FC2ブログ

155「自湧」2012,6,14

 6月6日の金星太陽面通過は如何でしたでしょうか。5月21日の金環日食、6月4日の部分月食と地球と月、太陽、金星などが並列して宇宙の天体ショウを楽しめましたが惑星間に働いたエネルギーは果たして如何程のものでしたでしょうか。そして人類、地球に及ぼした影響はどうなのかと思います。

 6日は朝10時から霞が関ビル35階で会議があり、曇りの中の都内の眺望を楽しみながら過ごしていました。金星通過は確認できませんでしたが天空に近いところで体感していました。
201206061117000.jpg
 夜は19時から、東京宇宙の会の第1回の集いが開催され私がゲストスピーカーでお話してきました。神田のふくるるが会場でしたので夕方にあわ歌の中山博さんに連絡をしたらお越しいただけ総勢15名程の会でした。私が初めてお会いする方も多く、新しい出逢いの場になりました。
 お話の演題はお世話役の木村さんのご希望で「はじめに、今必要なこと」でした。仙台で私が主催して宇宙の会を2005年2月から開始しました。以来、2011年の東日本大震災後の2か月は開催できませんでしたが、今月は86回を開催予定です。参加者数はまちまちですがあわの里天命舎の開始行事のメインになっています。
 有名な方のお話を伺う事は学びになり必要なことですが、身近な方々の個の花を咲かせている姿を、そのお話を伺う事が共に学び響きあう機会になるのではないかと発案して開催を企画しました。自分のことを1時間以上お話して、人様に聞いていただく事はあまりないことです。しかし、自分の今伝えたいことをまとめ、話す中に広がる気づきの世界があります。身近な方のその意外な世界を体験出来てとても面白い時間を味わえ、更に食事会の中で懇親を深め、気脈を通じるチャンスでもあります。
 6日は2次会まで大いに盛り上がり、終電間際で散会でした。東京宇宙の会は今年11月まで既にスピーカーが決まって日程も確定して素晴らしいスタートです。これからの交流の場として楽しい会になることを願っています。宇宙の会の必要を感じる方々の自湧な活動を期待しています。
201206062205001.jpg

 それに先立つ6月2、3日はテンメイ大和農場でサバイバル講座実践会を開催しました。
 講師の佐々木義秋さん含めて両日とも13名の参加でした。まず初日、2日は農場に設置する東屋のコンクリート基礎作りを皆さんと行いました。6畳の休憩用の小屋を作りますが、その基礎を生体エネルギー理論を活用して、コンクリート用生体エネルギー資材力丸と生体エネルギー情報水を使って作りました。後は各自の環境改善用に力丸団子などの作成です。
 まず設置位置を決めて、測量、整地して縄を張り、東西南北の8方向と中心の大黒を決め、ドラム缶にコンクリートを入れて設置して完成です。それぞれの方位に応じた生体エネルギーのじんち作りの情報を入れて空間装置化をめざします。更にその外には犬走りを作ります。設置した基礎に囲まれた内部と外部は明らかにエネルギーが違います。内と外でオーリングテストで明らかな差が確認できますし、食味試験でも段違いの結果です。東屋の外観デザインの希望案も決まり完成が待ち遠しいです。
P1150106.jpg

 9時半から17時頃まで楽しい作業の後は近くの温泉で汗を流し、体に安らぎを満たします。それから有志で小反省会、食事会を仙台に戻って開催しましたが盛り上がり凄く、何人か酔い潰れてしまいました。遠来の方で帰宅諦めて急遽仙台に泊まって翌日も参加に変更の方もいました。とにもかくにも楽しい宴でした。

 3日はサバイバル実践講座2日目で、竹製簡易ドーム型倉庫作りです。農場長が調べてきたなかなか優れものです。初めに農場長が夜なべして作成してきたミニチュアの模型を使用して、作業の説明です。作業予定は竹を切り出し、5mに切断して、4分割に竹を割り、2本を繋いで9mの竹を作り、それを5本組み合わせて頭頂部に5芒星を作ります。外周18mに10本の杭を打ち、そこに竹を先端を接合させるように15本の竹を組み合わせて完成です。話を聞いても分からないのでまずは実践です。いよいよ全員で初めての竹製簡易ドーム作りの開始です。皆さんワクワクする感じですこぶる元気です。
P1150112.jpg P1150114.jpg

 農場をお借りしているGさんのお宅の裏山には立派な竹林があります。程良い大きさの竹を切り出して来て運びます。それを太さなど勘案して竹を選別し5mの長さに切断します。なんといっても好評だったのは竹の4分割の作業です。先人の編み出した丸に十字の器具を使用して、切り口から一気に引き下ろすと見事に竹がバリバリと分割できるのです。綺麗に分割できると歓声が沸き上がり、皆さん体験したいと我先にと取組、全員でその達成感を味わいました。次に、切り口のささくれだったところを取って綺麗に丸めて、端に穴をあけて2本を縄で結び合わせます。2m間隔に結び目を作った18mのロープに竹を10本結わえてドームを立ち上げます。設置場所、方位を確認して、全員で持ち上げ見事に半円形の世界が出来上がりました。脚部10か所に杭を打ち込みそこにしっかり固定します。最終的には杭に3本の竹が接号させて完成ですが、実践では10本の竹を組み合わせて、杭には2本の接合でまずはどうにか様になりました。
P1150146.jpg P1150155.jpg P1150161.jpg P1150167.jpg

 ここまでして後は、竹の切り端を使って食器や花器、コップなど作って楽しみました。楽しいことは時間があっという間に過ぎてしまいます。後はドームの追加の竹を5本追加し、内部の地面から距離を開けて、床の竹材を敷き詰めて床上げして、屋根のテントを覆うと完成です。それは今度頃合いを見て行う予定です。
201206031657000.jpg

 翌週10日はテンメイの恒例の田植えです。石巻市の木村農園さんの田んぼに子供達も含め30名程が集まりました。雨が上がり程良い気温です。今年は木村さんが予め機械で半分植えて下さっていたので残りを皆さんで手植えしました。一人2列ほどでしょうか。あっという間にお昼前に終わりましたが、田んぼは素足で入ると気持ちが良く子供のように皆さん遊び心が目覚めたようでもっと田んぼを味わいたい様子でした。
201206101138000.jpg イメーシ#12441;

 お昼はお弁当を皆さんで楽しく頂きました。今年で4年目ですが、最初の年は木村さんも手植えは初めてで試行錯誤で時間もかなりかかりましたが、経験は人間の能力を上げ、智慧を授けてくれます。全ては楽しき、善き思い出で、今に生かされています。只々ご縁に感謝と天の恵みに感謝です。
 午後は、近くの私の友人で同業者で、既にほぼリタイヤしたSさんの実家のお宅を皆さんで訪問しました。わざわざ電話を頂き、田植えの時に遊びによってとお誘いを受けていました。1000坪ほどの築120年の木造の豪邸です。材木商を商っていた本家の旧家を譲り受けて整備されていますがとても貴重なものです。別棟の隣家には津波で被災された親戚の方が仮住まいされていました。2年前に初めて訪問したころの空き家とは打って変わって綺麗に整備されています。先祖の願いなのか、友人の晩年の奉仕活動の様です。年に数回イベントを催しているようです。今年の夏も落語会を80名程で開催予定とか。いずれ行政に活用をお願いしようかとも話していました。木村さんの処から歩いて10分弱の処ですから、いずれ私達も更なる活用をさせて頂けることになるかもしれません。
 後は近くの温泉に入って四方山話に花を咲かせて楽しい夕食会です。地の湧くエネルギー、地湧を頂き、自ら湧かせる自湧の縁者との渦はまたまた大きく拡がりました。自湧の仲間との実り多き、楽しき日日です。
スポンサーサイト



154「波紋」2012,6,6

 5月19,20日のはせくらみゆきさんの講演会、特別セミナーは殊の外、善きご縁を拡げる機会になりました。天命塾のセミナー講師のイシスさんも両日参加下さり、とても感動していました。さながら西の魔女と東の魔女の出逢いでした。
 19日には私は生体エネルギー歯科治療を希望される遠来の患者さんがどうしてもその日しか来院できない事情があり、私は午前中仕事をしていました。はせくらさんを天命舎長に仙台空港から名取農場へ案内して頂き、天命舎で合流して昼食の予定でおりました。私は少し早めに出られたので近くのコーヒーショップで少し時間を過ごそうと思い、お店に入って席に着くと、隣の席にイシスさんがいるではありませんか、驚きです。結局、はせくらさんとイシスさんも一緒に昼食を摂りましたが、偶然?必然?これもきっと誰かが決められたシナリオ通りで、予定通りの展開となりました。
 
 はせくらさんはエネルギーが感知できる方で、特殊能力をお持ちです。そして伊達政宗の家臣支倉常長の子孫に嫁がれ、仙台に所縁の方です。支倉常長は慶長遺欧使節団として渡欧し活躍し、その後は表舞台から隠された存在ですが、今回の震災で改めて400年前の事が係りがあり、蘇ったように感じられていました。
 昨年3月東日本大震災が発生しましたが、その前にはせくらさんに仙台に来ていただくこと、日程が決まっていました。実は1昨年12月に、はせくらさんが九州天草に天草四朗のお墓にお参りした時に、支倉常長が現れて、半年後に仙台に行くようにと伝えがあったとか。翌月私から仙台講演依頼をさせて頂きましたが、この事かと即決して下さいました。そんな経緯で深いご縁を結ぶことが出来ていました。
 あわの里天命舎は丁度1年前にオープンしましたが、ここにたどり着くまでの物語、そして開設後分かった政宗の仙台城、仙台の街を作るにあたっての六芒星、四神、グランドクロスの呪術の仕掛けをはせくらさんにお伝えしました。星の仙台の街造りは初めて知った様で、あわの里天命舎がその陣地の重要な位置にあることにも驚きと共に納得されていました。(145「番外2」参照)
 そして今回、講演会の日程は昨年決めていたのですが、仙台青葉祭りの日と重なっていました。そのことを私も数日前に知り、これまた驚きでした。20日の特別セミナーの時に、仙台のグランドクロスの北に位置する、伊達政宗をお祀りする青葉神社から青葉祭りの神輿がスタートして国分町通りを南下してきます。グランドクロスの交点にある天命舎の5階からその神輿がくねくねと蛇のように練り歩く行列を見下ろすことが出来ました。はせくらさんもお囃子の音楽に興奮しています。伊達政宗と支倉常長と青葉神社の片倉宮司の先祖片倉子十郎が再会したようだと話していました。そして新しい船出が始まったようです。

P1150038.jpg P1150036.jpg

 政宗が仙台に封印していたエネルギーがグランドクロスするこの地で解放され渦が起きて波紋が拡がってきたようです。翌日の金環日食を迎える準備が整ったのかもしれません。

 19日講演会後の懇親会はこれまた濃厚でした。エネルギーの話になりましたが、全て究極は意識の世界で意識が高ければ多くの問題をクリアー出来るのでしょうが、放射能問題も含めて環境が急速に劣化が進む中で、如何にして望ましい意識レベルまでに向上出来るか、そしてその為の時間稼ぎを安全な状態で如何に確保して行くかが大きな課題です。
 はせくらさんに生体エネルギー活用商品の携帯用しらべをお渡ししたらこれは凄いエネルギーが出ているとおっしゃいます。そして是位までそれは働いていると約50センチメートル位手を拡げるではありませんか。生体エネルギー研究所所長の佐藤政二先生が設定された空間装置化をしっかり読み解かれたのにはびっくりでしたが、さすがはせくらさんは凄い方だと改めて感心しました。私のしらべと他の方のしらべで情報の内容に違いがあることも分かってこれまた読みの深さに驚きです。同席していたイシスさんも改めて生体エネルギー商品の内容に注目され、垣根がまた一段と取り払われたようです。
 セミナー終了時にははせくらさんが携帯用しらべを購入され、イシスさんも同様に求められました。
 又、はせくらさんにはテンメイの仲間の石巻市の木村農園木村純さんの無農薬栽培米のささにしきを原材料にしたおこげ煎餅をおやつで召し上がっていただいたら、これは凄く美味しいと気に入って下さいました。木村さんは生体エネルギーを活用して栽培していますので、ご自分のお米を加工した全く素晴らしいお煎餅です。他の類似したおこげ煎餅と食べ比べしましたが、段違いに美味しいのです。そして封を切って食べ始めると手が止まらないのです。あわの里天命舎で販売させて頂いていますが皆さんにとても好評です。こちらは別送ではせくらさんにプレゼントさせて頂きました。
P1150178.jpg

 今回は、はせくらさんにテンメイ名取農場のエネルギーの変化も見て頂き、具体的なエネルギーの渦、その転移、拡散の状況を教えて頂きました。明らかに昨年よりも数段とエネルギー位置、活性レベルが上がっていてそれが拡がっているとのことです。私達が感じている事をより具体的に的確に表現して下さるのでとても分かりやすく、他の方にお伝えするにも助かります。

 そして今回のセミナーでは東北のことを深く掘り下げて伝えてくださいました。どうやら私達、東北の人達はムーの時代の意識、ネイティブアメリカンやマヤのものを継承しているようです。
「政宗、支倉の霊団は地球創世の時に種を植え付けており、ムー、レムリアの末裔が日本で、縄文の高度文明の中心都市が仙台のあたりにあった。これからは良き文化を再興し大調和へ向かう。今回の震災で新しい次元へ向かうことになる。そして今集っている人達はムーのムーミン代表で先導者、創造者であり、レムリア、ムーの遺伝子を受け継いでいる。農耕文化で再びレムリアの血が呼び覚まされる。ムーの神官の一人が政宗だ。神は太陽神、ラー。」
「笑いそして嬉しく泣く時は、魂が嬉しい時。今、精神の急上昇が起きているのが東北で、素直で、祈りの心で精神性が上がって強い電磁波、波動を出した。ネイティブアメリカンやマヤの転生の人が東北に多い。そして今回被災して更に集合意識を上げた。各自が選んだ経験、体験を完全体として喜んでいる姿をイメージしてありがとうと祈る。利他的祈りはとてもパワフルだ。」
「過去は思い出したとき現れるもの。未来は想像した時現れるもので、今しかない。今を生きる、創造主として生きる。そして徳を食べて福を呼ぶ幸せ体質、喜び上手な人になる。」
「今が大切で瞬間に意識を置くと因果を超える。そして過去も未来も書き換えOKで因果法則が通用しない。決められないのはストレスで取り越し苦労、持越し苦労をしている。多次元性をアセンドされているので、自分が意図的に自分の道を決められる。タイムラインで未来は選べるし、欲しいもの選べる。各タイムラインと繋がる自由がある。」
「6月6日の金星太陽面通過でタイムラインは分裂する。5月21日の金環日食が分岐点、6月4日の満月、部分月食を体験して、これからは銀河周期タイムでグッドバイブレーションで、想いの実現がスピードアップする。古いもの、想いを整理、処分して、感情、身体を浄化して行くことで高振動に対応できるものへ変わって行ける。」

 クライマックスでは七福神祝詞を歌って頂きました。
<七福神祝詞>
めぐりて天龍 昇りしは (めぐりててんりゅう のぼりしは)
花たちばな 匂い香の   (はなたちばな においかの)
天地開けし 開闢に    (あめつちひらけし かいびゃくに)
弥栄八坂 ひふみ世    (いやさかやさか ひふみゆう)
めでためでたの みろく世  (めでためでたの みろくゆう)
弥栄八坂 ひふみ世    (いやさかやさか ひふみゆう)
めでためでたの みろく世  (めでためでたの みろくゆう)
あっぱれ あっぱれ えんやらや

 そしてとどめは、君が代のヘブライ語での意味です。
「立ち上がれ、神を讃えよ!神の選民 シオンの民!選民として 喜べ!
人類に救いが訪れ! 神の予言が成就する! 全地あまねく 宣べ伝えよ!」

日本語     ヘブライ語           ヘブライ語の意味
君が代は    クムガヨワ           立ち上がる
千代に     テヨニ             シオンの民
八千代に    ヤ・チヨニ            神・選民
細石の     サッ・サリード       喜べ・人類を救う、残りの民として
巌となりて   イワ・オト・ナリァタ      神・予言・成就する
苔の生すまで  コ(ル)カノ・ムーシュマッテ 全ての場所・語られる・鳴り響く  

 私も君が代の意味するこのことを最近知り、興味深く思っていろいろ調べていました。ユダヤの失われた10部族が日本に来ていて、我々は純粋な末裔なのでしょうか。それ故に受ける数々の試練なのかもしれません。
 今回、はせくらさんから私はアテルイの意識のことを伝えられました。伊達政宗、支倉常長、坂上田村麻呂、アテルイそしてヤマト(倭)、キリスト教、景教、ユダヤ、縄文、マヤ、レムリヤと古の世界は私の意識の中で今に繋がります。そして未来へと。

 イシスさんもかなり触発されたようです。これまで以上にあわの里天命舎の存在を理解して下さり、神の光線リーディングを天命舎のみで8月から再開して下さることになりました。案内の中で以下のように紹介しています。
「あわの里天命舎は、ダビデの星の中心の場にあり、また、今年の5月19日に来仙下さった、はせくらみゆきさんの音頭によって八百万の神々の祝祭パワーが宿りました。これから間違いなく仙台のパワースポットになります!そのあわの里天命舎で神の光線をやることが弥勒の世(ユートピア)のお手伝いになると、私のスピリットガイドからメッセージがありました。今は通信でしか行っていない神の光線のワークショップをあわの里天命舎様だけの限定で、8月以降に再開致します。以前と違い、一回につき2~4名までにしぼって行います。
 私、イシスもアセンションして絶好調です!是非、そのグッド.バイブレーションを体感しにいらして下さい。良い空間と言霊と愛の分かちあいによって、内側も外側もピカピカに発光致しましょう!」( http://genkiup.net/tenmeisya/2012.08ishisuhikari5.pdf )

 2日間のはせくらみゆきワールドは皆さん大満足だったようです。そしてお蔭様で、嬉しい楽しいありがたいの波紋が拡がりました。また次回、来仙頂くころはこの世は如何様に変化しているのでしょうか。「アイムパーフェクト」、兎に角、各自の創造力で今を楽しみましょう。


プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター