FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

114.「長月」         2011年10月3日

 10月に成りました。時間の過ぎる早さはどんどん早まっているようです。そしてこれまでの世界から新たな世界への変換のスピードも速まっています。世界経済の崩壊もいよいよ現実味を帯びてきて来ていて、将に大恐慌前夜の様相です。
 長月は9月の別名でその由来は「夜長月(よながつき)」とのこと。夏の暑さが過ぎて夜の眠りが深まり身体は生き返って来ています。9月後半のトピックスを紹介します。

 9月18日は石巻の佐藤造船所の片づけ支援でした。今回も10名程の支援者が集いました。石巻への高速道路は予想外の渋滞で到着が30分ほど遅れてしまいましたが、多くの方々が支援活動に連休を利用して災害地に向かっているのでしょう。
 今回の作業は男性が作業場の土砂の運び出しと、倒れたままの船の下の土砂、ごみの運び出しです。女性陣は工具等室内の片づけです。今回伺うと、工場内の木材が綺麗になり、なんと小型船が工場にありました。顧客の依頼で神奈川から購入したのですが、行き違いがあり自社で作業船に活用するとのことです。工場の脇の船の引き込み線路があったところは倒れたままの船以外のところは全て撤去され砂利が入り鉄板が敷き詰められています。倒れた大型船をクレーンで引き上げるためにその足場確保の様です。10月中には倒れた船を起こして台座に戻し修理を完了する予定です。年内の漁期に間に合わせてほしいとの船主さんの願いの様です。
P1130262_2.jpg P1130269_2.jpg
P1130250_2.jpg P1130264_2.jpg

 土嚢に詰めての運び出し作業は些かきつい作業ですが楽しく頑張りました。お昼の時間は和気藹々で気心が通い合う楽しい食事です。今回は佐藤さんのお母さんのお手製の愛情おにぎり、お稲荷さんを、そして差し入れのリンゴ、長野のブドウと仙台の団子を美味しく頂きました。
P1130249_2.jpg P1130256_2.jpg
P1130263_2.jpg P1130276_2.jpg

 4時半ごろ仕事を終えてシャワーを浴びて雑談をしていつもの上品の郷温泉へ向かいました。しかし、凄い込みようです。諦めて涌谷天平の湯へ変更しました。現地で木村農園ご家族も合流し、後にサバイバル講師の佐々木さんもお見えになりました。ゆっくり疲れをいやして食堂で食事をしているとなんと佐藤造船の二男のTさんご家族が入ってくるではありませんか。驚きの夕食会になり大いに盛り上がりました。元気な善き仲間が自然に集う好循環が出来てきています。心身とも満たされた一日でした。
 天平の湯に向かう途中雲間から太陽が注ぐ光景に遭遇しました。実は前日17日長野に行っていましたがやはり雲間から差し込む光の世界に遭遇していました。写真を紹介します。
201109181709000.jpg
201109181709001.jpg

201109171641000.jpg
201109171641001.jpg

 19日はチャレンジPPKの東京例会です。杉浦静始宇宙僧ははっきりおっしゃります。
 3,11東日本大震災で波動が変わり、これまでの学び、研修など自分を高めようとするやり方はもはや通用しないので改める必要がある。今、古い社会が崩壊し新しい世界へ向かうという認識をしっかりともつこと。そしてその未来は漠然として分からないが、皆と一緒に各自に則して切磋琢磨して、物質的な繁栄、豊かさからどのような意識に切り替えて行くのかが課題になる。それは単に理論、知識のバージョンアップの段階は終わって、実生活に則して如何に自分が変わって生きるか。
 ピンピン輝いて還える生き方を大衆に向けて伝えて行くにはもはや時間がない。縁ある方々の少数の方々とまずは共有する原点を確認して互師互弟で肚に落としていく。何の囚われもなく輝いて生きて、喜んで還って行く。その為には知識でなく感覚で学び、コロッと行けるという認識を得ること。
 想いは全て現象化されている。その全ての大本の意識の使い方の仕組みを会得して自分の想い通りに、都合の良いように切り替えていくこと。自分の中にある思いの淀み、落ち込み、拘り、囚われなど、過去の経験でインプットされたものが胸の中にあるがそれらを切り替える。ある意味、他者の波動と自分が同調したと思うことが問題。今生きている自分の想いが全て。イキイキ、ワクワクする物しか起きないという想うこと。過去のことはどうでもよいのに、過去の思い込みに汚染されている。それらを訳もなく取り払える青写真をつくること。只々本人がそう思えるかの訓練だけ。
 悟りは無理。ただ何に従うかだけで、人間が作った知識はノイズで必要ない。天、宇宙、自然に従う。思いやりや愛想は21世紀へ向かうには弊害で、それらすら断捨離して冷たく切り離す。親子関係、夫婦関係含めてもっと前に戻し、白紙にし、認識前の自分の意識に戻す。結婚、離婚、幸せかと問うと元々何もない。
全て自分を溶かし込んでいく発想をして、生きていることを思うこと。そこに自分がある。生きている時に自分が生きることを止めることはエゴを忘れる事になる。

 今回は「今までの講座のあり方を超えていく」と題して少数の参加者での例会開催でしたが、これから杉浦導師が始められる楽生面授(らくしょうめんじゅ)のプレゼンの感じでした。目指すは一人の講師から情報を発信するのではなく互師互弟の姿勢で学び合い、参加者同士の対話で自分自身で気づいて、自分の答えを自らが導き出す対話自答宝です。
 まずはお導師が目指す方向の一端が現れた時空間でした。終了後の懇親会はいつもながら楽しい時間でした。私はノンアルコールで参加して日帰り参加でしたが密度の濃い1日でした。

 23日から25日は座禅断食会です。今回も20名程でゆったりした会でしたが全員満願成就で終える事が出来ました。初参加者、首都圏など遠方の方が半数を占めて多士済々でかつ皆さん元気でした。何故かあっという間に時間が過ぎた感じです。私も良く休んで身体の調子も良好でした。今回は特に体調が悪い方も出ずに排便も30分ごろから一斉に始まった感じです。最後の方は1時間を過ぎて難儀していましたので私が指圧して無事に出ることが出来ました。
コピー ~ P1130318 コピー ~ P1130316

 私の身体は意識の切り替えで断食モードにすると即、水で大丈夫で、私の身体は全くと言っていいほどに断食していたことすら意識に上らないようです。合掌行の後の野菜ジュースも以前は楽しみでしたがかえってなしの方が身体が快調なようです。断食明け翌朝も通常の排便がありますが、十分に休息を取り消化器系の反応を促すようにしました。睡眠中はやはり生体反応があるようで、胃腸の変化、反応は感じます。胃が小さくなった様で食欲が減りました。全ては身体にお任せです。
 2日目午後の講話は半分以上は生体エネルギーの効用をお伝えしましたが、今回も場作りにいつも通りの電気を利用した器具をしっかり配置しました。更にコンクリートブロックを利用した空間装置化の仕掛けをしましたのでそれが更に良い効果をもたらしたようです。
 自分一人意図した結果が出たことに喜んでいますが環境如何で人間はどんどん良い方向へ誘導できます。
 明け食後のミーテイングでも色々な感想を頂きましたが、皆さん何かステージが変わったようで良い感じです。 こんなに軽くていいのかなとすら思います。私が初めて長野で野口法蔵さんの断食会に参加した当時、そして仙台でも環境を作り上げる前に比べたら身体反応は格段と変わっています。その事は今回もかつて法蔵さんの断食会に参加した経験者もその違いを強調していました。暫くは仙台座禅断食会はこの方向で進んで行きます。
コピー ~ P1130320 コピー ~ P1130323

 終わった後はテンメイの里山になりそうな候補地を川崎町、石巻市と視察してきました。石巻は旭山周辺を木村さん、佐々木さんの案内で見ましたが素敵な場所がありましたが果たして縁があるかどうかです。日が沈みかけた頃、佐々木さんの北村の家を訪問して自然農の畑を見学してトマトを試食しましたがなかなかな味でした。暫く歓談して帰ってきましたが、次なる拠点は求めることでいつかは実現するのではないかと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。