FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100.「真和」         2011年7月7日

 このブログを2010年1月7日に書きはじめて丁度1年6か月が過ぎました。そして100回目になります。一つの区切りかもしれません。そして次なる展開の始まりかな。あまり意図しないままに動いている中に時間や数の関係性に気づくことが多々ありますが、後で何らかの意味を感じ、そのことを良し、と思えるそんな頂きをします。それもこれもありがたい導きなのでしょう。
 宇宙の会を初めて7年目になります。個の花を咲かせることを意図して、身近な仲間の方のお話を伺いながら集った方々が生かしあうきっかけになればと想い、天命塾のご縁の皆様にスピーカーになっていただきこれまで74名の方々に登場頂きました。しかし、なぜか7月の会は意中の方にお願いしていたのですが、快い返事を頂けずにいました。そんな6月末の福岡行の飛行機の中で、「今度は私が皆さんに今、必要なことを伝える、そして7月7日に話すこと」、とあり、あっ、そうなんだ、それではそうしようと思った次第です。
 そして今ブログを書きはじめてブログの1回目が1月7日、100回目が7月7日になっているのに気付いて、そうなんだこれも自分が自分で意図されていたんだと思っていました。宇宙の会も果たしてどんなお話になるかはまだ分かりませんが、必要な方がお出で頂き、その方々に必要なことをお話しできるのでしょう。それもまた自分に出会う、ありがたく、楽しみなことです。

 生きる支えの州(ピラミッドの意)という名前を頂いた生支州(イシス)さんのお話会は6月28日に開催しましたが盛会でした。とても興味深い内容で、イシスさんの体験してきた驚きの世界のお話、健康になるための諸々の方法、極めつけはモーゼの護符のプレゼントまでも頂けました。私は数年前からイシスさんとご縁を頂き、年1度面談をしていただいています。エクトン流のカウンセリングはとても参考になる指針を頂きますし、的確なお言葉で前向きに楽しく導いていただいています。
コピー ~ P1080766

 彼女は秋田で生まれ育ち、少女のころから特異な才能に恵まれ、なぜかウイッチクラフト(魔女術)を神戸の師から通信教育を受けることになります。カウンセリングを仕事にしていますが、結婚や離婚、それに多くのありとあらゆる病気を経験し、1週間の意識不明、幽体離脱もしました。2年前に再婚しましたが数年前から相手の方の夢を見ていて、久司道夫さんのマクロのセミナーでたまたま隣の席に座って現実世界で遭遇します。その後偶然再会しやがて結婚されます。
 昨年4月に高血圧で脳梗塞を患い右側麻痺になりました。国立病院の大部屋に入院した1日目の夜、綺麗な歌声が聞こえ、ハープの音楽の中、金色の光が下りて小さな天使が現れました。枕元に塩を何度も運んでくれます。その後地響きするような声がして下半身が龍体の龍神様が現れ、今日からイシスさんはたつ子だと言われます。そして金色の光で手足のリハビリ、幽体手術を受けました。そして2日目から少し話が出来、手足も動くようになりました。翌日からリハビリを開始して、異例の速さで回復して結局1週間で治り、2週間で退院しました。

 今年の1月にお会いした時には以前よりかなりスリムになられていました。その時に死を覚悟した大病を経験したことを伺いましたが、脳梗塞の後遺症は全く感じられませんでした。しかし天使達の活躍、支援で復活したことは今回初めて聞きました。
コピー ~ P1080768
 イシスさんには実は数年前にもお話会をお願いしたことがあったのですが、人前で話すのは苦手と強く固辞されていました。しかし1月にお話会をお願いしたところ心境の変化か、何か新しいことが始まるかもしれないと快諾いただき、3月24日に開催予定でした。しかし3月11日の大震災が起こり中止、そして今回に延期になりました。
 震災で生支州さんも被災し、貴重な体験をされますが、とても恵まれた中で切り抜けられてきました。そして実は震災前の3月2日に岩手でマクロビレストランをされているお友達に、トランス状態の中でイシスさんからメッセージがおりていました。その言葉の内容はソーベーズカフェのオーナーさんのブログ(http://blog.sobe.jp/?day=20110302、2011年3月2日)に公開されています。
『世の中全体が、3月12日頃から超変革の波動に変わります。生活全般を軌道修正して立て直し、自力をつけるための流れ。これから7年の間に、世の中はしっかり生まれ変わり高波動が定着します。新時代の幕開けです。マクロビも間違いなく急成長します。政治、経済、教育、福祉、医療、マスメディアに大革命が起こるでしょう。』
 人には皆、生まれた時から「本質が持つ根本的な性質、人生テーマ」等があります。その人自身の「神の光」を発動させるには「神の光線の言霊」を引出すことが必要です。そうすることで闇は晴れ、「愛の言霊」になるそうです。そしてイシスさんはウイッチクラフトを26年間学んでいて、自分が頂いていた神の光線言霊を使いこなせていませんでしたが、3月9日(11日の前にかなり強い地震がありました。そして私の誕生日です)に突然この秘法を公開したくなったと言います。
 イシスさんの光線言霊は「黒騎士」と「暗号解読」です。「世の中が大変になった時に、姿を表す影(裏)の存在であり、時が来たら秘密の暗号を解読して人を救う」という意味があるそうです。そして言霊の深い意味が分かったのは東日本大震災の後だったと言います。
 震災後初めて6月にお会いした時のイシスさんは別人のように変化していました。この震災前後に大きな転換があったことは明らかです。いよいよ黒騎士、暗号解読としての役割の本領発揮なのでしょう。8月からこの神の光線リーディングの集いを開催することになりました。そして8月は同時にイシスさんの第2回お話会も開催しますので興味のある方は参加ください。
コピー ~ P1080769

 7月3日は石巻の佐藤造船片づけ支援でした。私は1日から長野に生体エネルギー関係の実践研究会の役員会、本部勉強会、私が部会長をしている命の泉を励起する会の勉強会に参加して2日夜帰りました。泉部会の海洋環境改善事業の実践場として佐藤造船所さんにこれまで協力いただいていていましたが、今回の津波被害で事業は中断を余儀なくされています。昨年開催した現地視察会に部会事務局長をしているYさんは参加していますが、3日に私たちが片づけに行くことを知ったら、是非とも支援に一緒に行きたいとありがたい申し出でを頂き参加いただけることになりました。
 今回は長野から会員のMさんも遠路、参加して頂きました。本当にありがたいことです。縁者を支援できることは喜びだと言います。赤十字のような公の機関に義援金を託すことも大事ですが、これからは重点的に縁ある方を支援していきたい、Mさんの友人達も皆さんそんな気持ちをお持ちだと言います。

 Mさんは前泊していましたが、東京から来るYさんの到着に合わせて、朝8時半過ぎに仙台駅で待ち合わせして石巻を目指します。私も被災者用の高速道路無料の証明書を頂きましたので、今回、初めてその使用をさせて頂きました。料金所のETCゲートはガラガラで現金支払ゲートは長蛇の列です。現地には10時半には到着して早速作業です。今回も男性陣は作業小屋の瓦礫等の片づけ、女性陣は部材の選別、清掃整理、掃除です。
 今回の男性陣はかなりきつい作業でした。正午からのお昼休み1時間、3時前から30分の休憩を取り5時まで皆さん頑張りました。お昼は女性陣の皆さんからお手製の品の差し入れあり、楽しく語り合いながら頂きます。特にMさんが長野から持参頂いたヨモギ御焼き、梅、干し柿等は好評でした。
 私も作業着を午前、午後と着替えましたが汗と泥で真っ黒です。瓦礫の廃棄、砂の運び出し、材木等の片づけが出来、床が見え、材木も積み直して空間もすっきり出来ました。しかしレールから脱線した材木移動切断機の荷物車の立て直しは男性6人では重くてびくともしません。もっと人手を確保してから再挑戦です。
コピー ~ SH380501 コピー ~ SH380504 コピー ~ SH380506 コピー ~ SH380507

 終わって皆さん疲労一杯ですが充実感、達成感がありました。しかし、ひとつ残念なことは一人が廃材の釘を踏んで軽い怪我をしてしまいました。又前回以降の大工さんの仕事の方も柱、壁の打ち付けの作業も進んで順調なようです。
 3日は佐藤さんの弟さんは小型船の修理を終日していましたが、少し仕事も出来つつあるのは嬉しいことです。終わりには支援者12名と佐藤家の皆さんで恒例の記念撮影です。佐藤兄弟、ご両親と8月の再会を約束して清々しい笑顔でお別れしました。

コピー ~ SH380499 コピー ~ SH380508

 私たちは前回同様に上品の郷の温泉に向かいました。そして温泉に入浴しているとなんと木村農園の木村さんがお子さんといるではないですか。驚きです。木村家も今日は田んぼの草取り作業をしてきていて、今日でひとまず作業が一区切りついたようです。お子さん達も一緒に田んぼに入って作業を手伝ったとか。皆さんで温泉に来て外食をする予定とか、お会いできて嬉しいことです。お風呂から上がって奥様ともお会いしましたが、バンクシア・フィットネス参加して大きな変化を得、21日間の遠隔ヒーリングの実践継続の中でいろいろ素晴らしい体感をしていることを伺い、とても嬉しく思いました。
 結局は私達も一緒に食堂で食事をすることになりました。14名でテーブルを囲み8時の閉店時間までビール、お酒も飲み、楽しく集いました。しかしこの道の駅から仙台駅に向かうには東京から来ているYさんの最終新幹線21時にはぎりぎりの時間です。車中、間に合わなければMさんのホテルに同宿して始発で帰ることで了解いただいていました。そして結局、駅到着は9時を少し過ぎてしまい目出度くお二人は同室で仲良く過ごすことになりました。初めて今朝お会いしたお二人ですが一日を共に過ごし、親和してありがたいご縁の広がりです。

 今回も皆さんと親しく和して親和できました。親和の意味は、互いになごやかに親しむこと。なじみ、仲よくなることとあります。私が長く学ばせて頂いている生体エネルギー理論を学び応用実践する生体システム実践研究会の機関誌は「真和」と言います。真和は辞書にありませんが、真に和すこと、きっと親和、神話の延長、違う次元にある世界が真和かなと思います。各自が生まれた時から、本質が持つ根本的な性質、人生テーマ、ある意味で天命に気づいて、各自はイキイキ本領を発揮して和し、異質な相対を活かしあう、人類自然に求められる姿でしょうか。これからの時代は日々の行動、出逢いの中で縁者と同化、融合してそんな世界を目指すのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。