FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

166「目的」2012,8,20

 この世界に存在するものは目的があって生きている。各個人にも国にもそれはあり、地球の目的は何んなのか。そんな問いかけから7月28日の木内鶴彦さんのお話は始まりました。
201207281542000.jpg P1150311.jpg

 地球は閉鎖された小さな世界で、いのちは藻の単細胞からスタートした。死して命を育む栄養循環があり、酸素から二酸化炭素と変わる動植物の循環がある。環境に応じて細胞の突然変異で変化してきた。その中で動物は本能で生きるが、人間は生態系のバランスをとる役割がある。人間は創意工夫が出来、生態系のバランスを整えて継続することを目的として生み出されている。それが達成できる産業構造を作っていくことが求められている。しかし、今の地球は目先の事、お金の為でエゴで動いているのが現状で、破局の方向に進んでいる。
 そんな中でこれからの時代を切り開く新しい技術の活用で新たなモデルケースをお話頂きました。そらは太陽光発電を活用し蓄電池を使用して送電線の無いもので、半永久的発電機で発電機付電池として活用できるものです。更に企業内農業で人口光で栽培できるもの。100戸くらいの村で各自がそれぞれ役割をその中で果たして、食べ物は自給自足して発電からごみ処理まで全て賄い循環型の村を作るような構想もありました。
 今回のお話で大変興味深い内容が多々ありましたが、光、振動のことを紹介します。

「太陽光は電子が皮膚にあたると振動するので暖かく感じる。エネルギーには光エネルギー、電気エネルギーなどあり、電子レンジは電子を肉など食べ物にあて振動させることで熱くしている。光や熱で物を燃やすが、炎によって低分子中の電子振動を加速して、ばらけて煙が出て最後に炭素、カーボンが残る。炭素は3300度でないと気化しないので周りの酸素と結合して二酸化炭素で気化する。太陽光の熱エネルギーで空気中のもの振動して分解して行くと炭素だけに出来る。
 水素が集まって高分子になるが、陽子が集合しているのが、ばらける時に放射線が出る。その灰のような物が放射性物質。福島で太古の水を活用して放射能高濃度汚染水を実験した。その結果は1か月で三分の二に減り、直線的に1か月半でゼロになった。放射性物質が無くなった水はたいちくんと同じと考えられる。
 活性度が上がると電子振動が変わる。岩盤中の圧力を経た水や海洋深層水は効果があり1週間で変化起きる。物と電子反応を起こす。細胞内で電位差を起こす電解水があると細胞膜を通して栄養素のやり取りが起きている。帯電すると体調が悪化するが、それは電位が経絡に溜まりコンデンサー効果が起きて滞りが起きている。それをアースして放電させると良い。だから素足で歩くのが良い。

 光子が入り、物体は全て電子振動起きている。太古の水は細胞内外の反応を促進している。食物は腸から吸収されている。細胞の浸透膜の濃度が薄い方から濃い方に吸収され、熱エネルギーが放出されている。この反応は地球でも起きて、循環している。
 細胞内の不純物が細胞外にどう出るか、逆浸透膜で入った物には濃度の薄いものが細胞の内側に必要だ。活性水で、気圧高いものは不純物少ない。太古の水は表面張力が強く、コロコロして粘り強く、地球上の純水よりも強い。それは濃度が薄く、表面張力が強くて金属を吸着しやすい。金属はイオン化されて細胞内に入り汚れを吸着している。それを吸着して細胞外へ出す。その排出が滞ることが老化作用で、ウイルスや汚れが遺伝子に作用している。それを金属が吸着して外に持ちだすが、太陽エネルギーがあたると更に分解が進んで行く。放射性物質も安定化した物質に変化して、常温核分裂が起きている。そして最後は水素になる。太古の水を汚水に入れると藻が発生してやがて透明な水に変わる。

 物質は振動していて波長があり、細胞には細胞波がある。健康な時には周波数、振幅が大きく、病気の時は周波数、振幅が小さい。不純物が増え、エントロピーが増大すると振幅が小さくなりやがて死を迎える。薬物を使用して濃度差を起して、浸透圧で細胞内の不純物を持ちだすが、副作用とは健康な細胞からもいろいろ持ちだすことで起きる。薬でなく水でその作用をしているのが太古の水。大きな音の振動と同じで、周波数、振幅が同じだと、音叉様の作用が働いて細胞が復活する。健康な人が近づくと細胞が復活する。合わない人はうなり音で具合悪くなる。癌は違う振動になるがそこを正常周波数で同調すると治る。台風は違うものがひとつになり同調して、汚れたものや変異したものを正常化している。

 あわ歌を歌う事で悪い処が反応、同調して、熱くなり活性化して回復している。太鼓などの音響も同じでこれらを活用することで21世紀の医療も変わる。しかしデジタル化した音はダメ。音の精製がなされ不純物として本来必要なものがカットされている。それがF分の1揺らぎと言われるもので曖昧な、いい加減な物が効果がある。デジタル化したものでは頭が変調を来す。音は細胞の周波数を上げることが目的で、音の響きが身体に反応する。

 意識体は5次元で、ひずみを作りその解消運動が3次元の時空間で、4次元は回転運動の次元。想った事が高次元。第6感を閉じることで直感が働かないで意識作用が下がる。記憶媒体はミトコンドリアで、意識とは細胞1個1個のミトコンドリアが集まって加算したもの。共通体験の認識を持つことで人間が生きている意味が分かってくるが、閉ざしている人には分からない。本来解けないものを追究するのが科学で宗教も科学。地球生態系新興宗教として解き証してそれを体験して、からくり、仕組みを分かってもらうことが必要。」

 今回のお話は色々な事が繋がった感じで皆さん良く分かったという声が聞かれました。とても理解しやすかったようで、参加出来た方はラッキーでした。宿泊懇親会も濃厚な内容で深夜に迄及びました。
 2日目は大和農場でじゃがいも収穫して皆で味わい、午後からは名取農場でのお話交流会でした。参加者の感想の中で仙台に移住したい等方が数人いましたが嬉しきことです。これから木内さんの構想が現実化してモデルケースがみちのくの地で実践されることを皆さんで希望して楽しい濃厚な2日間を終えました。果たして皆さんどんな目的を持っておられるのか、ご縁で集って更なる目的達成の楽しみを皆さんで共有出来たら嬉しいことです。
P1150322.jpg P1150323.jpg P1150326.jpg P1150332.jpg P1150333.jpg P1150345.jpg P1150347.jpg P1150348.jpg P1150353.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。