FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

127.「お天道様」      2011年11月30日

 11月18日から座禅断食会開催しました。震災後、参加者も20名程でゆったり開催でしたが、今回は総勢33名と、久しぶりの大勢で震災前の様な断食会でした。座禅会場が一杯な感じで些か圧迫感もありましたが、皆さん満願成就出来て、笑顔で明るく終える事が出来ました。
コピー ~ P1130681_2

 毎回終了時に思うのは、宿便出しは当然のこととして、生体エネルギー機器等の活用で、空間装置化、物語装置化が毎回高まり、良好な時空間を提供できて良かったなということです。何しろ断食期間中の心身の反応が軽くなってきていて、宿便出しの時間も速まり、かなり良い感じです。指導する私が楽に出来ますし、今回の1番先に排便をしたのも私で、食事開始後15分でした。ほとんどの方が30から40分で排便が始まり、遅い方でも1時間後には出るという好調な状態でした。如何に人間、生き物は環境の影響が大きいか今更ながら実感しました。
 更に今回はスタッフのTさんが漬けてくれた梅漬けがすこぶる好評でした。今年は和歌山、紀州の生体エネルギーを活用して栽培している仲間から素晴らしい南高梅を入手でき、生体エネルギーの塩や諸々の環境などもしっかり設定して完成したものを食べて頂きました。次は生体エネルギーを活用して作った手前味噌も賞味いただければと思っています。
 毎回、プラス1が出来ていて、複数回参加のリピーターの方々にも好評です。次回は来年3月開催予定ですが、定員を25名にして参加費も値上げさせていただき、もう少しゆったりと、一段と内容、環境条件を向上して参加して頂くように変更します。

 最終日の明け食、会場の片づけも終わってすっきりして、最後のミーテイングでの皆さんの感想等をお聞きしました。いろいろなお話の中で、自分で自分の身体を通した体験を得て、健康への強い動機づけ、気づきと、これから予後を大事に過ごして更なる健康へステップアップして、身体の宿便出しから、心の宿便出しの必要性を感じて頂けるまでに変わって行く様子が伺えるのです。指導者としては役割を果たせていただいた充実感があります。今回は今までにない1時間半にわたる長時間のミーテイングでしたが、それだけ皆さんの感想や、思いを濃厚に語っていただけたようです。
コピー ~ P1130685_2

 散会前に皆さんで記念写真を撮ろうと外にでたらなんと綺麗な大きな虹が出ているではありませんか。皆さん断食会の満願成就の感動を天が祝福してくれたようだと、更なる感動で大喜びです。
コピー ~ P1130688_2 201111201312000.jpg

 虹は二重に出ていて、空の色がベールを被ったように明らかに違うのです。暫し皆さん虹に見とれ写真撮りに興じていました。宿を後にして、虹に向かって車を進めると遠刈田温泉街に入る手前の川岸から虹が立ち上がっています。橋を通り抜けてレインボーゲイトを通過できました。2011年11月20日に断食で宿便出しをして身体浄化して、異次元へのゲイトを通った感じです。貴重な体験が出来ました。
コピー ~ コピー ~ P1130693 201111201332000.jpg 201111201334000.jpg

 実は断食会初日、18日に蔵王に向かう高速道路で、仙台南インターを過ぎたあたりから怪しげな雲を見つけました。明らかにUFO雲です。何故か、村田インターチェンジで高速道路を下りて一般道路を蔵王に向かって走っている夕暮れの空にも追いかけるように付いてくるのです。いったい何なんでしょうか?これまた貴重な遭遇体験でした。
 UFOに導かれて3日間、心身調整、リセットして異次元時空で過ごして、晴れてレインボウゲイトを取って現実界に戻ってきた、浦島太郎かも?
201111181630000.jpg 201111181634000.jpg 201111181700000.jpg 201111181701000.jpg

 27日は石巻の佐藤造船所さんの片づけ支援の予定でしたが、急遽、緊急な船の修理が入ったという事で中止になりました。予定変更で名取農場の農作業等になりました。都合の付いた方々7名でしたが、楽しい1日を過ごしました。幸運にも11月末とは思えない暖かい好天に恵まれました。
 初めて農場に来ていただいたHご夫妻はありがたいお手伝いを頂きました。ご主人が日ごろ自宅の庭木の剪定をご自分でしておられるとのこと、さっそく三脚に上がって腕の見せ所です。松やら沢山の木々を綺麗サッパリして頂きました。
 我々は種まき、苗の植え付け、ごぼう掘り、里芋堀り、黒豆などの豆たたき、最後は近くのお宅の竹やぶから竹を切り出して15本ほど肩に担いで運びました。予定していた生体エネルギー資材の散布は時間が無くてできませんでしたがいろいろのことが出来、十分に楽しめました。おばけ?巨大白菜の収穫をしましたが、上手く結球しないものですが食べるには何ら支障ありません。収穫したごぼう、里芋、白菜等の品々がお昼ご飯の食卓に、名料理長のTさんの創作料理に変身して沢山並びました。談笑の中で美味しく、楽しく満腹の優雅な午餐会でした。
コピー ~ P1130715_2 コピー ~ P1130723_2 コピー ~ P1130720_2 コピー ~ P1130724_2 コピー ~ P1130725_2 コピー ~ P1130726_2

 昼食後作業再開しましたが、雲が出てきました。丁度農場の真上で南は雲で覆われて、北、仙台方面は青空なのです。太平洋から蔵王の山々に向かって雲が1直線にその境界を明確に分けています。気圧の違いで、低気圧が雲を生んだのでしょう。
 「秋の空、北は晴れたり、日高見は、千代に八千代に、見事なりけり。」
201111271511000.jpg NEC_0953.jpg

 やがて夕暮れの頃には雲が切れて、夕焼けが西の空に綺麗に見えました。作業を終えてお茶を飲みながら四方山話に暫し時を忘れて、気心知る仲間と心暖まるひと時を過ごしました。
 お蔭様で、雲に導かれ、虹に祝福され、夕日に感謝の、嬉し、楽し、幸せの満ち足りた日日です。お天道様(おてんとうさま)いつもありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。