FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

119.「土佐」         2011年10月24日

 10月3日は土佐の日として高知県では「本物の豊かさ」や「出会いによる感動」、さらに「環境の共生」を実感でき、何よりも「心の満足度」を物差しに、土佐ならではのこだわりの人・こと・ものとの出会いや交流を活性化するため毎年イベントを開催しています。今年も以下のような内容で開催のようでした。
「土佐の日2011 http://www.tosajin.net/tosanohi/tosanohi2.html
 土佐の日は2007年から活動開始していますが、その仕掛け人はNPO法人 高知県環境自律フォーラム理事長 小川雅弘さんです。今回10月15日から2泊3日でチャレンジPPK高知研修会を小川さんのガイドで開催し土佐を満喫してきました。

 高知は仙台からは遠いです。4年ほど前に足摺岬を訪れましたが久しぶりです。行程も何も予備知識なく仙台を夜行バスで東京へ向かい、羽田から始発便で高知竜馬空港に無事到着して皆さんと合流です。

 土佐神社は木内鶴彦さんの死亡体験の時に登場しますので以前から一度は訪れてみたいと思っていました。神社社殿の左側の2本目の柱に“つる“の字が書かれていますがかなり薄くなっていて判別が難しかったです。1570年長宗我部元親公が社殿再建建立の時に用意していた木に木内さんが墨で書かれたようです。当時は木に字が現れたという事でこれは何かと問題になったとか?多分ありがたい木として社殿に用いられたのでしょう。後で木内さんが探しに来て見つけて、改めていのちの仕組みを確認できたようです。
201110151034000.jpg 201110151043000.jpg

 午後からは小川さんの自宅を訪問しました。素晴らしい庭園がある大きな家にはアースキーパークリスタル「Pchan(Pちゃん)」があります。2007年にブラジルで発見され、世界で2番目のアースキーパークリスタルで1,2トンの巨石です。小川さんとの数奇なご縁で5年後にアメリカから高知に運ばれてきて、大型クレーン車で家に搬入しました。
(小川さんブログはアースキーパークリスタルhttp://earthkeepercrystal.blog118.fc2.com/
 詳しい説明は省きますが、Pちゃんの部屋で暫し瞑想し、庭を散策し、裏山の巨石を巡り、今年建てられた六角堂で不思議エネルギーを体感、最後に小川さんのお話をお聞きし、最後は奥の秘密の部屋?サイババルームも見学させていただきました。21世紀に必要な活動を積極的に楽しくされている姿は共感できる素晴らしい方です。
201110151326001.jpg 201110151401000.jpg 201110151442000.jpg 201110151424000.jpg 201110151423000.jpg 201110151613001.jpg

 宿は四万十川上流にある、愛媛県との県境、梼原町の雲の上ホテルです。著名な建築家の隈研吾が設計した建物でこんな山奥にという感じの素晴らしい2階建てのこじんまりしたホテルでした。この建物はグッドデザイン賞を受賞していますが流石という感じです。隣接する温泉施設への回廊も木造で工事費3億円とか?驚きです。町役場も隈研吾の設計で驚きの施設です。町は環境モデル都市として森、水、風、光などの自然エネルギーを活かした数々の取組をしています。
201110160834000.jpg

 翌日は津野町にある四万十川源流探索です。日本で最後の清流と言われる全長196キロの四万十川源流は駐車場から30分ほど山を渓流沿いに登ったところにありました。素晴らしいエネルギーを沢山頂き、森林セラピーの原点を満喫できました。源流駐車場への途中に、せいらんの里がありますがたまたま三叉路を間違って入ってしまいました。建物から川に下ると鍾乳洞の稲葉洞があり、洞にはロープで降りて行けますが龍穴の様です。小川さんは四国の龍が封印されているところを龍使いの方と巡って封印を解いて龍を蘇らせているようです。龍に呼ばれたようで今度この洞に来ることになりそうです。 
201110161010000.jpg 201110161012000.jpg 201110160915000.jpg 201110161020000.jpg

 草ぶきの農家レストランで田舎料理を頂き、足摺岬に向かいましたが、小川さんが町から無償で提供される予定のエコビレッチ構想の土地を見学しました。途中に四万十川ウルトラマラソン(100キロのマラソンです)のロードコースをバスが走行することになりました。川沿いの狭い道を数十キロ並走しましたので交通整理やらで、次の経由地の沈下橋(欄干が無い橋で増水時には水没する橋です)は車窓からの見学に成りました。
201110161441000.jpg
 足摺岬唐人駄馬には夕暮れ前に到着できました。ストーンサークルがあった広場から唐人石を眺め、夕日の名所の臼碆(うすばえ)へ向かいました。黒潮が日本で一番最初に接岸する岬として雄大な海岸美で名所です。海岸近くの龍宮神社からの水平線に沈む夕日は格別綺麗です。鮮やかな紅のコントラスト、波の音、爽やかな心地良い風、花崗岩の岩肌に繁る木々の緑、自然のバイブレーションを満喫しました。
201110161655000.jpg 201110161656000.jpg 201110161657001.jpg 
201110161722000.jpg 201110161735000.jpg 201110161727000.jpg 201110161730000.jpg 201110161732000.jpg

 翌朝は日の出を見る為に皆さん早起きして足摺岬展望台に向かいました。日の出は6時7分ですが15分前にはスタンバイです。足摺岬の灯台はライトを送って海を照らしています。海面を覆うように雲がありますので日の出は無理かと歩きはじめたらご来光を頂け、皆さん大満足、ありがたい太陽の恵みを全身で頂きました。展望台から灯台と散策してホテルに戻り遅めの朝食を頂きました。          
201110170551003.jpg 201110170621000.jpg 201110170624000.jpg 201110170634000.jpg 201110170636000.jpg 201110170641000.jpg 201110170642000.jpg

 午前は白山洞門を巡り、その後は知る人ぞしる岬の山中に隠された巨石群を小川さんのガイドで巡りました。驚きの巨石がごろごろです。誰が何の為に配置したのか未だ解明できていません。そして最後に唐人駄馬遺跡をゆっくり巡りました。縄文時代早期(紀元前5000年頃)から弥生時代にかけての文化の名残です。千畳敷岩の巨石の上に寝て太陽を燦々と浴び、至福の時です。
201110170848000.jpg
201110171045000.jpg 201110170959000.jpg
201110171015000.jpg 201110171048000.jpg 201110171051000.jpg 201110171053000.jpg 

201110171113000.jpg 201110171111001.jpg

 土佐清水市の地元の魚料理を食べて小川さんはここでお別れです。高知有数の会社の社長として新たなプロジェクトの為に地元農協の会長と農地利用の件で面談とか。超多忙の小川さんに3日間もガイドして頂けてラッキーでした。帰りは途中須崎市の須賀神社を訪れました。四国最大のクスノ木「大谷の楠」を見ましたが、樹齢2000年で根本周囲25m、樹高25mの巨樹です。神社では明日からの秋祭りの準備に大忙しでした。須賀神社はすさのうの尊をお祭りしていました。須佐様にお目通り出来て、終わり良ければ全て善しと一人喜んでいました。
201110171542000.jpg 201110171543000.jpg 201110171550000.jpg

 高知駅、高知空港に予定時間丁度に着き、満足の3日間を終え皆さんとお別れです。又新たなご縁を頂いた楽しい土佐の旅でした。小川さんは船井幸雄さん、船井勝仁さんとは15年ほど前からのご縁の様で、勝仁さんが主催するにんげんクラブの月刊雑誌に今年の5月号から連載記事を書かれています。7月には勝仁さんとイスラエルに旅していますが、私は仙台に戻って雑誌を読み、ブログを覗いて事後学習をしていました。土佐の人情、竜馬の遺伝子に触れた時空間でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。