FC2ブログ

148「開墾」2012,4,26

 テンメイの会員のGさんの暖かい申し出で大和町の七ツ森の農地を使わせて頂けることになりました。昨年から現地を何度か視察したり、農場長が草刈などに出向いていました。3月に伺った時はまだ沢山の積雪があり、雪掻きを少しして、Gさんと四方山話を楽しくして帰ってきました。そしてようやく雪が消えたこの4月になり11日に農場に行き作業をしてきました。
 
画像2012テンメイニュース春号 003 イメーシ#12441; 2 イメーシ#12441; 

 刈り取った枝や草を燃やし、蔓の根を掘り出して、石を捨てる、開墾、整地作業を一日しました。まずは畑の測量をして、今後の農場に耕作のプランニング資料作成です。次は枝や草を集めて燃やしますが、人は火を見ていると安らぎ、達成感も湧いてきます。天空に煙をたなびかせてこの地をテンメイ農場として使用開始の合図を発したような感じでした。しかし、強固な蔓の根の掘り出しには些か難儀しました。スコップで掘り起こすのですが太さとその広がり長さには驚きです。最後は身体が悲鳴を上げた感じでかなり疲労困憊しました。農場長は耕運機をかけて畝建てです。夕暮れ近く雨が降り出して作業は終わりました。農場長は翌日も行ってじゃがいもを植えてきたようです。

画像2012テンメイニュース春号 005

 船形山の東で七ツ森の懐にあるこの農場は、直ぐ脇を沢が流れていて、不動明王が祀られています。北、西は林で東、南に開けてすこぶる地の利が良い処です。梨の木もあり景色も素晴らしく、場のエネルギーがかなり高い処です。ここの農場はあまり手を掛けずにできる農法をいろいろ取り入れ組み合わせて自然を活かした楽しみの場になりそうです。サバイバル講座の佐々木義秋さんの手法も活用させて頂く予定です。Gさんのご厚意で農場に東屋の建設もして頂けるようでとてもありがたいことです。名取の生体エネルギーの生態系生体システムプログラム農法とは一味違った作物が出来ると思います。私も毎月作業に行くことを決めていますが今後どのような世界が、楽労楽土が出来て行くのかとても楽しみです。興味のある方は是非一度足を運んでみてください。

 その日の夜はあわ歌39会でした。私はお疲れ状態でしたが頑張って歌うことが出来ました。実は前日に今月末の木内鶴彦、中山博あわ歌天地開闢ツアーの下見に福島に行ってきました。やはり何事も事前準備をしっかりしておかないと大勢での旅は問題ありです。しかしその事前の下見が事前でなく、自分にとって些か初体験、未知との遭遇と成ってしまいました。
 全ての目的地を確認し最後に訪れたところは梁川八幡宮でした。既に陽も暮れて夕闇に覆われ始めていました。拝殿で参拝し、あわ歌3回歌って車に戻るとすっかり身体が別人のようになってしまいました。背中の中央部が重く身体がだるく、目も頭も機能不全です。何かに憑かれた様な感じです。どうやらある存在と同調して引き寄せてしまったようです。
 もうすでに後の祭りですが、私は是までほとんど霊障の経験がありませんでした。あったとしても自覚するほど身体変化をきたしたことがありません。そういった意味では今回は初体験でした。その状態で翌日の開墾作業で肉体を酷使しましたので身体反応がかなりきついものになりました。それからはいろいろなアプローチを重ね、物理的なこと、エネルギー的なこと、言霊など駆使して5日目朝に心身ともすっきり回復することが出来ました。真に良き体験を出来ました。これから万が一あっても大丈夫でしょう。
 果たして梁川八幡宮は如何なるところだったのでしょうか。伊達家ゆかりの神社で政宗が初陣の際には梁川八幡宮にて戦勝祈願を行なっています。また、夫人・愛姫が田村家より輿入れの際、この地で田村家から伊達家への引渡しが行なわれています。八幡宮の隣には龍宝寺という八幡宮の別当寺院があり、八幡宮とともに伊達氏に厚く庇護され、その龍宝寺の子院・鬼石観音が八幡宮本殿の前に建てられており、鬼石観音は坂上田村麻呂が建立したと伝えられています。
 今回の4月末のツアーはまさにキーワードが伊達政宗、坂上田村麻呂、福島です。果たして如何なることか楽しみです。梁川八幡宮を参拝して駐車場に戻ると小さな鳥が何匹も乱舞しています。果たして何かとよく見ると何と蝙蝠です。驚きです。如何なる霊存在がかかわったのか私には皆目見当が付きませんが、ツアーの意図と呼び合う何かがあるのかもしれません。それも今度、中山さん木内さんと訪れた時に明らかになることでしょう。
 
 14,15日はテネモス国際環境研究会の飯島秀行さんの講演会でした、飯島さんは仙台が初めてとのこと、仙台駅に迎えて昼食をとり、青葉城に案内しました。とても喜んで観光して下さいました。お話は自然の法則です。一部紹介します。

201204141448000.jpg
 
 宇宙にはたった一つの法則しかない。そしてたった一つの意味しかない。いろんな学問が在る様に錯覚している。全てエネルギーで万象万物は出来ている。
 水は形を作る質量とエネルギーが一体になって1つの物として存在している。そして何かを作ろうという想いがエネルギーで、その想いが全てを吸引して行く。フリーエネルギーは始めから持っているものでそれがたった一つのエネルギーです。その認識が無いと使えません。エネルギーとは空のことです。私達は空気を吸って生きている。生きている空気を吸っているから生きている。空気のことを意識、魂、命、神ともいえる。全ては意識の通りに現象化して行く。
 物質は高い処から低い処に流れるが、同時にエネルギーは低い処から高い処に流れる。どんなメカニズムも全て一つで、エンジンも人間の心臓も同じ。エンジンは爆発すると空気が入る。人間も食べるとお腹が膨らんで、圧が高くなると酸素が入ってエネルギーになる。植物でも、肥料を土にあげると土圧が上がって酸素が入って植物が成長する。水槽に銅版を2つ入れ電気を流すと水圧が上がって空気が入ってくる。3ボルトで動かすと何年も動いている。つまり空気が電気でありエネルギーだ。
 ビニールハウスも飛行機と同じように羽の枚数を多くつくると作物が伸びる。
 セシウムを糠漬けにすると消える。フグ毒も同様。重金属なども全て発酵させたら変化する。発酵は内圧を上げる作用がある。発酵するとは真理に目覚めることで、毒を消すことが出来る。
 身体と地球構造も同じ。圧が低いと腐り、気が抜けると腐る。圧を上げないとエネルギー入らない。自分がやろうとすると気が入る。自分の意識がエネルギー。
 知恵はエネルギーで真理の応用です。それは無限でコンピューターにはなく、人間が持っているもの。動物は法則を守っているが、人間は今、その法則を守らないし知恵を発揮していない。
 意識革命で元気になる。自然を残すためには法則を知らないと無理。病気は作るもので気が入らないから病気になる。意識が逆になっている。癌にならないと身体は即死する。臓器に穴が空いたら圧が抜けて即死するので異常細胞を作って穴をふさぎ、人間の自然治癒力が働いて即死を避ける。
 料理は圧を高めて、火を加えて、発酵させて、生きたものだけをたべると大丈夫。死んだものを食べてはだめ。生野菜も洗い方次第で変わるし、焼き塩が有効だ。
 分離感は酸欠で、ため息や腹を立てるとなる。いのちは中性でプラスかマイナスになると病気になる。質量とエネルギーのバランスを取るとOK。バランスが調和で愛。いのちと物質のバランスを取ること。分離感、不調和が病気です。
 肉は発酵すると圧が高まり空気が入る。発酵時間長いのでエネルギー引き付けるのが長く、腹持ちが良く太る。ごはんや野菜は発酵時間短い。腹八分目で発酵が進んで空気が入るのが2分。良く噛むことで発酵が良く進む。
 人間が意識を変えて、サイクルを変えると自然は直していく。放射能も直していく。宇宙法則はブッタやキリストも同じことを言っていた。
 汚れは酸欠状態で圧を高めてあげて吸引して行くと毒を出さなくなる。吸引して分解している。物質は吸引してエネルギーを出すもので、出したものに入る。
 日常生活そのものは中性で良い悪いはない。肉体は有限で魂が未熟な世界を楽しんでいる。いのちは全体のこと。自然は中性に戻していく。
 ぶつかったりして肉体から酸素が逃げると痛い。入ると痛くない。ボクシングで殴られて電圧止まるとノックアウトになる。アルコール殺菌は酸素が抜けるので痛いが吸引殺菌の方が良い。病原性大腸菌0157はアルコール殺菌ではだめで、直ぐ元に戻ってしまう。
 農薬を使うが、虫の意識を抜くことが殺虫。人間の意識を抜くことが殺人。病気は異常サイクルに合わせたことで起きる。自分の圧を上げて行くこと。考えることで頭に圧がかかるとインスピレーションを得られ、全知全能の存在から入ってくる。人が思ったらOKで、やってみたらOK.やがて意識を変えることで人間は歩く洗浄機になって地場調整をしていく。それが人間の本来の役割だ。
 自然を作り上げて行くメカニズム、法則に則って促進していく。今のやり方では害が出る。法則のことをいのちといい、学ぶものではなく、実践するものだ。
 
 色々なお話を伺いました。1日目終了後の懇親会も大いに盛り上がりました。飯島さんのテーブルは真面目な面白い話に終始し、飯島さんはあまり食事出来なかったようです。
 飯島さんに2日目の朝、講演会前に名取農場を見学して頂きました。今年はハウスを設置する予定ですので具体的な助言を頂きました。農場長も目を輝かせて話を伺っていました。近くの被災地の閖上も見学頂きましたが、初めての現場の悲惨な状況に驚きを感じておられました。

201204150805000.jpg

 講演会に参加された方々は真剣に真面目に傾聴していました。面白い、興味深い、実際の実践場を見学したいとの声も沢山いただきました。既成概念の意識で不可能と思えて深く太く根を張っていたものを掘り起し、開墾されたようでした。後は可能という新たな意識の種をバランスよく植え付けて行く、実践の楽しみの様です。お蔭様で丁度良い時にまた新しい意識の地平は広がりました。ありがたいことです。いずれ皆さんと埼玉の飯島さんの見学会も行われることでしょう。
スポンサーサイト



147「楽生面授」2012,4,24

 20日ほどブログお休みでした。色々なことがありましたがなぜか書く時間が無いままにあっという間に過ぎました。しかし稀有な体験の連続で消化不良で身体機能低下状態だったかもしれません。
 天命塾の育ての親は宇宙僧杉浦静始師ですが今年の正月明けに目の手術をされました。眼底出血がありこの半年ほど幻の世界を満喫されていました。「この世は幻」とはお導師の日ごろのお言葉ですから、さして気にもせずに実際それを体験することを楽しんでおられたようです。しかし、ついに手術をされ、晴れて靄が消えて3次元の視覚を再度回復されました。
 4月7日のチャレンジPPK例会で久々にお導師の楽生面授に参加しました。以前と見違えるほどの輝きと切れ味があり、新生杉浦宇宙僧に遭遇し、楽しい時空間を味わってきました。
 
 2012年はどうなっていくのか。色々な事象に係って人間がどう変わったのか。そんなお導師の問いかけから始まりました。
 これまで何もなかったことがとても凄いことと気づく。ただただ生かされている事がなんと凄いことなのか。しがらみから離れて楽になり、肩の荷をおろし、理屈で理解するのではなく苦しいことを反転でき、嬉しくありがたく、なんとなく楽になった。そんな声が面授を受けた方々から聞けました。世の中は断捨離ブームですが、主婦の友のアンケート調査によると主婦の1番の断捨離は夫を捨てることとか。果たして夫は幸せな?存在なのでしょうか。世の中は全て陰陽、反の世界ですから夫の断捨離は?の逆もありですね、きっと。
 
 お導師の2012年の言霊は「楽労」です。「労を楽しみましょう。楽しみながら労を、苦労なしで!」がその解説です。今が楽しいと思えたら全てはOKで、明日に楽しいことが出てきます。これが宇宙の叡智です。一瞬が永遠です。一瞬でそう思えたら永遠です。生きている事は意識の変換が目的です。
 人生苦労したことが宝物、いろいろあったとしても宝物を得たと切り換える。何かをしたい、何かをすることを共有したいと思う事が囚われ。21世紀は囚われのない生き方をすること。ブータン国を理想と思うことは、それはここにないことで無理なこと。まずは自分がピンピンころり生きること、日本で生きながら出来ることをする。
 人に喜ばれる生き方をする前に一人ですることがある。ひとり輝いてピンピン生き、イキイキワクワクして、死を喜びで今の意識で生きること。自分の戒名を作って楽しむ。自分は死んだら孫に面白い人だったと言われたいと思っている。
 20世紀の意識を払しょくする。今はまだ残像が残っていて自己中と言われるが、世の中にはエゴはない、と思っている。兎に角、自分が嬉しく楽しく幸せと思えたらOK。自分が楽しくなると周りも楽しくなる。自分が楽しく、嬉しく、ありがたく思う事をすること。4.5才の子供の意識になったら良い。その子供には大人社会の名刺が通じない。大人は色々なものを持ちすぎているので宇宙エネルギーが入ってこない。この世は只々今だけ。

 人間クラブでは変化、メリハリを楽しんで、その後は淡々とした生き方が生じてくる。それは海の底にいるような、淋しそうで楽しく面白くという感じ。何かに向かってエネルギーを出している間はたいしたことはない。人間の時にすることは、どんなことが起きても、それは人間の練習場で、淡々とした意識を作り出すことと理解すること。
 何があってもニッコリ笑って海底で面白そうと思う。倒産、破産、離婚、病気はたいしたことではない。物事に左右されない意識を作ること。それを培うのが人間世界のこの場。出来事は全て完成、完全で、ありがたいことと思う。その意識を作る。出来たことは全てOK。この3次元世界でそう思える意識を作る練習をし、訓練をしていく。思うだけでなく実生活が変わらないと成果が出てこない。しがらみとは死からみ。
 何かあるからこの時空を共有できている。その仕組みがやがて全て分かってくる時が来る。過去の豊かならざるもの、決められたものを自分でそれを変えることができる。自分に都合の良いものだけを引っ張り出せば良い。そして未来は無限大の豊かをいくらでも引き出せる。大ボラを寄せ集めたら良い。2012年はお任せの時代。
 素になると3次元と天界の5次元が通じる。その天界は思考を止めたところ。遮る4次元を通るには思考を止める必要がある。自分を生きる世界を作れるのは自分以外いない。生きたいことを思い切って断言する。大勢の前で断言する。我々が生きていることは、それを何者かに授かったこと。そこにお任せする。知らないことは任せる。そして起きたことはありがたいことと思う。

 死のことを生きている認識で思うのには無理がある。死の瞬間には光がぱっと入って死ぬ。生きている肉体の感覚がない。それが天の采配。
 今年の1月1日にご縁の方が亡くなった。ピンピンころりだった。
 12月の押し迫った暮れ29日に体調が悪く病院に受診した。かつて癌と診断されていたのだが既に末期と言われ即入院を勧められた。しかし本人は帰宅を希望して、自宅で過ごし、元旦を家族で迎え、お節料理を美味しく頂き昼過ぎに穏やかに亡くなった。正月は火葬が出来ずに留め置かれたが、死んで通常は死後硬直が起きるのに身体がぐにゃぐにゃで、合掌させて数珠を掛けていると手がほどけてしまう状態で硬直が起きずに逝かれた。これが本来の自然への還り方だ。お導師が伝授する生前葬がそれを可能にしているようです。

 私達は5次元の意識になることを目指す。そして3次元の事象にあたふたしていてはだめ。そこでは少々のことは解決できてもそれ以上の事はなく、3次元に振り回らされているだけで、その事象を通して超現象を起こす訓練することです。人間界にいる間に起きる現象が大きければ大きいだけ、にっこり笑って面白く生きられるかだけ。3次元で起きる事柄は大したことはない。
 これからは言葉の時代ではなく、思いが伝わる時代。兎に角、何があっても動じないこと。自然に還り、超現象に持っていく。ただただ、この地球を緑多き星に蘇らせようと意識を飛ばすだけでいい。そして超意識に持っていく。それは海の底から海上を見ている意識です。そうすることで相手が目の前にいなくても思ったことが現象化する。
 3次元と5次元を遮る4次元のノイズは人の想いが作っている。それを払しょくする訓練をする。生きている事を面白がることで宇宙エネルギーが入る。しかし七面倒くさいことを思うとエネルギーは入ってこない。これが宇宙の仕組みです。

 お導師は「この世は幻」といいます。3次元と5次元を仲介する4次元は心のノイズが働く次元です。お導師が目の手術をしてこれまで以上の光、エネルギーが放射できるように新生したように、2012年の変化はこの4次元の大変化なのでしょう。4次元のノイズが払われて、5次元からの光、情報が直に3次元に届くようになり、それを素直に受け入れること、あるいはこれまでの既得、既成概念で受け取りを避けようとするか各自の選択です。生き方が大きく2極に分かれる時なのかと思います。21世紀の生き方は直のエネルギーを頂いて3次元現象を思いっきり楽しんで面白がって、終わったらさっと還る。PPKの神髄を伝授頂いた楽生面授でした。懇親会は明るい暖かい全てがありがたい、幸せな時間でした。

146「開通」2012,4,4

 3月23日からの今年初めての座禅断食会を24名で開催しました。4か月ぶりで、私も待ち焦がれた会でしたが、お蔭様でいつものように皆さん満願成就出来て、目的達成できました。
 23日午後、仙台は雨模様でしたが蔵王遠刈田温泉に近づくに従いみぞれになり、会場の蔵王高原荘は大雪です。今年は例年以上に雪が多く、3月の断食会で雪の開催は初めてです。翌朝まで10数センチの積雪で一面雪景色でした。翌日からは快晴で穏やかな天気の中でゆったりとした断食会でした。
201203240558001.jpg 201203240610000.jpg

 今回は水を長野県の生体エネルギー研究所から頂いたものを使用しました。いつもは中山歯科の水を使用しますが、自家用車で長野に行って汲んできましたが、又格段と身体の反応には好条件だったようです。体調も皆さん良好で、反応も軽いもので、明けの宿便出しも皆さん良い感じで全員1時間以内に出ました。まさに「開けましておめでとうございます」です。

 私達が断食をしていた24日に仙台では満願成就のことがありました。それは仙台市中心部と北部を結ぶ北山トンネルが開通したのです。私が住む中山など北部の住宅地と仙台中心部とは北山で遮られています。その為朝夕は交通渋滞が絶えないポイントでした。そこを結ぶ都市計画道路が晴れて開通したのです。
 24日の新聞記事の抜粋を紹介します。
「今回開通したのは、北山トンネルを含めた青葉区木町-荒巻本沢2丁目間の1233メートル。北山トンネルは2008年に着工したが、東日本大震災の影響で中断し、開通が3カ月遅れた。上り線629メートル、下り線843メートルで、歩行者と自転車は通行できない。
 北山トンネルの完成で1978年着工の北四番丁大衡線は、青葉区木町-宮城県大衡村間の約24キロが全線開通した。」
201204041239000.jpg

201204041239001.jpg 201204041241000.jpg

 私にとってはこの時期に開通したことは目出度きことと想います。先のブログで3月10,11日の青森の陸奥開闢の旅、12日の番外巡りを紹介しましたが、陸奥、青森の扉が開き、伊達正宗が仙台に仕掛けていた六芒星、四神、グランドクロスの封印が解かれ、北への道筋が出来た矢先にこの北山トンネルの開通です。この北山トンネルは六芒星の北の頂点の東昌寺(青葉神社)から数百mのところで、これで仙台以北と名実ともに繋がった感じです。無形の準備が整って、それに連動したことに思えます。次なる今月末の福島を巡る中山博さんと木内鶴彦さんの旅で更に南へ、そして7月の一戸から九戸、十和田へのあわ歌の巡行で更に大きな道筋が開かれて行く予感がします。

 月末、3月31日からは広島あわ歌還暦の会が江田島で開催され参加してきました。集いの詳細は相馬さんのブログ「光と響きとあい」の「行って来ました~ 広島あわ歌還暦会①、②!」をご覧ください。http://ameblo.jp /aifukaki/

 全国各地から41名の参加です。3月31日で幕引きがなされ4月1日から新たな幕開けと頂きます。参加者も41名(よい)と良い数で、数霊では41は以下のようにあります。
「41は数霊の中でも最も中心を表す大事な数です。そのバイブレーションはまさしく神そのもの。神なる血液に浸されたいのち、それが私達の本質です。内なる光を意識し、信念を持って進むとき、心の奥底から開放が始まります。あなたはますます神なるものを顕すことが出来るでしょう。」
 キーワードは「神、血液、才能、信念、橋、無垢、米、色彩、開放、光背」
 数霊マントラは「無垢なる光は至高の輝き 神の御世を顕す時ぞ」
(深田剛史・はせくらみゆき 「数霊に秘められた宇宙の叡智」より)

 中山さんの今年元旦の皆神山でのお言葉では以下がありました。
「今より伝えるこの事は、この地の是より図り行く事なり。
 一つ、随分と永きにわたりたこの地の貸し借り、皆々開きて元へ返す。
 一つ、この地を、大きく3つに分けて、それぞれ新たな仕組みを動かす。
 一つ、打ち立てる柱は5本なり。それぞれ3つの地に5本の柱、大きな天地の繋がりとなすその中心は、この地の北に立つなり。」

 この地を大きく3つに分けてそれぞれの新たな仕組みを動かす。とありますが日本を皆神山を中心とすると東の日高見(東北)、中央部(関東甲信越中部)、西(関西以西)と見ると東から10名、中央部から中山さん含めて21名、西から10名の参加者です。面白いバランスです。還暦者は7名ですが還暦会にかこつけて神仕組みの開放、開通が成されたように思いますが如何でしょうか。これからは3つの地に5本の柱を立てて行くのでしょうか。お蔭様で私もお祝いして頂き、目出度く2度目の赤装束で楽しく祝宴満喫できました。

 3月31日の祝の会前に夕陽に向かい堤防からあわ歌を歌いましたがその時のお言葉です。
「永きに渡りた これまでの 我らの光は  大きなる みもとの光と なりたり
 大大大の大宇宙 共に動きて 変え行くは 皆々様の 嬉しきへ
 それぞれに 皆々 光を受けて 参りましょうぞ この新しきへ」
201203311819000.jpg

 翌日4月1日も良い天気に恵まれ、チャーター船で宮島巡行をして、弥山登山です。宮島は沢山の観光客でごったがえしています。弥山本堂の下手にある御山神社であわ歌を頂きました。そこでのお言葉です。
「はるけきの旅は この地に しるして 新しきを うみゐだす
 ゆうゆうゆうの 光もちて 皆々様方 参られませ 始まりたり」
201204011050000.jpg 201204011249000.jpg

 目出度く4月1日、良い日に始まったようです。そして3月10日の松島から4月1日の宮島へと繋がれた感じです。そこから自由行動で私達は山を下って、厳島神社、大元神社を参拝して早目に昼食を頂いて途中で失礼しました。
 昼食後に頂いたお言葉です。
「ただ今より申す事 これよりの 見事なる 仕組みなり
 大き みもと 動きて この大宇宙は 新しきへ 参る
 この地 この地球も みなみな ともども 参るなり
 この時 皆様 人は 大きなる変化ぞ そのみの〇〇〇 そのみの 元へ
 元の微細なる粒子 分子 みなみな 新しく 成り行く
 この事 知りたるは 誰も無し
 任せて 預けて この大き みもとと ともに 参りませ
 本日の善き日に 集いたる方々 ありがとう ともども 参ろうぞ
 この身は これより 変わり行く よくよく見られて ともに 参りましょう」
 
 中山さん達はその後、山陰の出雲方面に行かれたようです。そこでのお言葉に以下のものがあったようです。
「北よりの光はゐづりて ゆうゆうゆうの光は 大きくなりゆき うつすなり
 このみは うまれくる 新しきへと共に参ります」出雲大社 2012,4,2
  
 全てが連動して大きな仕掛けが動いていくのでしょうか。北から光が出てゆうゆうゆうの光は大きくなって移して行っているようです。いよいよ幕開けし、新しきへ開通したようです。
 3月31日は低気圧の影響で強風が吹いていましたが、4月2日からはそれをはるかに超える強烈な低気圧が日本列島を南から北へと縦走しました。3日には仙台でも最大瞬間風速42,2mを記録しましたが、超大型台風並みで死者4人、けが数百人と多くの被害、影響をもたらしました。幕開けと同時に強烈なエネルギーで龍体の新生日本列島は吹き清められたのかもしれません。

  
プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター