FC2ブログ

152「宇宙」2012,5,25

 5月16日に飯島秀行さんの埼玉県のテネモス国際環境研究会を訪問見学してきました。4月に仙台でお話を伺いましたが、是非とも実際の活用、現地視察をしてもっと学びたいと希望があり、7名で行ってきました。
 私は数年前に訪れていますが、新装なった事務所は初めてでした。綺麗な施設に驚きです。研修室の隣には電気エネルギー発生装置や水の循環機のデモ装置、飛行機などの展示室もあります。
P1150001.jpg 201205161640000.jpg

 まずもって驚いたことがあります。それは、飯島さん達に挨拶もそこそこに、お話を始めるともう一人来訪者があるとのことです。その方は昨日突然訪問してきた方で、ニューヨークに40年在住の日本人の方で1週間ほど一時帰国していて、アメリカで飯島さんのことを知り是非会いたいと連絡もなしに来たのです。昨日開催していた研修会に飛び入り参加し、帰り際に明日は仙台の方々が訪問することを飯島さんがお話したら、それは大久保さん達ですかと尋ねられたというではありませんか。そうですと話すと、私のことを知っていて、ニューヨークで私のこのブログを愛読しているというのです。飯島さんの講演会のことを記したブログも読んでいて、帰国したら是非訪問したいと思っていたそうです。そして、可能なら私にも会いたいと思っていたそうです。
 そんなお話を聞いていると程なくして、彼女が現れました。少し照れくさい感じですがまさかの世界です。お互い自己紹介をして今回の出会いに驚きです。ブログは何度も読んでくださっているようで、とても良くまとまって文章が良いとお褒めのお言葉まで頂きました。そしてノートにブログの要点を書きためているとノートも見せて頂きました。ニューヨークのお友達の方にもブログを紹介して下さっているので情報を共有しているとのことです。友人で帰国した時に仙台の私の医院に生体エネルギーの歯科治療を受けにきた方がいると伺いましたが、言われてみると確かに女性の方がお越しいただいたことが思い出されます。
 彼女も今回の帰国で願いが2つも叶ってしまい嬉しいと喜んでいました。私は改めてインターネットの広がり、海外でも読まれている事に縁は新鮮な感動を頂きました。距離や時間を超えた世界なのだなと改めて実感しました。それが宇宙の一つの仕組みなのです。

 飯島さんもお話の冒頭にお話しになりました。
「どんなものにも理由がある。原因があって結果がある。そのことは否定できない。それが基本となる法則。全ては意識がその結果を作っている。今回、ニューヨークから訪れ、この時、この場所で私と遭遇することもその原因が働いている。全てその意識が作ったことで、それが当たり前のことと言える。」
 今回の出逢いも含めて、飯島さんにはこれまで海外に赴くにあたって起きた貴重な出逢い、意識の現実化の経験が多々あった様で、いろいろお話を伺う事が出来ました。
 経済も同じことで現在の経済は終っていくもので、値上げ、リストラ、収益低下と悪循環の中にあります。農業の問題、病いにも根本の原因があると話されます。

「高い処から低いところへ向かう物質と、低いところから高い処に向かうエネルギーの循環がある。物質のみを見る世界が自我意識で、物質、エネルギーの両方を見るのが真我意識で、そこには矛盾が無く、無が循環するだけで、嘘や詐欺は存在しない。圧が高くエネルギー高いものは透明で、内面振動が高く、気圧高い。詐欺にかかる人には欲望があるからかかるだけで、色欲物欲に支配されている。
 死は物質界のみにあることで、エネルギーは同質で物質に入り、出るもの。霊体には死がないし、死なないし生まれ変わらない。この両面を見るのがフリーエネルギー。両面を見る人が賢者、覚者で、片面のみ見るのが人間で、この違いはこの仕組みを理解するかしないかだけ。」
 意識してもこの宇宙を成り立たせているものの承認、許可がないとその意識の現象化は起こらないのではないかと思います。意識、素直な純粋な思いの強さが、内圧を高め、吸引して次元を超えてこの世界に物質化するのでしょう。最も意識の圧が高まると私が私を認め、許可を与えることになるのでしょうが。

「本当の金持ちは金を持っていない。金が動いているから通貨。死んだら使えない。死んでも使えるものが意識で、中性の意識、神意識を持つこと。肉体の前に意識を直すことが不死不滅。意識に生きる人がフリーエネルギーを使い、天国に生き、完成がない。肉体に生きる人は地獄に生きている。意識が上に行くほどに無になる。そして意識転換すると地球にいて宇宙が見え、宇宙即我を体験出来て、実体は霊体そのものが理解できる。つまり、素材が神で、それが固まった物が物質で、この世の全ては神と言える。子を産み、生かされている身が私達。病気も何も考えないと治る。何も考えない人は病気にならない。」
「意識を変えることが出来ない人は清算される。今年1年で物質、経済だけの世界は終わる。そして精神文明に入って行く。
 無にすることで存在に出会う事が出来る。そのレベルに達していないと逢えない。これからの時代は真我にならないとだめ。偽我ではどこに逃げても逃げられない。
 意識を動かさないことが無。それはボケとは違う。目的を持つと神は啓示を下す。意識して、動かさず、1点の狂いも無いと来る。普段、動いている時に啓示が来る。耳から聞こえたらお化け?幽界で、自分が思ったらそれは啓示だ。物質は五感の世界で幽界にはあり、神にはそれが無く霊界は直感でくる。兎に角、こだわりを取ること。」
「気、エネルギーは低気圧から高気圧に動き、風は高気圧から低気圧へ動く。飛行機のプロペラの前が高気圧で後ろが低気圧で飛行機は飛ぶ。エンジンで動いているわけでない。
 五感は全て欠陥で、原因はその裏にあるエネルギーで、感じられない、気分が良いもの。気が低いと眠れないが高いと良く眠れる。長所、短所を気にしないで自分の好きなことをすること。共存共長所。疲れるのは嫌いだから。こっちの世界で疲れたら向こうの世界に行って癒す。霊界には休みは無い。好きなことをしていくこと。そうするとあっという間に時間が過ぎて行く。」
「親鸞はヨハネの生まれ変わり。潔癖症はだめ。夫婦も真理から離れたら離婚しろとモーゼが言っている。話が通じないとブレーキがかかる。真理は両面を見ている世界で、一方の鬼は自我意識。そこは鬼だらけ、サターンが渦巻いていて、台風、津波、竜巻の世界。セシウムが排出され汚染が進むと地震が起き、台風など天災が来て、汚れたものを綺麗にする。次に来る時に人類が滅びるか?宇宙の法則を理解すると死はない。どちらを選んでも自由選択。」
「同じ周波数は呼び合う。今生きているのが辛いと次の世代は辛い。今生きている人が正しいと次の世代は正しい。これからは自然法則に順応した人しか残らない。日常生活が真理で、たまに遊ぶのも良い。洗濯し掃除することで何か一つの法則にたどり着く。日本昔話に真理がある。」
「満月は酸素少なく、酸欠になり事故が多い。月経、出血は酸欠。狼男が現れる。
 デジタルとアナログ。デジタルは障害が多く、パルス系は破壊が大きい。電子レンジは放出力でお湯でのお燗は吸引力。
 目的を持って圧を上げると智恵を生み、啓示を頂ける。神には依怙贔屓はない。」
「物理から真理へ。物質の世界は真理を知らないので公害を出す。それを自然は消している。それが自然治癒力。動物は自然の中で生き、求め、移動する。人間は環境を作って生きる能力があるが反対のものを作ってしまった。その結果、今の経済は終わる。警告の中間が病気と言える。初期のものが風邪ひき、最後の警告が癌。肉体の中に穴が空いたら即死してしまうが、癌が出来ることでその穴を埋めている。癌が延命治療と言える。ある意味で余命が執行猶予とも言え、考えて行くと病気は果たして良いのか悪いのか?この世には善しか存在していない。全て見方次第で決まり、警告でもある。癌で治った人は意識が変わっている。エネルギー喪失が病気。」
「人間は淡水から出来ている。生体水にプラス、マイナスの条件が入っている。人間が創っているのではなく、法則が創っている。羊水が汚れると子供が汚れてしまう。羊水の作り方に生体水を使い、吸引力を使う。」
「大元の原因は意識。結果を計る機器はあるが原因は測れない。病気になることで意識を変えるチャンスになる。結果は他者が治せても原因は自分でしか直せない。疑わないと可能となる。」
 意識をバラバラにする。イメージで作り、バイブレーションを作ることで物質化する。それが出来るのが当たり前で、地球では出来ない。意識でコントロールできないのは未熟。真理を理解して生活することが天国で、真理を理解しないで生活するのは地獄。この世は鬼が島、地獄で、原理に沿った生活をする者が天人。この世で天国を生きれない者は天国に行かない。幽界に行くだけ。それはドラゴンボールの世界。
 思わないことは出来ない。後は努力するだけ。自分は素材で、空が素材。そこに意識を向けるとそこに自分がいるだけ。そしてユートピアを創る。」

 真理のお話は延々と続きます。途中、フリーエネルギー装置、浄化システム、ビニールハウス、農場の見学など盛りだくさんの内容でした。皆さん写真を撮り、触れてみて学びを深めさせていただきました。最高の収穫は疑いが晴れてすっきり肚に落ちたことでしょうか。まずは名取農場には飯島さんの考案したハウスがもうすぐ設置できます。
P1150006.jpg P1150010.jpg P1150016.jpg P1150020.jpg P1150023.jpg 
 飯島さんの著書、「ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み」(ヒカルランド発行)は楽しい世界です。是非ご一読下さい。

 夕方失礼しましたが、色々なお土産を頂きました。途中、反省会成らぬ夕食会をして帰ってきましたが、皆さん曇りが晴れてすっきりです。ニューヨークからの方との出逢いも真理を知る啓示の一つなのでしょう。また宇宙が広がりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター