FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

135「初会」2012,1,18

 あわの里天命舎で初めての新年を迎えることが出来ました。そして目出度く2012年の発会の集いを5日に開催しました。
 今年は縁する皆様に善い1年と成りますように、まずはあわの歌を41回歌いました。参加者は11名で、昨年末の納会と同じでしたが半数の方が入れ替わって、嬉しき、楽しき、幸せの響きあいでした。皆で歌う事、ただただ歌うことが心地良く、心身に変化を感じる方が多くなってきました。すっきり、さっぱりして後は新年会ですが、和気藹々の明るく、暖かい集いでした。
P1140019.jpg P1140022.jpg

 福島の南相馬市原町のだいこんやのSさんも遠路参加頂きましたが、昨年末12月30日でだいこんやを退職されたそうで、朝起きて今日で仕事やめようと決断されたとのこと。これから先の事は未定ですが何も思い残すこと無く、迷わずにすっきりと出来たそうです。さしあたり自分の住まいの片づけに専念するとのことですが、昨年の大震災、原発事故で大きな体験を経て、新たな旅たちに至ったようです。自分の中に住む、龍を満たす多くの経験は、一段と大きな役割へと誘っているようです。

 1月7日はあわ歌会でした。予定を越える参加申し込みで開始時間を早め、休憩もほとんどない中で、25名の方が中山さんからあわ歌拝受を頂きました。初めての方も頂いた内容にしっかり腑に落ちて喜んでおられました。そして何故か、滑り込みセーフでこの機会に縁して、あわの歌の世界に間に合って良かったという感じでおられましたが、嬉しいことです。
 引き続いて、18時からあわ歌50回です。こちらも定員の25名丁度の参加でしたがとても良く響きあい、満たされて、あっという間に心地良い時間が過ぎてしましました。空気が変わったというか、新年を迎えてエネルギーが変化したようです。それに感応できる方々が集ってきているのでしょう。全てが丁度良い感じです。
 20時半からの新年会も20名で盛会にできました。心身満たされて今年も楽しく生きて行く善きスタートが切れました。お蔭様に感謝です。
201201072005000.jpg

 8日は新年早々の東日高見の聖地を巡る旅です。こちらも定員20名丁度の参加者で車3台に分乗して仙台駅を出発しました。まずは青麻神社です。快晴の中、朝の凛とした凍てついた空気が真気をもたらします。まだ参拝の方もほとんどいなく閑散としています。拝殿で初詣挨拶をして、裏山のエネルギースポットであわ歌を響かせました。そこでのお言葉です。東の山の端から朝日が輝いています。
(青麻神社 http://www12.plala.or.jp/aosojin/ )

「集まりて参らるる多くの方々に、これよりは、お伝え申されませ。ここよりの光は、この地より湧き出る、ふつなる力と共に、成し行き、大きな変化なり。心して参られよ。」
201201080825000.jpg 201201080837000.jpg 201201080837001.jpg 201201080834000.jpg イメージ 20

 次は多賀城跡です。政庁跡で太陽の光を全身に浴びて冷たい風も何故か暖かく感じます。輪になって歌を響かせました。そこでのお言葉です。

「振るは ふつなるこの地の力、永き時にわたりて、包み隠したる全てはこれより無といたす。この地にも数々あり。これよりは浮き上がって、皆々知ることとなれり。よくよくご覧なさりて、消えたる後は新しきへ。」
201201080907000.jpg イメージ 19 イメージ 22

 政庁跡の裏手に陸奥総社宮がありますがそこから少し下った細い道を入ると民家の奥にアラハバキ神社があります。大和朝廷の神々がこのみちのくの地に入る前までこの地を治め、祀られていた古き土着の神の様です。今は主座を追われ客神(客人神、まろうど神)の扱いです。
(アラハバキ神社http://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/db658ce09f73b998d827b960dd8bfca8
 そこであわ歌響かせましたが強い光が射しこんできました。そこでのお言葉です。

「永き時越え、ここにありし北の地守りた御霊なり。広く大きな心持ち、光発しておられたり。今ここにて承りたり。再び発する光は降り来る。これよりの時は大きなり。」
イメーシ#12441; 15

201201080943000.jpg 201201080942000.jpg イメーシ#12441; 17

 陸奥一宮、塩釜神社はまだこんなに参拝者がいるのかというほどの大混雑でした。駐車場も第2、第3駐車場に止めて、人の流れに乗って志波彦神社に向かいましたが、直ぐに神社脇の奥、塩釜神社別宮本殿脇にある、いぼ神のところで皆さんとあわ歌を歌いました。ここで歌っている時にも光が燦々と降り注いできました。ありがたいことです。そこでのお言葉です。

「頼みたし。皆々様にて、声そろえ伝えて下され、次なる言葉を。(拍手)
「ふつなる大き身、この地より、大きなる気、発しなされ。」(拍手)
イメージ 27 イメージ 28 イメージ 26 イメーシ#12441; 10

 お言葉にあった「ふつなる大き身、この地より、大きなる気、発しなされ。」を一同で発しました。神社の参拝もせずにすぐに次なる目的地、涌谷町の黄金山神社へ出発です。
 (黄金山神社 http://www.koganeyama.net/index.html )

 黄金山神社は塩釜神社とは様変わりで閑散として私達だけの参拝です。参道は豊かさを感じる風情で、心鎮めつつ穏やかな歩みを頂けます。皆さんであわ歌を頂きましたがその時のお言葉です。

「多くの方々、この地の力のお蔭をたまわり、成したること大きなりたるが、その地を捨て行きて、又永きにわたりたり。新しきと成れば、皆々、この地の力を受ける。そのままにて、我ら、人々生かされる地なり。よくよく大事に為さりませ。」
CA3C0954.jpg

 神社の入り口にある天平ろまん館で予定通り12時過ぎに豪華な昼食を頂きました。この地は金が採れたところですので皆さんにお土産は純金箔の一杯入った小瓶を差し上げました。ビールなども頂き、ゆっくり寛いで次なる目的地は山ひとつ隔ていた箟岳山箟峯寺です。
(箟岳山箟峯寺 http://www.geocities.jp/nonodakesan/sub1.html )
 この箟岳山箟峯寺は坂上田村麻呂が蝦夷を討った後にその死者を弔うために建立したと言われています。ここでも参拝者は私達だけです。お寺の奥の夫婦杉のある突き出した高台で実り豊かな広大な冬の田んぼを見下ろしながらあわ歌を響かせました。そこでのお言葉です。

「皆々様、この広き野にありて、ただただ、淡々と、ゆうゆうと、ゆるぎなき日々を送る、嬉しきをお分かりですか。皆々の夢奪いたる元は何ですか。しっかり見つめて、これよりの新しきへと参られませ。この新しき時、人々の思いは変わり、多くの力を、この広き地と共に使いましょうぞ。」
イメーシ#12441; 14 イメーシ#12441; 29

 箟岳からほぼ真西に1時間程進むとかつて伊達正宗が仙台に移るまで居城を構えていた大崎市岩出山に着きます。さらに鳴子に向かう途中、国道から左手の田んぼの中にぽつねんと1本の木に守られてアラハバキ神社があります。西陽がその場所を照らしだし、光輝いています。淋しい感じなのに熱いそんな場でした。冷たい強風が吹く中、神社を囲んであわ歌を響かせました。そこでのお言葉です。

「あい、分かりたり。この歌は、遠き昔に歌いたり。この地の皆をまとめ行く、大きなる御霊歌いたり。この地安らぎ、光りておりたり。これより我らも元へと参る。元の大きな光の元へ。すさなる身は離れ行き、この大きなる日の元、変わりたるぞ。皆々これよりの光で、変わりて、戻りて、参りませ。」
イメーシ#12441; 12 イメーシ#12441; 8 イメーシ#12441; 21 P1140030.jpg

 夕闇迫る中、時間を気にしながら車は一路、北を目指して高速道路を疾走します。目指すは後2ポイントですが、一関インターを降りて西に厳美渓の方向へ進んでみほどなく行くと達谷窟毘沙門堂があります。坂上田村麻呂が創建したこのお堂は巌谷の中に清水寺を模して建てられています。(達谷窟毘沙門堂 http://www15.ocn.ne.jp/~iwaya/bisyamondo.html )
 拝観料を支払い、急いで毘沙門堂であわ歌を歌いましたが、他の参拝者の方は遠慮して暫し佇んで見守っています。そこでお言葉です。

「さあ、さあ、皆様方、これよりの時に、ご自分でしっかりと確かめ、思いを定め、来る日へ向かわれませ。それぞれの気づきを待ち望みております。日はせまりて参りたり。」
P1140031.jpg P1140032.jpg P1140033.jpg

 堂を出ると外は既に夕闇が満ちてりています。頂いたお言葉もこれで終わりで善し、の様です。これで日高見の聖地巡りは終了です。毛越寺近くの平泉温泉に向かいます。この温泉は毎年正月や、この近辺を巡る時には利用するのですが、本当に良い加減で心身が癒される感じです。湯上りのビールを飲む方、思い思いに寛いで今日1日を締めくくりました。そして予定通り、仙台駅に19時半頃に帰り着きました。目出度く全て完了です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。