きているは逆で、意識チャンネルが合う事で病気は治る。食べもの、水で変わるのではなく考え方が相乗効果を現す。物質に偏ってはダメ。神は無形無想の大霊。己は生まれながらの神で、死んでも神との自覚を持つ。それで変化する。

 本当の先祖回向とは、先祖は我が内にある。原始細胞として精子、卵子存在して、それが肉体を構成して先祖が全部いる。日本昔話は聖書のようなもの。ピラミッドは形になった聖書。文字、言葉では本質を表せない。釈迦も常に変化しているのでたとえしか表せない。
 空気を吸って生かされている。万象万物はそれで存在している。石は焼くと粉、空気になる。全ては空エネルギーで、身体から意識が抜けると抜け殻。
 玉手箱を開けるなというのが霊界との約束。しかし浦島太郎は開けてしまい、鶴になって渡り鳥となり帰って行った。法則を理解するまで肉体を繰り返す。自分の意志を貫き通すことで地上天国と成る。今のまま理解して行き、エネルギー革命が起きるが、その前に意識革命だ。
 先祖が帰ってくるなら良い場所を作る。墓場を磨いてもしょうがない。自分の身元を磨くことが表裏一体で、神を外に求めないこと。鬼退治の鬼は自我という意識体で、法則で鬼は打ち砕かれる。
真理を知らないのは罪。全ては中性でそれが神。真理を芯から理解するとニュートラルになり、人に神の法則を伝える人材として使われる。
 懺悔する。理解することそのものが懺悔。全てを超越するもの、自分を生かしている神に挨拶をする。自分をまずは知る。真の世界と表裏一体でバランスよく生き、地上天国をなす。フリーエネルギーの世界はそこにある。その世界を理解できないと作れない。
 出来るまでイメージする。今まで培ってきたものと違うものにポイントある。やってみること。やらないでダメは最低の人生。生きることは各自が自覚すること。でないと人に伝えられない。出したほど入って来て、エネルギー入って上がって行く。」

 濃厚な時間は果たして如何様に皆様に響いたのでしょうか。1日目のお話を終えて懇親会ではいつになく飯島さんもお酒を召し上がり良い気分になられました。楽しき集いでした。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。