FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

136「補追」2012,1,20

 2012年1月8日の中山博さんと日高見の聖地を巡る旅は仙台駅19時半に到着し、終了。全て予定通りで、目的達成し完了でした。夕闇で時間切れの磐神社は2年前の正月に訪れていますが、又次の機会に繋ぐ、糊代なのでしょう。8日に8か所を巡ることで縦横のダブル∞で完了だったようです。

 兎に角、あまりにも密度の濃い旅でしたので、名残惜しい方々10数人で反省会をしました。10時半過ぎに終了しましたが、元気な方々は2次会のカラオケでシンデレラだったようです。
 8日の聖地巡りを決めた後、色々な情報、直感があり、どうしてもそれでは足りないポイント、聖地がかなりあることが分かりました。その旨、中山さんにお伝えしてもう1日仙台に滞在して頂くことにお願いしていました。そして車1台、少人数で巡ることで準備していました。しかし、反省会が終わり別れ際にラッキーガールが車持参で参加することが決まりました。しかしどこへ行くかはどなたにも伝えていない、私だけしか知らない番外編、こっそりの旅です。
 
 しかし、その旅に触れる前に8日の8か所の聖地巡りで中山さんから頂いたお言葉を整理してまとめてみました。まずお言葉を時系列で並べてみます。

「集まりて参らるる多くの方々に、これよりは、お伝え申されませ。
 ここよりの光は、この地より湧き出る、ふつなる力と共に、成し行き、大きな変化なり。心して参られよ。
 振るはふつなるこの地の力、永き時にわたりて、包み隠したる全てはこれより無といたす。この地にも数々あり。これよりは浮き上がって、皆々知ることとなれり。よくよくご覧なさりて、消えたる後は新しきへ。
 永き時越え、ここにありし北の地守りた御霊なり。広く大きな心持ち、光発しておられ
たり。今ここにて承りたり。再び発する光は降り来る。これよりの時は大きなり。
 頼みたし。皆々様にて、声そろえ伝えて下され、次なる言葉を。
ふつなる大き身、この地より、大きなる気、発しなされ。
 多くの方々、この地の力のお蔭をたまわり、成したること大きなりたるが、その地を捨て行きて、又永きにわたりたり。新しきと成れば、皆々、この地の力を受ける。そのままにて、我ら、人々生かされる地なり。よくよく大事に為さりませ。
 皆々様、この広き野にありて、ただただ、淡々と、ゆうゆうと、ゆるぎなき日々を送る、嬉しきをお分かりですか。皆々の夢奪いたる元は何ですか。しっかり見つめて、これよりの新しきへと参られませ。この新しき時、人々の思いは変わり、多くの力を、この広き地と共に使いましょうぞ。
 あい、分かりたり。この歌は、遠き昔に歌いたり。この地の皆をまとめ行く、大きなる御霊歌いたり。この地安らぎ、光りておりたり。これより我らも元へと参る。元の大きな光の元へ。すさなる身は離れ行き、この大きなる日の元、変わりたるぞ。皆々これよりの光で、変わりて、戻りて、参りませ。
 さあ、さあ、皆様方、これよりの時に、ご自分でしっかりと確かめ、思いを定め、来る日へ向かわれませ。それぞれの気づきを待ち望みております。日はせまりて参りたり。」

 この言葉を少し並べ替えてみると以下の様になります。

「集まりて参らるる多くの方々に、これよりは、お伝え申されませ。
 多くの方々、この地の力のお蔭をたまわり、成したること大きなりたるが、その地を捨て行きて、又永きにわたりたり。永き時越え、ここにありし北の地守りた御霊、広く大きな心持ち、光発しておられたり。
 頼みたし。皆々様にて、声そろえ伝えて下され、次なる言葉を。
ふつなる大き身、この地より、大きなる気、発しなされ。」
 今ここにて承りたり。再び発する光は降り来る。これよりの時は大きなり。ここよりの光は、この地より湧き出る、ふつなる力と共に、成し行き、大きな変化なり。振るはふつなるこの地の力
 永き時にわたりて、包み隠したる全てはこれより無しといたす。この地にも数々あり、これよりは浮き上がって、皆々知ることとなれり。消えたる後は新しきへ、よくよくご覧なさりて、心して参られよ。
 皆々様、この広き野にありて、ただただ、淡々と、ゆうゆうと、ゆるぎなき日々を送る、嬉しきをお分かりですか。皆々の夢奪いたる元は何ですか。しっかり見つめて、これよりの新しきへと参られませ。
 この新しき時、人々の思いは変わり、多くの力を、この広き地と共に使いましょうぞ。新しきと成れば、皆々、この地の力を受ける。そのままにて、我ら、人々生かされる地なり。よくよく大事に為さりませ。
あい、分かりたり。
 この歌は、遠き昔にこの地の皆をまとめ行く、大きなる御霊歌いたり。この地安らぎ、光りておりたり。これより我らも元へと参る。元の大きな光の元へ、すさなる身は離れ行き、この大きなる日の元、変わりたるぞ。
 皆々これよりの光で、変わりて、戻りて、参りませ。さあ、さあ、皆様方、これよりの時に、ご自分でしっかりと確かめ、思いを定め、来る日へ向かわれませ。それぞれの気づきを待ち望みております。日はせまりて参りたり。」

 如何でしょうか。この中にキーワードが幾つかあります。ふつなる力、ふつなる大き身、すさなる身です。
 ふつとはふつの神、すさとはスサノウでしょうか?ふつとは、地からふつふつとわき起こる力でその一つの働きがふつの神の様です。そして、すさとは、素(す)のもとを支えるもの、スサノウとは素を支える能力を指すのかもしれません。
 ふつなる大き身を塩釜神社で呼び起こし、そのことで東日高見の地の力が動くことが明らかになり、大きな気が発動していくのでしょう。
いずれにしろ、これからこれらの力が大きく働いて来る中で、今、天からの光、地の力が整いつつあります。後は人の役割です。人が天と地を繋ぐ柱をいよいよしっかりと立てる事が必要なのでしょう。
「この広き野にありて、ただただ、淡々と、ゆうゆうと、ゆるぎなき日々を送る、嬉しきをお分かりですか。皆々の夢奪いたる元は何ですか。しっかり見つめて、これよりの新しきへと参られませ。」
とあります。本当の嬉しきを生きる為に、素に戻ること、いのちの記憶の憶の世界を感じ、快を味わう原点回帰を促されているようです。
 そして、かつて遠き昔にこの地の皆をまとめていた大きなる御霊があわ歌を歌い、この地は安らいで光っていた。ただただあわ歌を歌う事で元の大きな光へ戻れる、あわ歌にはそのような働きがあるようです。そして天地人が共鳴共振し、同調して新しきとなる。
 「新しきと成れば、皆々、この地の力を受ける。そのままにて、我ら、人々生かされる地なり。」
既にそのような用意が出来ている。果たして皆さんが新しきと成れるかどうか。更に、
「是よりの時に、ご自分でしっかりと確かめ、思いを定めて、来る日へ向かう」ことと
、各自の気づきが促されています。
 皆様ご用意は如何でしょうか。着実に、急速に全てを無しとする大きな変化の日は迫っているようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。