FC2ブログ

146「開通」2012,4,4

 3月23日からの今年初めての座禅断食会を24名で開催しました。4か月ぶりで、私も待ち焦がれた会でしたが、お蔭様でいつものように皆さん満願成就出来て、目的達成できました。
 23日午後、仙台は雨模様でしたが蔵王遠刈田温泉に近づくに従いみぞれになり、会場の蔵王高原荘は大雪です。今年は例年以上に雪が多く、3月の断食会で雪の開催は初めてです。翌朝まで10数センチの積雪で一面雪景色でした。翌日からは快晴で穏やかな天気の中でゆったりとした断食会でした。
201203240558001.jpg 201203240610000.jpg

 今回は水を長野県の生体エネルギー研究所から頂いたものを使用しました。いつもは中山歯科の水を使用しますが、自家用車で長野に行って汲んできましたが、又格段と身体の反応には好条件だったようです。体調も皆さん良好で、反応も軽いもので、明けの宿便出しも皆さん良い感じで全員1時間以内に出ました。まさに「開けましておめでとうございます」です。

 私達が断食をしていた24日に仙台では満願成就のことがありました。それは仙台市中心部と北部を結ぶ北山トンネルが開通したのです。私が住む中山など北部の住宅地と仙台中心部とは北山で遮られています。その為朝夕は交通渋滞が絶えないポイントでした。そこを結ぶ都市計画道路が晴れて開通したのです。
 24日の新聞記事の抜粋を紹介します。
「今回開通したのは、北山トンネルを含めた青葉区木町-荒巻本沢2丁目間の1233メートル。北山トンネルは2008年に着工したが、東日本大震災の影響で中断し、開通が3カ月遅れた。上り線629メートル、下り線843メートルで、歩行者と自転車は通行できない。
 北山トンネルの完成で1978年着工の北四番丁大衡線は、青葉区木町-宮城県大衡村間の約24キロが全線開通した。」
201204041239000.jpg

201204041239001.jpg 201204041241000.jpg

 私にとってはこの時期に開通したことは目出度きことと想います。先のブログで3月10,11日の青森の陸奥開闢の旅、12日の番外巡りを紹介しましたが、陸奥、青森の扉が開き、伊達正宗が仙台に仕掛けていた六芒星、四神、グランドクロスの封印が解かれ、北への道筋が出来た矢先にこの北山トンネルの開通です。この北山トンネルは六芒星の北の頂点の東昌寺(青葉神社)から数百mのところで、これで仙台以北と名実ともに繋がった感じです。無形の準備が整って、それに連動したことに思えます。次なる今月末の福島を巡る中山博さんと木内鶴彦さんの旅で更に南へ、そして7月の一戸から九戸、十和田へのあわ歌の巡行で更に大きな道筋が開かれて行く予感がします。

 月末、3月31日からは広島あわ歌還暦の会が江田島で開催され参加してきました。集いの詳細は相馬さんのブログ「光と響きとあい」の「行って来ました~ 広島あわ歌還暦会①、②!」をご覧ください。http://ameblo.jp /aifukaki/

 全国各地から41名の参加です。3月31日で幕引きがなされ4月1日から新たな幕開けと頂きます。参加者も41名(よい)と良い数で、数霊では41は以下のようにあります。
「41は数霊の中でも最も中心を表す大事な数です。そのバイブレーションはまさしく神そのもの。神なる血液に浸されたいのち、それが私達の本質です。内なる光を意識し、信念を持って進むとき、心の奥底から開放が始まります。あなたはますます神なるものを顕すことが出来るでしょう。」
 キーワードは「神、血液、才能、信念、橋、無垢、米、色彩、開放、光背」
 数霊マントラは「無垢なる光は至高の輝き 神の御世を顕す時ぞ」
(深田剛史・はせくらみゆき 「数霊に秘められた宇宙の叡智」より)

 中山さんの今年元旦の皆神山でのお言葉では以下がありました。
「今より伝えるこの事は、この地の是より図り行く事なり。
 一つ、随分と永きにわたりたこの地の貸し借り、皆々開きて元へ返す。
 一つ、この地を、大きく3つに分けて、それぞれ新たな仕組みを動かす。
 一つ、打ち立てる柱は5本なり。それぞれ3つの地に5本の柱、大きな天地の繋がりとなすその中心は、この地の北に立つなり。」

 この地を大きく3つに分けてそれぞれの新たな仕組みを動かす。とありますが日本を皆神山を中心とすると東の日高見(東北)、中央部(関東甲信越中部)、西(関西以西)と見ると東から10名、中央部から中山さん含めて21名、西から10名の参加者です。面白いバランスです。還暦者は7名ですが還暦会にかこつけて神仕組みの開放、開通が成されたように思いますが如何でしょうか。これからは3つの地に5本の柱を立てて行くのでしょうか。お蔭様で私もお祝いして頂き、目出度く2度目の赤装束で楽しく祝宴満喫できました。

 3月31日の祝の会前に夕陽に向かい堤防からあわ歌を歌いましたがその時のお言葉です。
「永きに渡りた これまでの 我らの光は  大きなる みもとの光と なりたり
 大大大の大宇宙 共に動きて 変え行くは 皆々様の 嬉しきへ
 それぞれに 皆々 光を受けて 参りましょうぞ この新しきへ」
201203311819000.jpg

 翌日4月1日も良い天気に恵まれ、チャーター船で宮島巡行をして、弥山登山です。宮島は沢山の観光客でごったがえしています。弥山本堂の下手にある御山神社であわ歌を頂きました。そこでのお言葉です。
「はるけきの旅は この地に しるして 新しきを うみゐだす
 ゆうゆうゆうの 光もちて 皆々様方 参られませ 始まりたり」
201204011050000.jpg 201204011249000.jpg

 目出度く4月1日、良い日に始まったようです。そして3月10日の松島から4月1日の宮島へと繋がれた感じです。そこから自由行動で私達は山を下って、厳島神社、大元神社を参拝して早目に昼食を頂いて途中で失礼しました。
 昼食後に頂いたお言葉です。
「ただ今より申す事 これよりの 見事なる 仕組みなり
 大き みもと 動きて この大宇宙は 新しきへ 参る
 この地 この地球も みなみな ともども 参るなり
 この時 皆様 人は 大きなる変化ぞ そのみの〇〇〇 そのみの 元へ
 元の微細なる粒子 分子 みなみな 新しく 成り行く
 この事 知りたるは 誰も無し
 任せて 預けて この大き みもとと ともに 参りませ
 本日の善き日に 集いたる方々 ありがとう ともども 参ろうぞ
 この身は これより 変わり行く よくよく見られて ともに 参りましょう」
 
 中山さん達はその後、山陰の出雲方面に行かれたようです。そこでのお言葉に以下のものがあったようです。
「北よりの光はゐづりて ゆうゆうゆうの光は 大きくなりゆき うつすなり
 このみは うまれくる 新しきへと共に参ります」出雲大社 2012,4,2
  
 全てが連動して大きな仕掛けが動いていくのでしょうか。北から光が出てゆうゆうゆうの光は大きくなって移して行っているようです。いよいよ幕開けし、新しきへ開通したようです。
 3月31日は低気圧の影響で強風が吹いていましたが、4月2日からはそれをはるかに超える強烈な低気圧が日本列島を南から北へと縦走しました。3日には仙台でも最大瞬間風速42,2mを記録しましたが、超大型台風並みで死者4人、けが数百人と多くの被害、影響をもたらしました。幕開けと同時に強烈なエネルギーで龍体の新生日本列島は吹き清められたのかもしれません。

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター