FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

141「真実の扉」2012,2,20

 福島原発事故の爆発による黒い粉が降り注がれてきているようです。「南相馬の黒い粉の正体は?3号機の核爆発から飛んできた?」の内容と映像は些か衝撃的です。http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-811.html (2012年2月19日)そして、その粉はすでに世界中に拡散しているようです。パンドラの箱は開けられてしまいました。果たして如何に対応するのでしょうか。人類への大きな課題です。
 私にはその真偽を判断できませんが、意図的に隠されている事実が少しずつ明らかになって来ていることは事実です。事実の確認と真実を見極める能力、本来人間が持っていた力を高める必要が益々高まっています。しかし、そのことは不安、恐怖を増す事では決してありませんし、そうなるとしたらそれは真実とはかけ離れたマインドコントロールでしかありません。

 2月17日は未明から雪が降り仙台もこの冬一番の8cmの積雪でしたが日中の好天で気温が緩み雪も解けて一安心でした。お蔭様で夜のあわの里天命舎での神人ライブは定時の18時に開始が出来て、定員の39名で嬉しい集いでした。
 神人さんは実家の八戸から仙台に午後到着されました。神人さんはここ数日は喉が不調でその日の朝は声が出なかったようです。リハーサルで少し声が出るようになってきた矢先に、ギターの弦が切れてしましました。それも交換したばかりの新しい弦で、指で軽く奏でていたのにです。よほど何らかのエネルギーが高まったのでしょうか。
 いよいよ定時にライブが始まりました。鎮魂浄化の音霊、言霊が奏でられ、響きが会場を包み込み、皆さんはその波動に身を浸らせて全身まるごと響き合っています。祈り唄、祭り唄と3時間半のライブはそれなりのハプニングもありながら自然体で進んでいきました。
イメーシ#12441; P1140360.jpg

 ライブ途中ではある霊存在が関与して来て、それに応対しながらの場面もあり、祭り唄では最後は大いに盛り上がって終わるのですが今回はいつもと異なるエンディングと成りました。
 最後の曲は、祭り唄三部作の中でいつも歌うのは、ねぶたの祭り唄で青森編ですが、今回は初めて歌う祭り唄の八戸編です。もう一つはねぷたの祭り唄で弘前編です。しかし八戸編はかなりキーが高くて声が出ないかもしれないと言いながら、何故かこの歌をエンディングにその時に選んでしまったようです。八戸から来てライブは八戸の歌で終わるそんな演出かと思っていましたがそうではなかったようです。そして、今までどうにか出ていた声が出なくなり、さすがに大変そうでした。それまで声を出せたのはある霊存在の協力があったようで、改めてそれに気づかされたようでした。
 今回のライブの意味を神人さんは諸々の反省を踏まえて、学びとして大切な教唆を頂いたとおっしゃっていました。そして今年はこんな感じで、無理して頑張らずに、じたばたせずに自然体でやれば良いというお試しだったようです。これも仙台だから許され、出来たことと漏らしていました。
P1140359.jpg  イメーシ#12441; 1 イメーシ#12441; 2

 今回初の試みがありました。それは祈り唄の後半から希望する方に、結局は参加者全員でしたが、「今あなたに必要なメッセージ」をお伝え頂きました。昨年まで霊伝としてお伝えしていましたが、その役割が終わったという事でお止めになっていました。今回は霊伝ではなく伝言でしょうか。曲の合間に12人ずつに短い言葉でお伝え頂きました。
 そのことは開催日3週間ほど前でしょうか1月25日に神人さんから神人ニュースとして以下の連絡がありました。
「新しいことの始まりは、何故かいつも仙台からとなるのですが、2月17日(金)もそうなる予定です。
内容は、ライブ中にて、「今あなたに必要なメッセージ」をひとりひとりにお届け致します。
これが、2012年の新しい御役目ということで、本日守護霊より御説明頂きました。<(_ _)>さてさて、いったいどうなることやら。(笑)」
 
 実は霊伝が始まったのは仙台での青麻神社でのライブが初めてでした。講演会も仙台が初めて、今回の様に、ライブ、7時間講演会、ワークショップⅠ・Ⅱの3日間開催も仙台が初めてです。そして今回、更にメッセージを仙台で初めて頂くことが出来ました。なぜ仙台が初めてになるのかお聞きしましたら、どうやら京都から見ると仙台は東北で丑寅、艮の方向で鬼門になります。忌み嫌われるそこのエネルギーを動かす事で始まり、強いエネルギーを反転させる、そんなことでスタートするようです。
イメーシ#12441; 3

 2日目は「神・霊・人・地球の真相について」の7時間講演会です。講演会用に昨年末に「真実の扉」という100ページを超えるテキストが作られましたが素晴らしい内容と思います。それは講演会に参加された方のみ購入できるものです。
 私達が生きている宇宙の仕組みを知ること、そしてこの次元に生きている自分の目的を達成すること、霊的な向上、霊性進化を遂げること。まずは数々のマインドコントロールがなされている事に気づき、それを解消する。そして共通の価値観、目的を持つ人々と新しい望ましい未来を如何に作っていくのか。究極の歓喜の世界の実現への道しるべとなる内容です。とても分かりやすく簡潔にまとめられています。この様な形で講演会をして下さり、教え導いて下さることに感謝です。真実の扉を開くことで心豊かに喜びで感謝で生きて行ける仲間が増えて、集い、楽しき世界を作って行きたいものです。

 3日目は11月に引き続いてワークショップⅠ・Ⅱ「自分で自分をかえる」の開催でした。魂の浄化、心の解放、自己の探求、真理の覚醒の為に、リラクゼーション、過去浄化、エネルギー浄化等がされていきます。午後のⅡの半ばくらいから会場はどんどん明るく、歓喜のエネルギーに充満してきます。終了前の瞑想、音霊の奏楽の中でしっかり皆さん変化を体感したようです。

 神人さんにはお疲れの中、連日ライブ、講演会終了後の食事会も遅くまでお付き合い頂きありがたいことでした。私の無形存在、関与霊のあり様をお知らせ頂き、その他諸々多くの気づきを頂いたようです。そして私にとって又一つ真実の扉を開けたようです。
 次回神人さんの仙台は11月23日~25日で3日間お越しいただけることに決まりました。ありがたきこと、うれしきこと、しあわせなことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。