FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111.「あわの里」      2011年9月20日

 このブログも111回になりました。9月9日にあわの里天命舎であわ歌会を開催しました。あわの里天命舎を移転開設してのこけら落としが6月4日あわ歌会でしたが、既に3か月が過ぎました。お蔭様で着々と整ってきています。
 8月末に生体エネルギー情報コンクリートブロックをあわの里天命舎に配置し、じんち作りをしてから、一段とエネルギーが高まり増して来て、活性場に変化してきています。その事は9月の生体エネルギーの活用法を学ぶ「日常生活を健康で豊かに過ごす方法を学ぶ会」で紹介し体験して頂きました。
 己が置かれている環境、その環境に働きかけることが出来るのが人間の役割です。その為には自然の仕組みを紐解き活用できる加学を知ること、そして具体的に活用できる技術を持つことです。その目指す目的は己の能力を高めて、環境を改善し高め、自然を豊かにしていくことです。つまり己が人類自然に求められる存在になることです。現在は急速に環境劣化し、自然が破壊されてきています。その流れに単に身を任せていては存続が危ぶまれます。自然も変化していることを知ることです。

 あわの里天命舎での企画内容も以前の天命塾サロンと変化してきました。都心のビルですが隣接するビルが無く、四方が窓で景色が楽しめます。空間の広さもあり臨機応変に会場を設定変更が出来、ゆったりと和む、居心地の良さがあります。一番は善きご縁の方々が集い、新しい方々も自然に繋がれる場になってきていることでしょうか。
 あわの里天命舎の名称も、その響きが新たな世界を拓いたようです。あわの里はあわの歌が持つ世界を相似的に現象化出来、天命舎は各自が持つ天命への学び舎です。頂いた名はとても気に行っていますし、これからもあわの里天命舎は新しき嬉しき世界になっていくことでしょう。やがて宮城県内の各所、他の場所にもあわの里天命舎は出来るような期待があります。新しい時代の礎の場でしょうか、楽しみです。

 あわ歌会の時に中山博さんから頂くあわ歌とお言葉は己への指針、導きで本来に自分の道に気づかせ腑に落ちる響き、光、エネルギーです。あわ歌を歌う事を継続して日々に活かしている方々の変化は顕著で動じない己がどんどん開発、開拓されてきています。そのあり様があわ歌会で頂くお言葉の中に現れます。稀に厳しいお言葉を頂く方もいますが全てその方にその時に必要な情報の様です。

 9月7日に私が頂いたお言葉は以下です。
「向かうは 是より皆々の 囚われ来たりた多くの物を すっかりほどきて、軽きとなして 柔らかきへ変え行くことなり。その時、光は闇を照らし 真を見せて知らせます。動かぬ思いで参られませ。」
 9月9日のお言葉は以下です。
「この時 只今 この響きに集まり来たりた方々に申すなり。今この身は この響きと光の中なり、これより北の地と そこにある全てを守りゆく身なり。方々、力を尽くして ご支援致されませ。」
この中の集まり来たりた方々とはその時に私に集ってきた無形の存在達のことです。
201109100559000.jpg

 今回は初の試みであわ歌会の後、夕方からあわ歌50回の会を開催しました。20数名の方々が集まり円陣を組んで歌い、響かせ、光を降ろしました。その時に頂いたお言葉は以下です。

「行きては帰る これまでのこの仕組みの中ありて 皆々永きにわたり 多くの事々成し来たりたるが、多くをここにためて、固きを作り来たり。この時、全てを無しとなしゆき、真の柔らかき、嬉しきへ参ろうぞ。」
「ゆるかに、優しく、流れしが、今、大きく流れを変えて行きて 激しい動きと成れり。皆々様には、よくよくご覧に成られて、その身を思い、その心を思いしっかりとご自分を定める時 迎えたり。」
「皆々様 皆々夢の中 如何でした、此処にて見られた夢の数々は楽しく、嬉しかったでしょうか。是より変わり行く真の御世は 新しき 嬉しきなり。」
北より参る 大きなる 響きが この地の 皆々に 進みを促し 新しきへ変わる。
「隠されたる 隠れたる 分からなくなりたる、皆々この時 皆々で光を送りて 明らかに致しましょう。」
「ありがたきなり、この響きを是よりも この天地に響きわたらせ、皆々の光と力と成されませ。」
201109100559001.jpg 201109100559002.jpg 201109100559003.jpg 201109100600000.jpg 201109100600001.jpg 201109100600002.jpg
  
 内容を要約すると以下のようになります。

「是までの全てを無しとし、真の柔らかき、嬉しきへ参りましょう。その身を思い、その心を思いしっかりとご自分を定める時を迎えました。是から変わる真の御世は、新しき、嬉しきものです。北から来る大きな響きが、この地の皆々に進みを促して新しきへ変わります。隠され、隠れた、今は分からなくなった皆々に、この時に皆々で光を送りて明らかに致しましょう」
コピー ~ P1130145 コピー ~ P1130152 コピー ~ P1130160

 翌日10日から12日までのみちのく未知を拓く旅へ向けた内容かと思います。みちのくの地に隠され隠れた今は分からなくなった存在に皆さんで光を送って明らかにする。そこで起こされた大きな響きが皆さんに、日本の地に変化進展を促していくことになる。これからは北からのエネルギーが重要な役割を果たすのでしょうか。
 このみちのくの地を大和が征服し治めて多くの年月が過ぎました。そして今年3月11日の東日本大震災で被災し甚大な被害が生じました。それもこれも全てを無にして新たな世界を創る転換なのでしょう。今回の旅では中山博氏と巡るみちのくの未知を拓くと名を付けた必然もかんじます。
 更に今回の旅コースは、今年の6月4日のあわの里天命舎でのあわ歌会の時に私が頂いた、言葉と絵がスタートでした。私の直感で行程を決めて、全ての地を下見していました。
 全てのキーワードは新しき嬉しきでしょうか。次回はその旅を記しますのでお楽しみに。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。