FC2ブログ

26.「草取り」           2010年6月29日

 全ては滞りなく流れているようです。おおむね順調です。

 休耕田を耕して灌水していた田んぼに蓮の花が咲いたそうです。何年も眠っていた蓮の実が環境条件で命の眠りから目覚め営みを開始する、なんとも自然、生物の命の仕組みは計り知れないものがありますが、それは真理の一端、宇宙法則に基づく当然のことなのでしょう。そして単に人間の無知なるが故の驚き。自然の中に頂く教えは貴重です。

 お陰さまで田んぼの稲の生育は順調です。6月27日は朝から木村さんの田んぼの草取りでした。1カ月ぶりに見た稲は立派に生育していました。私達が手植えした田んぼは何故か雑草が生えていないのです。木村さんも驚きです。

 機械で植えた5反歩程の田んぼの草取りを皆さんでしましたがヒエやコナギの雑草です。裸足で入り目を凝らし雑草を黙々と取りますが段々と要領が良くなり面白いのです。10数人で3時間程で綺麗に出来ましたが、木村さんの奥さんは大喜びです。何故かと言うと彼女は毎日草取りに明けくれています。毎日、他の用事の合間に朝食前1時間、午前、午後各2時間程草取りして、順調に出来て5反歩に1週間かかるというのです。

 手慣れた素早い動作の彼女の草取りの姿は素晴らしいです。エネルギーの高い田に入ると夜は足が火照って大変だそうです。笑顔が素敵に明るい、二人の幼子を育てる若い彼女はすっかり農家の奥さん、木村家の貴重な存在です。

 それにしても20町歩以上の広さの草取りを考えると気が遠くなります。除草機も使うようですが除草剤を使わない無農薬の田んぼはとにかく手がかかります。お友達で草取りがしたいとお手伝いに来てくれる方がいるとか、無心に草取りする中で元気を頂き、都会のストレス発散、解消にはお薦めです。広い水田地帯ですが私達以外に草取りしている姿は目に入りません。丹精込めた木村さんのお米が美味しいのも当然です。
 
 私達テンメイの1反歩の田んぼは草取りが必要ありませんが、素足で稲の間を皆で歩いて稲に良き刺激を与えます。稲の根の張り方が明らかに違います。根はあまり深くないのですが横に沢山広がっていてしっかりしています。水面にはガスが浮いた感じで水も心地良く、先に草取りした田んぼと明らかに違うのです。歩くだけで元気、エネルギーを頂く感じです。日頃長靴の木村の奥さんも素足で体験したら驚きです。

 昨年収穫されたテンメイ米は明らかに生育がよく、実が大きく、味が良く美味しいお米でしたが、生体エネルギー資材も同じで機械植えの他の田んぼのお米と何故違うのか木村さんが考えたそうです。結論は、天日干しも有りますが沢山の有意の人達が素足で田に入り手作業をしたからではないかと。なんとなく納得して益々ことしの収穫が楽しみです。8月上中旬頃出穂の時期に稲の花が見られる様ですが、今度8月8日中山博さんあわ歌ツアーで訪れますがタイミング良く白い可憐な花に逢えるのではないかと期待しています。
 
 引き続いて、東松島のテンメイ農場に移動して元気者7人で日暮れまで2時間半程、畑の草取りです。私は主にサツマイモの草取りですが手つかずの畝は雑草が繁茂してかなり手こずりました。汗だくになりましたがすっきりした畝を見ると達成感で嬉しくなります。
 しっかり育って私達にいのちの恵を頂けるように順調に生育してくれることを念願です。その日の夜に程良く雨が降りましたのでしっかり成長できることでしょう。 
 近くの温泉に皆で移動してゆっくり温泉に浸り、疲れも何処に飛んで行きました。木村さん達も合流して、すっきりさっぱりした体、清々しい笑顔で延々と楽しい語らいが続きます。
 
 自然は素晴らしい、しかし土を耕して作物を得るには色々な手がいります。かつて開墾した先人たちの御苦労は計り知れないものがありますが、我が農場長も荒れ地を耕し、仲間が集い、着実に成果を得られてきました。必要なこと、出来ることをひとつひとつ積み重ねて得られるものは有形のものだけでなく、無形のものも沢山あります。土を耕し、心を耕す、御霊磨き。
 
 私の好きな言葉に「科(か)に盈(み)ちて後進む」があります。その意味は以下です。「《「孟子」離婁下から。「科」はくぼんだ所の意》水が流れるとき、くぼんだ所があると、まずそこにたまってから先へ流れていく。学問も、一歩一歩順を追って進むべきことをいう。」
 生体エネルギーの学びの中で佐藤政二先生がいつも肝に銘じて進むように伝えている言葉でもあります。学問だけに留まらず農業の中でも必要な事と思います。科の字は禾と斗から出来ています。禾は稲等の穀類をいいますが、斗はそれを計る単位。稲が科学の始まりかもと思ったりしました。

 その時必要な事を為して、食物に必要な環境を満たし、作物の本来持っている優勢な遺伝子の発現を促し、それを頂く人間を豊かにする。縁する多くの係わりを活かし合う。今回も草取りを通して、心豊かな仲間が元気を頂き、蓮華のような笑顔の花が開きました。嬉し楽し幸せの一日でした。感謝です。
スポンサーサイト



25.「幕明け」            2010年6月18日

 「はやぶさ」が7年のゆらぎの世界を巡り無事に13日深夜、地球に帰還しました。しかもおよそ3億キロ離れた小惑星イトカワから砂等を採取してきたのですから凄いことです。途中の故障などを臨機応変に修理しながらの飛行で世界初の快挙です。さすが日本と、事業仕訳でカットされた宇宙開発の科学技術予算が復活する方向と政府筋がコメントしているとか。

 一方の「はやぶさ」は17日さっそうと東北新幹線青森駅に試運転で到着。地元では大歓迎とか、12月4日に東京、青森間が開通見込みです。そして九州新幹線の鹿児島への「さくら」は来年3月開通。今年度中に鹿児島から青森まで新幹線で繋がります。

 「さくら」は語源を調べると「さくらは奈良時代から栽植されたが、当時は田の神が来臨する花として信仰や占いで植えられることが多く、「さ」は耕作を意味する「さ」もしくは、神霊を意味する「さ」を表し、「くら」は座を表すという説もある、」とあります。また「偽客(さくら)」とあります。

 「はやぶさ」は猛禽類のハヤブサですが、漢字では隼です。かつて日本陸軍の一式戦闘機キ43で愛称「隼」として名戦闘機として活躍しました。隼人は薩摩大隅、現在の鹿児島に住み大和朝廷に反抗した民のことで、別名「熊襲」。方や東北地方でやはり大和に反抗したのは陸奥のアイヌで青森は蝦夷の地でした。

 「さくら」はかつて東京と長崎を結ぶ寝台特急でした。そして「はやぶさ」は東京と熊本を結ぶ寝台特急で、一時は「さくら」「はやぶさ」は併結されて鳥栖まで運転されていました。2005年3月に「さくら」が、2009年3月に「はやぶさ」が廃止されています。なぜ九州へのブルートレインだった「はやぶさ」が青森に向かうのか?古代に青森は日隅国、九州は月隅国と言われましたが、龍体と言われる日本に新たな神経、血管が出来上がりエネルギーの変化が起きて日隅と月隅の国が結ばれ「明」になるのかなとふと思っていました。

 そんな時にサッカーのワールドカップでも日本が勝利を挙げ、菅政権もほくほくのスタートの様ですがこれから果たして如何なることでしょうか。世論調査の支持率の変化はあまりにも出来すぎで、一気に思惑通りに行くとは思えませんが、ある勢力が小泉さんの時の様に支援しているのかもしれません。傀儡にならなければと思いますが参院選挙でどうなる事やら、マスコミの情報汚染は今に始まったことでありませんが、洗脳は簡単な事なのでしょうね。

 それはさておき、もっと大変なことはメキシコ湾での原油流失事故です。10数名が亡くなり行方不明者も多数ですが、事故発生後2カ月たっても未だ防止作業が上手く出来ずに流失が続いています。日に1億2600万ガロンの流失でこの2カ月でまだ埋蔵量の数%だけで、全部出るに2~4年かかるとか。メキシコ湾の汚染は計り知れないもので大西洋も含めて海洋生物は甚大な影響が起きることでしょう。イギリスのBP社は自社の利益の為に、米国も自国の利益の為に権益を与え結果的に地球を汚染する結果となりましたが、誰も責任が取れずに、結局補償金で責任を果たすだけになりそうです。誰が海洋の汚染を改善出来るのでしょうか?チェルノブイリの原発事故といいエネルギー確保に絡む事故は影響が大きいです。アイスランドの火山噴火で大気汚染が進み来年から世界規模で農作物の不作予想が出ていますが、空も海も汚染だらけです。地震兵器による地震被害や局地的な戦争や紛争も含めて地球のエネルギーバランスが破壊の方向にどんどん進んでいる感じです。ギリシャ発の国家破産の危機、世界規模の経済破綻、太陽の活動、異常気象と言い、末法の世と言われる様相がどんどん強まっているようです。それは破壊して新たな幕開けかもしれませんが、きっと大変なことでしょう。

 はやぶさが帰還した13日に私達は石巻市の万石浦の入り口にあるS造船所さんで楽しい夢のある事業の集いを開催していました。生体システム実践研究会の部会「命の泉を励起する会」での環境改善への取り組みです。環境破壊の原因は人間の思考態の砂漠化で、その改善を目指し、環境に働きかけようというモデル事業です。かつての万石浦は豊かな海でしたがこの40数年の間でかなり汚染が進んできています。その海に生体エネルギーの理論に基づいてある装置を設置して、水質や海洋生物の変化を観察する計画です。装置としては環境改善する情報の入ったコンクリートの塊を作り、海に設置します。それは皆さんも自宅や庭、畑などでも応用、使用できる物です。海洋の改善への取り組みは初めてのことで、色々試行錯誤で進めてきましたがどうにか形が出来ました。

 今回は30数名の方々が全国各地から集まりました。事業概要の説明の後、現地視察して、皆さんで思い思いに持ち帰り用の情報球等を作成、その後は海の幸のバーベキューの昼食、午後は舟で万石浦の自然観察に出かけました。
 その日の午前は1年で最も干潮が大きい日で砂浜ではアサリや昆布の採取をしている方々も沢山いました。造船所の前の海で素潜りで取って頂いたウニやホヤは、買い求めた物とは全く味が違って、美味しさがはっきりわかります。  又、直ぐ近くに支倉常長が渡欧したサンファンバウテスタ号の記念館があり、海上から見たり、夕暮れ時まで実践体験出来ました。途中地震も有りましたが楽しく有意義な集いでした。これからは本格的事業の開始ですがいずれ結果が出ることと思います。いずれ石油の海洋汚染も解決可能かもしれませんね。ささやかな一歩を踏み出しましたが偉大な一歩かもしれません。

 そして情報球は名取農場の井戸やため池用にも作ってきました。きっと田んぼや畑の改善、農作物の良好な変化が生じることでしょう。こちらも楽しみです。

24.「田植えno.2」          2010年6月12日

 人がこうありたい、こうなったらと思いを巡らし創造を想像し想造して行きます。先人の残したもの、その時、その場で、縁した方々の発想と、共感力、想造力が新たなものを形作ります。自然は推し量ることが出来ないほどの法則性で営みの継続がなされていますが、そこに人類が係わり、人類自然の有り様を作りだし、新たな想造エネルギーが生まれます。現実化出来、新たな存在を誕生させるには目的、プログラム装置化、形作るエネルギー、継続をする力が必要です。無から有を生む、無為(むす)。神なる存在の許可のもとに人間はその役割を頂いている存在なのでしょう。

 人には能力が授けられ、経験で培われ、磨きあげられます。老若男女の別なく皆、ある過程を生き、目的に向かって歩んでいきます。自分の能力、ひいては存在が必要とされることは喜びであり、命を励起させます。テンメイの面々はそういった方々が集い、活動が出来てきています。想いは言葉に現れ、行動に移されますが、農作業や色々な活動が己の有り様を明らかにするようです。O農場長が土を耕し心を耕すといつも言いますが、黙々と作業する彼の姿が人々の共感を生み、縁を深めるのでしょう。

 限られた土地を、その状態、性質に応じて活用する工夫の中で、色々な意見がかみ合い名取農場の畑をもち米栽培の田んぼに転用しようということになりました。そして私がお世話役をしているチャレンジPPKの例会活動と企画を融合出来て、名取農場での田植え、稲刈り、餅つき忘年会の計画がたちました。6月6日が田植え、前日5日は例会勉強会懇親会でした。

 杉浦静始氏が引き出す貴方の天才と名打った勉強会は中山歯科研修室で開催されました。
まな板に載ったのは私とO農場長です。「NGO仙台テンメイの取り組みを通して人間の可能性を探る・・農業&生体エネルギー実践・・」をテーマに二人で現在に至る思いや出逢い、行動の軌跡を通して己を語りますが、それを受けて御導師の言葉が内容をクリアーにし問題点を掘り下げて下さります。参加者12名の内PPKメンバーが9名でほとんど初めての皆さんですが深い理解と納得の顔です。仙台テンメイの活動のことと是まで難しくて敷居が高かった生体エネルギーが初めて分かった、必要性も感じたとの感想を多数頂きました。明日の田植えで実際の現場で体験、実感して頂くことでより理解が深まることをお伝えして宿泊懇親会へ移動しました。農場長は明日の準備で残念ながら不参加でした。
 
 チャレンジPPKの秘訣はナイトサイエンスにあり、懇親会は互師互弟を前提に和やかに楽しくお話が進みます。終わってみれば3次会は午前1時過ぎでしたが、究極は御導師の言う世界、「男は女を求め、エネルギーの極みを目指す、老子道徳経の無為自然」。無為はむす、生す、肉体を持ち次元を越えて楽しむこと、そして果てる。意識の高みを頂かなければ共有出来ない世界かとも思いますが、元気にその道を進まれる御導師のこれからが楽しみです。
 
 6月6日は快晴で農場には初夏の心地良い風が吹いています。ため池を作り、代掻きをした田んぼには水が程良く張られています。先人の教えを頂き、智慧を働かせ、工夫して此処まで段取り、作業をしてきた農場長始めスタッフは素晴らしいです。木村さんももち米、みやここがねの苗を運んで来てくれています。三畝強程の田んぼに20人ほどで思い思いに植えていきます。初体験の方々も素足で入る田んぼの気持ちよさ、エネルギーをしっかり感じて頂いて楽しそうです。体の不調を抱えていた方も終わってみれば回復していました。1時間ほどで綺麗に?植え終わり達成感、満足感一杯に高柳亭で寛いで頂き、もう昼食です。農場野菜を使った盛りだくさんの美味しい昼食を頂き、午後は四方山談義に花が咲きます。畑の説明、見学や生体エネルギーの違いを体験頂き益々納得顔の皆さんです。PPKの面々のほとんどの方がテンメイの入会もしていただけました。嬉しい限りです。
 
 田植えの時に杉浦導師が田からそこそこに上がって、畦で横になりぼーと空を眺めているのが目に留まっていました。午後の談義の中でそのことをお話頂けました。若いころ石坂洋二郎の「石中先生行状記」の中で田んぼの畦で男女がまぐあいをしたという一文に興奮したこと、そしていつか自分もそのような体験を願っていたが、今日初めて田植えをして畦で横になっていたらそのことが思い出された、まぐあいは出来なかったが夢心地良さに感動していたそうです。

 人は何を思い、時を過ごしているのか計り知れないものですが、場を共有して心地良き一瞬を生きる、蒔いた種、植えた稲苗はエネルギーを頂き成長して稔、いつか刈り取り私達がそのいのちを頂く。その想念の遺伝子情報を体内に取り込み融合して生きる私達。明るく、楽しく、嬉しく、笑顔の田植えは和気藹藹終了できました。今回植えたPPKの稲刈りは10月31日、お実りを頂く餅つきは12月19日の予定です。前日18日にはPPKのMさんのコンサートを仙台で開催して忘年会。楽しみの連続です。2週連続の田植えでしたがそれぞれありがたいことです。

23.「田植え no.1」          2010年6月8日

 小鳩さんが辞任しました。鳩山さんは前日まで意欲満々だったのに一夜明けて何か有ったのでしょうか、8カ月の短命政権でした。次期選挙に立候補しないで議員辞職されるとか。事程意欲がなくなり、後は悠々自適の余生を送られるのか、宇宙人が姿を消します。小沢さんはいずれ又表舞台に再登場されることでしょうが、参議院選挙対策は致し方ないのでしょう。変わって新しい首相は菅さんに決まりました。相変わらずのリーダーシップ不在の印象が否めませんが、それが今の日本的な有り様で、世界を煙に巻きながら前進している手法、いずれにしてもまだまだ混乱の入り口なのでしょう。アメリカからの独立、自立の可能性が後退しないよう、やがて日本再生が出来る事を念願したいものです。
 
 そんな政局のさなか、私達は5月末、6月最初の日曜日と2週に亘って田植えをしました。両日とも前日の雨が嘘のように上がり、快晴で暖かく最高の日和に恵まれました。
 
 5月30日は石巻の木村さんの田んぼで、昨年に引き続き今年は2年目です。30名程の仲間が集い、1反歩にササニシキを楽しく手植え出来ました。30年前から無農薬で栽培され、昨年から生体エネルギーの生態系生体システムプログラム農法を導入した田んぼは素足で歩くと心地良く元気を頂きます。他よりも暖かく感じるのはエネルギーの高さ故でしょう。2時間弱であっという間に植え終わりました。田んぼを眺めながらのおにぎりの昼食は格別美味しいです。名取農場の野菜のみそ汁は杯が進みます。昨年皆さんと栽培収穫したお米を頂いていますがとても美味しいです。今年は低温で苗の生育が遅く丈が短いですが手植えには支障有りませんでした。今年は冷夏の予測ですが果たして如何生育していただけるか、今のところ木村さんのお話だと稲は順調に生育しているようです。アイスランドの火山噴火の影響で来年、再来年は異常気象で不作予想とのこと。いよいよ生体エネルギー理論の真価発揮です。これからも木村さんの管理に宜しくお願いするのみです。私達も6月27日は田んぼの草取り、自然観察会をします。
 
 昼食後に木村さんの近く、徒歩5分程の私の同業の先輩S先生の屋敷を全員で訪問見学させていただきました。S先生は石巻出身ですが、仙台で40年以上活躍していて、基本を見据え先駆的な歯科医療に取り組んできた方で、私が開業したての頃は教えを乞いに伺いました。その後、歯科医師会の役員を一緒にし、21世紀研究会を立ち上げ長きに亘り良きご縁を頂いています。昨年、いずれ石巻に転居し仙台と二重生活を送るとお聞きしていましたが、今年の春にお会いした時にその内情を伺う事が出来ました。

 S家は5,6百年に亘りその地で代々活躍し栄えた家柄です。先生の実家近くの、先先代が事業等で栄えた頃の築120年の屋敷が人手に渡るのは忍びないと昨年入手され、今年春から何年も使用されていない屋敷をせっせっと自力で片づけ整理していること、片づけている中で先祖の姿、想いが蘇り、過去の色々な記憶、思い出が回想され、自分に何らかの役割を頂いているそんな感じを抱いていること、東北でも1,2の材木商として栄えた頃の栄華を極めた屋敷をやがては縁ある方々に有効活用してほしいということなど、色々な先生の想いを伺いました。私が色々な活動していることは先生は知っていますが、昨年から米作りをしていて色々お世話になっている木村さんの家、田んぼとあまりにも近接していることに、私もS先生も驚きでした。是は何かの新たな機縁かと二人顔を見合せたのでした。先生にいつか見学に伺う約束でいましたが、丁度田植えの日に実現できました。
 
 石を積み上げた堅牢な壁を張り巡らせた600坪の屋敷は驚きの世界でした。裏門からは川に出られ車の出入りや舟からの荷を搬入出来き、池には鯉が泳いでいます。空っぽの蔵や車庫にかつては賑わいを感じさせ、屋敷内も大きな金庫や内蔵があり、応接間にはヒノキの素晴らしい木目の床柱あり、床も見事な材木が使われています。トイレの大きさは8畳程もありさながら大名の厠です。廊下にガラスが設置してあり脚下に池の鯉を眺められるのです。30人からの使用人が働き食堂で皆が食事をしたとか。必要なるがゆえにこの広大な屋敷が造られたのでしょうが、時の流れ、世界の変化を感じるに余りある場です。色々な無形のエネルギーが淀んでいますが先生の想い、気持が新たな息吹をもたらしていくことでしょう。周囲の理解を得られない中でご自分が取得を決断し、一人で黙々と掃除し整理し、ようやく少し納まりがついた達成感が感じられます。そして先生にはご自分の役割を楽しんで果たしている清々しさがありました。

 木村さんも幼少のころ同じ町内でこの屋敷は格好の不思議、驚きの世界で隔絶された中に入り込み何かの折に庭で遊んでいた様です。しかしこの地に住んで数年の木村さんの奥様は近所でも存在すら知らなかったようです。人の縁は奇異で味わい深いものです。よもやこんな形でこの時にこの地で繋がるとは面白い、楽しいの一言です。これを機に、我々の活動、木村さんの将来構想等とS先生の想いが融合して新たな基点として有効活用できて行けば素晴らしいことと思っています。そして、まずは屋敷の樹木の改善やその他エネルギーアップには生体エネルギー技術が利用されることになりそうです。

 見学会の後は、松島農場での作業と温泉を楽しみ、楽しい歓談の夕べを過ごし、田植えの一日を満喫しました。
プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター