FC2ブログ

72.「驚き」      2011年2月20日

 自分で自分を自分するを書き始めて1年1カ月程過ぎましたが驚きの現象が起きました。この私のブログのサイト管理をお願いしているK女史から2月9日午後に異常を知らせるメールがありました。「ブログカウンターを見てびっくりです、本日のアクセス数が318件です。」私は出張先でメールを受けたのでサイトは直ぐに確認できませんでしたが、えっという感じで私も驚きです。いつもは50件前後のアクセス数で推移していますのでいったい何が起きたのか?原因は何?という感じでした。何方かが紹介したのか、何かの言葉がある種の検索にヒットしたのか?夜出張から戻りサイトを確認すると既に450件を越えています。結局9日のアクセス件数は500件でした。
 翌日午後にK女史から原因が分かったと連絡がありました。アクセスする前のサイトを検索できる仕組みがあるようで共通のサイトを特定できてそのサイトを見たら、そこで私のブログを紹介していました。知っとうや?2月9日のブログ(←クリックすると新しく開きます)では木内さんと中山さんの座談会の内容に触れていました。そして2月12日でもその内容に触れていましたので、その影響です。9日から14日迄は100件を超える状態が続いていましたが最近は少し落ち着いてきて70件程で推移しています。
ブログカウンター

 インターネット、携帯電話の普及は情報のユビキタスをもたらしました。今イスラム圏の諸国等で革命が拡がっていてチュニジヤ、エジプトと体制崩壊があっという間に起きています。それがどんどん広がりを見せていて独裁体制の国家は変化を免れられない様相ですが、その革命は別名IT革命と言われています。多くの人がHPサイト、ブログ、ツイッタ―などにアクセスし情報発信し、ネットワークが急速に拡大し、情報共有と共同行動が起こされているのを知っていましたが、今回は実際に自分のブログで体験し、それを肌で感じることが出来ました。文明の利器には功罪がありますが、ある目的に不可欠な世界とも実感しました。
 
 18日友人のIさんから本を頂きました。「言霊アワ歌の力」石田英湾著です。えっ、石田さんがアワ歌にご縁があったのかという驚きでした。石田さんとは20数年前に何度かお会いしたことがありました。昭和60年前頃でしょうか、当時は大学の先輩で高崎市に開業していたM先生の活動にいろいろ興味を持って学ばせて頂いていました。高崎に出向いたり海外の学会に同行したりとかなり親密に指導頂いていました。又、その前から私は玄米菜食を実践していて、日本CI協会で桜沢如一先生の教えを大森英桜先生に指導頂いていました。そんな中、高崎でマクロビオティックを実践指導している石田先生をM先生の紹介で知りました。既に著書もありその方面では有名な方で、M先生が代表を務めていて彼の社会活動の中に重要な位置、役割を締めていた、群馬県いのちと自然を守る県民会議の世話人を石田先生が務めていました。ですから高崎での集まりや懇親会で御一緒していました。このアワ歌の著書は平成4年に出版されていますし、また私もそのころはアワ歌を知りませんでしたが、その後の軌跡でアワ歌がご縁で今回再遭遇したようです。しかし残念ながら、先生は昨年冥府に旅立たれたようです。
言霊アワ歌の力本表紙 言霊アワ歌の力

 出張先で本を頂いたので早々に帰りの車中で読みました。マクロビオティック実践の中でアワ歌に出逢い、活用して多くの恩恵をえた事が良く解ります。アワ歌の健康法への活用です。そのことは昨年12月の木内、中山座談会で木内さんもお話していましたが、先に紹介した知っとうや?の2月12日で詳しくお伝えして下さっていますのでお読みください。
 石田先生は著書で以下のように書かれていますので紹介します。

 この世の生成出現、この世の現象、ヒトの生命体の生成出現、万物の生成出現、これらはすべて原始宇宙世界のバイブレーション(振動)が宇宙生命力(宇宙の気)になったのですから、このバイブレーションを脳神経系や感覚器官や全身に恒常的に正しく作用させれば体内の眠れる生命力、あるいは病める生命細胞や組織がめざめ奮いたたされるはずです。それには体内の生命の気に共振(シンクロナイズ)しあう、しかも生命の気を強く奮いたたしめる振動でなくてはなりません。自然治癒力を応援するものであるから自然のものでなくてはならない。天然自然のものであればあるほど好ましいにちがいない、不自然・非自然なものであってはならない、なぜなら、天然自然の生命の気と、人工科学の気では螺旋(うずまき・スパイラル)がちがいます。この考えにもとづいて探求している時に、「秀真伝(ホツマツタエ)」という古文書にめぐりあいました。
 その中に、言霊「アワ歌」が生命力を健全にすると記述されており、注目させられました。言霊「アワ歌」に、幼児はもとよりヒトの音声や五臓六腑・神経のハタラキを調え強める神力・霊力があるというのです。この説明はたいへん道理にかなったものであり、しかも天照神(天照大神)さまのご両親であるいざなぎのみこと・いざなみのみことの御製です。・・
 まず自ら、自己流にですが「アワ歌」を唱和してみましたが・・まったく新鮮な生命の流れを心身で感じるようになり、たいへん快い、清々しい心身の感じを味わえるようになりました。そこで、言語障害をもつこどもさんや、音感不良の子どもさん、難聴の子どもさん、情緒不安定のひとなど、親子で唱和する生活をこころがけていただくようにすすめてみました。その結果、性格が明るくのびやかになってきた、言葉がととのってきた、生活にリズムがでてきて行為行動が安定してきた、おじけつかなくなった、などの好転の反応や反響を得られ始めてきました。しかしまだ日が浅いゆえ、めざましい大変化や治癒効果を得たわけではありません。医学的、学術的に証明できる確証を得たわけではありませんが、生命の気を調え強める効果があることは確認できるようになりました。この歌を日常うたうことによって、「秀真伝」にのべられている効果は必ず得られると確信できるのです。なぜなら、この歌を唱和すればするほど、わが身の生命の気が、宇宙生命の気と一体になって循環しあう恍惚感を全身に感じられるからです。生命波動が宇宙天然自然の波動と調和して強化されるのを感じることができるのです。・・・
 なにごとにつけ意味や意義を問い考えたがるのは、その意識の根底に欲念がうごめき働いているからかもしれません。・・・“考える”も過ぎると、逆効果や逆作用行為になってしまうかもしれません。したがって「アワ歌」も、できるだけ無心に相対し、無心に歌い唱ずるのがよいようです。
 私は、玄米食になってもうじき45年(平成18年、2006年現在)、「アワ歌」を唱じて15年以上になります。この間、玄米食はなぜ良いかを考察しつづけて、拙論を書いたり述べ続けてきました。それもこれも健康になりたい一心からでした。「アワ歌」に関しても同様で、アワ歌はなぜ良いかを考察しつづけてきました。ついいましがた、アワ歌はできるだけ無心で歌い唱じるのがよいと述べましたが、それは歌い唱じる時の心得であって、無心になれるには得心あってのことゆえ、私の得心したことを参考に記してみます。

 そして石田先生は効果として①胃腸をととのえる、②ストレスを解消する、③赤ちゃんには最高の子守唄、④凝りをほぐし骨を丈夫にする、をあげ詳しく説明をさています。そして続けて以下のことを述べて結んでおられています。

 今の地球も人類も、破壊と滅亡に向かって進行中のような状態と状況であることは誰もが危惧しているところです。地球環境を保護し、緑の地球を復活させなくてはいけないという危機意識から、いろいろな運動が行われています。・・・そこで私は提案します。人類はいったん国生みの時代のころにもどらなければいけないのではないか。・・・「アワ歌」のこころの世界にもどる。「アワ歌」はよみがえりの方法を教えています。・・・
以上のように「アワ歌」は呼吸法や五臓六腑神経を健康にととのえるとともに、宇宙の真理を秘めた万物よみがえりの歌にほかならないと考えられます。もっと大きい意味や意義がたくさん秘められていることはいうまでもありません。「アワ歌」を唱じつつ、さらに理解を深めたいものです。皆さんも「アワ歌」とともに、あなた自身の発見と発明と、生命の正しいよみがえりを行ってください。「アワ歌」はかならず期待に応えて下さいます。
スポンサーサイト



71.「至宝」      2011年2月15日

 2月11日は山元加津子さん講演会でした。付き人の小林正樹さんにも今回はお話をして頂きましたが、とても心暖まる、気付きの多い、貴重な機会でした。

 今から15年前、小林さんは出張先のホテルで早朝に何気なく付けたテレビで山元さんの映像を見ます。日本テレビの宗教の時間という番組です。小林さんの浜松では放映されない番組で、その時その場所で見るべくして見たのでした。彼はテレビに釘づけになり号泣してしまいました。そんな自分に驚き、彼女のことを尋ね、石川県に逢いに行きます。彼が山元さんの講演会を主催したいので事前に挨拶をかねてお話を直接伺う為です。山元さんの講演会場の1番前の席に座りお話を聞いている彼は涙が止まりません。そんな出逢いがありました。
 今回そのテレビで出逢いがあった宗教の時間の貴重な映像も見せて頂きました。私も初めて見る映像で、若かりし頃の山元さんの活動、大ちゃんの姿が知ることが出来ました。

 彼は自分が主催した講演会の講演録「みんな大好き」を4000部作ります。そしてそれを知り合いの方々に無料で配布したのです。差し上げているうちに買い求める方が出てきて半分ぐらいが収入になり、それで次の講演録を作成出来、第4部まで作成しました。私も東京の有る勉強会で2年ほど彼と一緒に学んでいましたのでその時に、最初の講演録を頂き読ませていただきました。そんな彼の活動を通して大阪の友人が山元さんの講演会を開催してくれることに成りました。
 山元さんは稀有な方です。方向音痴で、自分で交通機関で移動が出来ません。いろいろなものを忘れ、無くしてしまいます。財布や鍵、有る時は車も無くしてしまうのです。彼はそんな山元さんを1人で大阪に出向かせるわけにいかず同行することに成ります。そして平成10年3月15日から彼の山元加津子さんへの付き人が始まったのです。
 彼の魂が喜び打ち震える程の存在の山元さんといつでも一緒に入れる役を頂き、それを人生の喜び、使命と想い現在に至っています。今でしたらストーカーと間違えられることと彼は言いますが、山元さんが必要とすること、お世話をすることで彼は無くてはならない存在に成りました。彼は山元さんを姫と呼びますが、まさにお姫様に尽くす彼の姿は全国の山元ファンには素晴らしい存在として認められています。年間40回程の石川県以外の全国講演会、年1回の海外旅行をお世話し、出版や諸々といつも姫と一緒にいることを喜びとしていきる姿。ある意味彼無くしては今の山元さんの活動が無かったのではないでしょうか。
 仙台天命塾で平成11年に山元さんの講演会を開催しましたがそれも小林さんの御縁でした。お陰様で11年のお付き合いをさせていただいています。そして小林さんは今回山元さんをこう紹介しました「人類の至宝、山元加津子」と。
 彼は長年陰で支えながら益々山元さんの真価が見えて、その存在が際立ってきて、貴重な宝ものと思えているのでしょう。確かに凄い方です。
 石川県では小林さんのようなサポートをしていたのは元学校の同僚の宮田俊也さんでした。愛称宮ぷーさんです。しかし彼は2年ほど前に脳幹出血で倒れました。ほとんど回復の見込みが無い病ですが今、不思議なことが起きています。不可能と思えた事が可能となってきています。その回復をサポートしている山元さんの献身的な力、智慧は計り知れない能力を発揮させ命を蘇らせています。独自の介護法を見出し、咀嚼を促す器具を作ったり、意志伝達装置の利用、普及の活動や、毎日の様なブログでの宮ぷーの紹介などでその輪は波はどんどん全国に広がってきています。今回も宮ぷーが車イスを自力で動かす最新映像も見せて頂きましたが、驚きの世界がいま展開しています。生きる光を山元さんに見て宮ぷーは力を頂き確実に生きています。
 ※宮ぷーさん紹介ブログはこちらです。宮ぷーレッツチャットで、今日もおはなし
 ※会話補助、意思伝達装置等のお知らせサイトはこちらです。おはなしだいすき

 山元さんは養護学校の子供達を通していろいろな人間の姿、能力、生きることの素晴らしさを伝えてくれます。涙無くしては聞けない世界があり笑い出してしまう場面もあり感動の世界です。夢と希望を頂ける素晴らしい世界で正に至宝です。
 「大好きはうれしい」はどうしてなのでしょうか?神様が生まれる前から大好きがうれしいと作っているのでしょうか。相手が大好きになって初めて気持ちが伝え合えると言います。「みんなすてきで大切」。全ては上手く出来ていて無駄が無い、自分が自分で良いと自然が教えてくれ、辛い時もいつかの良い日の為に繋がる。全部が素敵で、全てに意味があります。四分の一の奇跡と言われるものもありますが宇宙にはしっかり法則があり、働いていて、私達を活かしています。そして「気持ちを伝えること」の大事さを宮ぷー世界を通してお話頂きました。
 素晴らしい講演会、和気藹藹の懇親会でした。ありがたい出逢いに感謝です。

 花がそこに咲くことは 私がここにあることは それが大切だという証 すべてはいつかのいい日のために広い宇宙の中で 長い時間の中で あなたと出会えたこと きっときっと宝物「宇宙の約束」は限りなく優しく、限りなく力強くいつもあなたに寄り添っている。ある「約束」は私たちをつくり、出会わせる。私たちは、つながって大きないのちとして明日へ向かって歩いている。

※山元加津子さんブログ「いちじくりん」仙台での当日のことをアップされています。こちらをクリック
小林さん かっこちゃん 山元加津子、小林正樹講演会 かっこちゃん講演会 介護実技 懇親会で 懇親会

70.「味噌」        2011年2月8日

 前回2月2日のブログ「先祖」の中でフクロウが死んでいた事を書きました。その事へ感想を頂きましたので少しフクロウの事を調べてみました。
 フクロウは闇夜の盟主で肉食です。フクロウの祖先はおよそ1億年前、白亜紀に生存競争の激しい昼の世界から夜の世界へと移り住むようになり、それにともない体はきわめて特殊な進化をとげてきました。目は暗い林の中でもよく見えます。聴覚も大変すぐれ、高い音源定位能力をもっており、聴力だけで獲物をしとめることも可能です。フクロウは鳥たちの世界では大変な嫌われ者で、小鳥たちがフクロウを見つけるとみんなで嫌がらせをします。昼の世界では一番威張っているカラスやタカもフクロウを見つけると執拗な攻撃をします。また、フクロウは人間がとても嫌いなこともあって、昼の間は杉林などの奥まった薄暗いところで、誰にも見つからないように休んでいるのです。昼はこんなに肩身の狭いフクロウですが、夜になれば闇夜の覇者としての風格たっぷりの猛禽へと変身します。

 そのフクロウが何故か、塔にぶつかって落死したがごとく、観音像の隣にある高さ3m位の十輪程の石塔の後ろ、裏山の土手の間に横たわっていました。直接の原因は解りませんがその意味は、闇夜の盟主、支配者が死して白日の下にその死骸をさらしたことは象徴として、この世を支配している闇の権力者の失墜して太陽の明るく暖かい世界への交替を現わしているのではないでしょうか。
 今年は正月にチュニジヤの政変が起き、それがエジプトに飛び火して既存の長期権力者が交替を余儀なくされています。いずれはその奥で暗躍する勢力も姿を現わし大きな変化が待ち受けているのかもしれません。

 2月3日は節分、新月、旧正月と3つが重なった稀有な日でした。天命塾で初の節分、新月の集いを開催しましたが全員女性の参加者で密度の濃い時間を過ごせました。3日は1月20日の満月までに高まったエネルギーを徐々に手放して、新月で解放される宇宙エネルギーが循環する日です。もともと新月は願い事を叶えて、生まれ変わるには最適な時で、宇宙のデーターバンクと共鳴共振出来る最高の日です。そして翌日4日は立春でいよいよ2011年が幕開け、スタートします。すっきりさっぱりと新年を迎え、思い通りの生き方が出来る為のエネルギー交流は見事に上手く出来ました。Tさんの新月パワーの活かし方の講義を頂き、各自の生年月日から引き出される必要な新月の学びをした後、最後は各自がしっかり願いを10個程書いて封書に入れて願いました。
 その後は節分行事の豆まきを福は内、鬼は内と皆さんでして、今流行の恵方巻を今年の恵方の南南東を向いて美味しく頂きました。そして食事を頂きながら和気藹藹とエネルギー、情報を交流して笑顔で楽しく集えました。参加の皆さんには阿弥陀籤で私から貴重本を差し上げましたが、その時にその人に一番必要でふさわしいものが引き与えられたようです。最近は想いの実現法が確実に出来るようになってきています。それは願いが叶いやすい時流に成ってきていることもありますが、その時流に乗れる方法と、夢の叶う方法を使えるとより実現出来そうです。
2011節分の会 2011豆まき 2011恵方巻

 月の満ち欠けは太陽エネルギーの現われでもあります。地球は太陽と月の影響を強く受けていますが、宇宙の循環、エネルギーの活用法をもっと学びたいという希望もあり、次回は3月3日にひなまつりの集いを開催します。興味のある方は是非とも参加下さい。宇宙の法則を知って、自分の生年月日に秘められた情報、エネルギーを活用できることで、より天命、使命を知り、きっとイキイキ、ワクワク楽しい人生に成ることでしょう。

 4日立春は静かな穏やかな1日でした。諸々順調にはかどり春を感じた日です。5日は生体エネルギーの宮城支部の総会があり、引き続き私が支部長としてお世話をすることになりました。総会後に記念講演会で「生体エネルギーを活用して健康で豊かに生きる」をお話しました。果たして如何程のお役立ち出来ているのが不明ですが、いつも己の学びとして務めさせて頂いています。

 6日はテンメイ名取農場で味噌作りでした。昨年に続いてSご夫妻に指導を頂きましたが、昨年の経験を活かして今年は段取り宜しく順調に進み1時間程早く全てを進める事が出来ました。20数名の参加者で楽しくできました。火を起こして豆を茹でて、煮えた豆を潰して、後は米糀、塩、豆、種水を混ぜて、後は各自の容器に詰め込み、その上を塩で重しして密封です。参加者の持ち帰り5キロ、20セット出来ました。
2011味噌作り大豆 2011味噌作り会 2011味噌作り潰し方 2011味噌作り詰め方

 今年は豆の半分は名取農場の秘伝豆で残りは木村農園さん縁者からの大豆ミヤギシロメを使用しました。米糀は木村さんのお米から作って頂き当日持参して頂きましたが、3日間家の中で発酵を進ませる為いろいろ御苦労頂きました。栽培した豆を使って作る味噌、今年の味噌は一段と美味しさが増すことでしょう。今年の11月頃には食べられる予定です。
 昨年作って保存していた農場の味噌の開封がなされました。鮮やかな黄金色で良く出来ています。お昼はその味噌でお味噌汁を美味しく頂きました。いつもながら、高柳亭での昼食は参加者の皆さんの手料理が盛りだくさんに並びます。嬉しい場は笑い、笑顔も盛り沢山です。血縁を越えた善き仲間、家族が出来てきています。ありがたいことです。
2011味噌作り昼食

 私が作った味噌も中々の味です。手前味噌とは良く言ったもので家々の環境、作り主の想いで糀の動きが違うのでしょう。2月21日のメンバーミーテイングの時に昨年作った各自の味噌を持参して味噌賞味会をする予定です。こちらにも是非参加下さい。
 そんな中、いつも元気な木村さんの奥さんが体の歪みがかなり出ていて不調な様子でしたので、私が俄か整体をして差し上げました。農家のお嫁さんとして幼子を育てその他1人何役もこなすのは大変なことです。終わって少し回復して喜んで頂きましたが、いつもの元気な明るい姿は周りに喜びをもたらしてくれます。まずは健康が1番です。
 とても楽しい味噌作り会でした。何事も人と共に作業をし、和して新しい物を作り出して行く喜びはありがたいものです。一歩一歩、着実に歩む遊喜湧真和楽皆、テンメイです。

(※味噌作り会参加者Mさんのブログもご覧下さい。写真、動画もアップされています)
(※仙台テンメイ農場便り「味噌作り会」報告もどうぞ)

69.「先祖」         2011年2月2日

 今日2月2日は30年目の母の命日です。いつもその前には姉達と先祖回向を頂きますが、ありがたいものです。30年が既に過ぎますが時間は自分の意識の中の世界で、ついこの前のようであり、又遥か遠い昔のことのようにも感じられますが、己の遺伝子的なル―ツとしては当然として、この世の学びの原点であり、ただただ存在そのものに感謝です。今だから少し解るこの世の仕組み、摂理ですが感謝の中で目的の達成に向けて歩む日々です。

 私の節分前の毎年の恒例として、野口さんの天音天画を頂くことがあります。頂くことで今、今年の自分の立ち位置を確認出来ます。どうやら今年は昨年までの流れは続いているようです。
 音霊、言霊、あわ神業をする中でいろいろな疑問を解決して、定理を提唱して行くお役目、天命があるようです。それは道標として、宇宙と1個人が一体となり四方に天意(あい)を伝えていくことのようです。
 音霊、言霊、数霊、あわ歌、何もないところでエネルギーを超えて、一瞬に体感したことの中で伝えられるものは何か。立場、視点を変えることで解ること、観音して、宇宙の真理に繋がる為の1つのツールとしてあわ歌は有効なようです。そして自分がそのエネルギーに包まれていることを感じ体感することでもっと楽しくなり、そうして行くことが目的への一番速く、近道で良さそうです。
 全ては意識の世界、己の言葉を持って書き、伝え、響かせることで、あえて篩いにかけ、気付き、選択を促す。縁する方々に疑問を投げかけ必要な体験へと導き、未知を開く。今年はウサギ年で益々飛び回り、更に秋には前足がもっと伸びそうです。
 私のいのちも宇宙のいのちも同じ法則で動いています。今いろいろの変化の中で、ある意味では淘汰がなされていて、生存を許される者は新たな実りを頂ける時代のようです。分岐点での決め手は己の心、意識。綺麗にすっきりさっぱりと断捨離して浄化に努める中で目覚めるものがあるのでしょう。
 音、響きに香りの世界があります。お線香で先祖を知ることもあり、香りで過去から今に伝えられる情報がわかります。全ては今、ここにあり、神業と先祖は最終的には一緒の世界のようです。
 野口さんとのお話の中で中山がキーワードといただきました。歯科医院の名前、あわ歌の中山さんともう一つあるはずだとおっしゃいます。はてなと思案して浮かんだのは昨年訪れた下関の中山神社でした。亡き兄との繋がりで解けたようです。
「天命(てんめい)直命(ただす)清(さや)けく白(きよ)く
 天音(あまね)玉音(たまね)定理(じょうり)を識(し)る季(き)」
「てんめいただす さやけく きよく
 あまね たまね じょうりをしるき」
天音天画2011.02
 
 兄の命日と野口さんとお会いした日は数霊では強く呼び合う日でした。今年は兄からのメッセージが出てくる年でそれを感じ取ることで直命を知り、守護頂いていることへの感謝を伝えることが肝心なようです。数の4、9を悟ることが今年のポイントです。そして天命塾をお世話することの意味もその辺に在りそうです。

 翌日はご縁のある墓所の観音様を訪れました。掃き清めさせていただきましたがなんと石碑の後ろにフクロウが息絶えて横たわっているではないですか。まだ日が経っていない様子ですが何があったのかと思いながらお参りさせていただきました。フクロウは別名ミミズクと言われ耳木菟と書きます。耳のある木の上にいる菟(ウサギ)を意味していますがとても不思議な鳥です。今年はウサギ年ですがさて何が?
 あわ歌を歌っているうちに観音様の上に太陽の光が輝いてきました。その後、近くの神社も参拝しました。高千穂という地名にあり、ニニギノミコト、オオヤマツミノミコト、コノハナサクヤヒメを祀る神社ですが、御神木のところでもあわ歌を歌いましたが、歌う中に太陽の光の変化が感じられました。
 ありがたき陽を浴び、活力を頂き心軽きひと時を過ごしました。お陰様で節分に向かってのエネルギーの放出、囚われ拘りの想いの手放しも進んだようです。何処からが自分で何処までが先祖か、全てはひとついのちのようです。
201101271125002.jpg 201101271140001.jpg 201101271143001.jpg 201101271145001.jpg 201101271149000.jpg
プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター