FC2ブログ

22.「熱海」              2010年5月31日

 世にナイトサイエンスなるものがあることを知って10数年になります。それは天命塾の初めての宿泊セミナーで、山形県境の笹谷峠近くの1軒宿の温泉旅館を貸し切りで開催した時です。

 スペシャルゲストは遺伝子研究の第一人者、筑波大学の村上和雄先生で大学退官の頃だった様に記憶しています。他のゲストは村上先生との間を取り持って頂いた杉浦清始導師と今は亡き我が友人、相沢功先生でした。講演会はそこそこでしたが懇親会は夜を徹しての大盛況で天命塾の懇親会のハチャメチャの原型が出来上がりました。それから10年くらいはそんな酒席で楽しみましたが、現在は私が酒を頂かなくなりましたので、かなり進化した懇親会に変わりました。村上先生とのその酒席に参加して、今もご縁がある方は数少なくなりましたが、ナイトサイエンスならぬミッドナイトサイエンスを一番満喫したのは村上先生だった様で、それからその方向に能力開発が進んだ様に聞いています。

 先日、熱海でその村上先生と杉浦導師のイキワク会が開催されて参加してきました。

 会場は起雲閣の音楽サロンで、由緒ある庭園を背景にシャンソンのコンサートが冒頭ありました。心を揺り動かし、心地良い感動を頂いてから講演会が始まりました。

 村上先生は最近、お笑いと遺伝子の研究をしていますが、「笑いは笑いごとでない」と笑いは人間とは何かを解くカギの様です。心と遺伝子研究所の研究で陽気にイキイキワクワクしていると良い遺伝子のスイッチ・オンになり、陰気に不安や恐怖などでいると悪い遺伝子がスイッチ・オンになることが分かっています。笑いで健康になる遺伝子がオンになるようです。
 
 その遺伝子を書いたのは誰なのか?人間でない事は確かで、サムシンググレイトという存在が作者で、自然が書いた、目に見えない凄いものがいのちです。多くの遺伝子は解読出来てきていて、いのちの材料も分かり、それらが揃ってもいのちが生まれません。又、体は絶妙な調整機能を持ち、自律神経が働いていますが、それを誰が動かしているのかも定かでありません。未だ人智では計れない未知の世界です。宇宙の進化が凝縮している最高傑作が私達で38億年の花を咲かす為に生まれてきているようです。如何にその仕組みを使わせて頂き、生きるかが私達の役割、使命です、出来るだけ理解して生きたいものです。
 
 ダライラマに村上先生は幾度となく講義をされているようですが、ダライラマは「ニコニコ顔でいのちがけ」で活動していると言います。ダライラマは21世紀は日本の出番が来ると言っています。日本は和の精神があり、科学技術、医療や教育水準はトップで伝統文化が残っています。言葉で他国に翻訳できないものが沢山あります。いただきます、お陰様、もったいない、天罰が下る、お天とう様、ありがとう、等しっかりした生き方、考え方を持っています。そして、人間にとっての幸せは、今、今しかないと。

 日本の存在を作ったサムシンググレイトのメッセージを最後に伝えていました。日本が世界に尊敬される。他者の喜びを自分の喜びとする。日本をイキイキワクワクさせる。日本が大切と。自分の持っている良い遺伝子のスイッチ・オン出来たら自分の花を咲かせる事が出来る。そんな真面目な笑いを誘うお話でした。
 
 続いて、杉浦導師はいつもながら皆さんを笑いに導きながら語ります。人生は楽しむために生まれてきているのでそれを忘れてはイキイキワクワク出来ない。地球はさながらデズニ―ランド。20世紀までは努力で教え込まれてきていましたが、21世紀はそれをはずして、楽しむだけ。楽しむことで夢は実現できる。起こったことは全てはベストと。
 
 今回の講演会での驚きがあります。シャンソンの伴奏をしていた方が私の友人で生体エネルギーを一緒に勉強しているY.Nさんでした。二人とも驚きで、これから音楽を通した生体エネルギーの教育プログラムが始まるきっかけになりそうで、私が生徒になるかもしれません。
 
 夜は宿泊懇親会でしたが、熱海でのナイトサイエンスは穏やかな進行でかつての華々しさはありませんでしたが、それなりに良い遺伝子にスイッチ・オン出来楽しい時間を過ごしました。翌日は村上先生と新幹線の車中同席させて頂き、生体エネルギー談義でモーニングサイエンスの有意義な時間を楽しく過ごせました。
スポンサーサイト



21.「鏡石」             2010年5月21日

 5月15日からの中山博さんと訪れたあわ歌の青森ツアーは最高の日よりと自然に恵まれ、天の祝福の数々を頂いた素晴らしい時空間を堪能出来ました。

 新緑の奥入瀬渓流は見事でした。清き水が舞い踊り流れ、木々の葉の緑なす光は太陽と多様な光彩を発し、茂りだした葉々の生命エネルギーが目を捉えて心輝かせます。対岸の岩壁の岩肌も見え隠れし、川に鎮座する岩にある古苔の濃い緑は深い長い時間を感じさせます。それらのコントラストが素晴らしいのです。自然の織りなす美はいのちの原点、己が心の映し鏡のようで、心身が洗われます。

 先に訪れた青森市の小牧野遺跡はかつて先祖たちが縄文の時代、豊かに平和に長きに栄えた暖かさを頂きました。自分は何処から来たのか、そして何処へ行こうとしているのか、
今の心の置きどころを光で満たす嬉しい出逢いでした。
2010.5.15~16青森ツアー 122(写真提供S氏)

 皆さんであわ歌を歌い中山博さんから頂いた御言葉です。
「大きなるこの歌をここに頂き 誠にありがたきなり
 この地も新たに力を発して参る
 共に参りましょうぞ  あいふかき あいふかき あいふかき」

 十和田湖畔、休屋の十和田神社の奥山にある青龍神社でのあわ歌は、神社と70メートル程崖を下った湖面の占い場と、20メートル程上がった山の頂上の岩場の3か所で分かれて同時に歌いました。これはフトマニ図の中心円のあうわで、頂上があ、神社がう、湖面がわに相当するのかなと一人思っています。きっと天意(あい)深き光の柱が天地を繋いで立ったのではないでしょうか。

 その時頂いた御言葉です。
 「あいふかき あいふかき あいふかき
  大きなる歌 再び響きて広がりたり ありがたき この地守りゆくなり」

 宿泊先の田子町の大黒森ロッジは720メートル程の大黒森山の中腹、東斜面にあります。仲間のKさんが昨年、町から借り受けて一人で切り盛りしていますが、素晴らしい地場で、彼女がこの地で情報発信したいと思うのも納得、しかし冬場の厳しい天候やら色々な条件で御苦労と楽しみがおありと思いました。夜は美味しい手料理を頂き早めの就寝。翌朝は晴れ、早朝の雲海は日本的な穏やかさ、山里、畑、山々を遠望し心地良い風が吹きました。5時からの頂上への登山は往復1時間ほどでしたが、爽快な汗を頂き360度の眺望は格別で、あわ歌も嬉しく遍く響きわたりました。その後、6時半からの25名全員参加のあうわの人文字も成功でした。ホツマツタエに記されているオシテ文字のあうわを人文字で作りました。横に配置した人文字でのあわ歌、十和田湖での縦のあわ歌を歌いましたのでこれで縦横のあうわが出来、四方八方そして十方に光をこの青き森の地から発する事が出来ました。
大黒森山からの眺望(写真提供S氏)

 大黒森山頂で頂いた御言葉です。
 「あいのみもとの 大きなるみよ
  是よりこの地を大きく進めて
  皆皆嬉しきへ参る
  光は遍く 降り注がれたまへ」

 昨年12月のツアーでは訪れることが出来ずに再チャレンジの大石神ピラミッドは暖かく迎えてくれました。私は何度も訪れているのですが今回は是までで一番嬉しい訪問でした。少し下ったところにある10畳程もありそうな巨石の鏡石に全員が登り立ってのあわ歌は四方八方、十方に響きわたり、何かが腑に落ちました。
鏡石

 そこでの御言葉は以下です。
 「大宇宙に発して 大きなる響き 皆皆ひとつと成りて参る 響きたれ」
 
 ハーモニーが各自の発する声を一つにし同調共鳴共振して響き、自他同然を感じます。現実の個々の違いは幻か、大きなエネルギーが各個に注入され違いを越えて素晴らしさが溢れ出るということでしょうか。各自が己の神に気付く、そして他者も神々であると。生まれた時から持っていて気付かなかった世界が鏡の石の上で明らかにされた、そんな感じです。

 「鏡石」、石は何万年も静かに坐して三次元の不動の姿。鏡(鏡の語源は「かが(影)+み(見)」)とは影を見る、姿を見る、あるがままそのままを見る、自分自身を見る物。しかし単なる物質でなく霊的な存在で多次元的なものと言われます。[蛇を古語ではカガチ、あるいはハハと言いますが、これらを語源にする言葉に鏡(ヘビの目)、鏡餅(ヘビの身=とぐろを巻いた姿の餅)がありますが、神(カミ=カ「蛇」ミ「身」)もヘビを元にするといいます。]

 鏡は世界の「こちら側」と「あちら側」を分けるレンズのようなものと捉えられ、鏡の向こうにもう一つの世界がある、という観念は通文化的に存在し、世界各地で見られている様です。多次元世界と三次元世界を繋ぐものが点であり、鏡、鏡石はまさに天と地のリフレクションの機能を果たしていて、天に繋がる岩戸。天照大御神はアマテラス、オオ、ミ、カミと分解すると「太陽、大いなる、見る、蛇身」。天照大御神は岩戸隠れして世は暗闇となり、岩戸開きで光が戻ったと言われます。各自に内在する宇宙、神にアクセスして根源的情報を三次元に下ろし投影するのが鏡。カガミ(鏡)のガ(我)を取るとカミ(神)とは良く言われますが、我を取り除く、岩戸を開く方法が中々ありません。

 今回は鏡石でのあわ歌は岩戸を開いた様です。そして同質の方々もその光に気付くことで解放されていくようです。

 「灯台下暗し」と言われますが今回、鏡石は台。そこに立った皆が灯でそこが繋がり全てが光を頂いたのでしょう。米国紙幣に書いてあるフリーメーソンシンボルマーク、台の上に目が入った三角形が浮いている図がありますが、それは台が三次元世界でヘビがとぐろを巻いていること、浮いた目の三角形が多次世界で選ばれたものだけが支配する象徴の様ですが、これからはしっかりした三角錐になり、各自が内在する三次元世界と多次元世界を統合できるようになる、これがある意味覚醒の様です。

 八戸の種差海岸では空に完全な大日輪が現れました。思わず気付いた皆さんであわ歌を歌いましたが、今回の旅への天からの何らかの徴だったように思います。
種差海岸での日輪(写真提供S氏)

 その時の御言葉です。
「あい あい あいと この宇宙 皆皆 あいへと 共々に」

 八戸から帰りの高速道路のバスの車中から珍しい雲が現れました。天駆ける鳳凰ならぬ烏賊かな?そして帳が下りた頃には三日月に近接して金星が綺麗に見えました。嬉し楽し、喜びの旅でした。
青森帰り車中からの雲
(参加者の方の報告ブログはこちらから)

20.「夢叶」             2010年5月13日

 岡山はかつての吉備の国です。久々に訪れ、縁者の好意で磐石や神社を巡ることが出来ました。吉備の国はかつて文化が大きく花開き、大和に匹敵する勢力を誇っていた様ですがやがて勢力争いに敗れ、律令制度下で完全に支配されていきます。古墳時代には大和以上の大きな古墳が造られ、その勢力の巨大さが造山古墳や作山古墳から伺えます。

 吉備中山は小高い山で備前国と備中国の国境と成っていてその中山の麓の東西数百メートル離れたところにそれぞれの国の一の宮、吉備津彦神社、吉備津神社が鎮座しています。一の宮がこの様に祀られるのは珍しいことです。
 
 そして北西には鬼ノ城があります。昔話の「ももたろう」のもととなったという「温羅(うら)伝説」の発祥の地です。温羅と呼ばれる悪者が鬼ノ城を住みかとして悪事の数々をはたらいていて恐れおののいた村人が大和朝廷に直訴して、朝廷は吉備津彦命を遣わして退治したということです。英雄の吉備津彦命は二つの一の宮に祭祀され鬼ノ城を見据える地に鎮座してこの地を修めている姿は余程、温羅なる存在が大和朝廷にとって恐ろしい存在だったことを物語っているようです。温羅伝説にまつわる地名や旧跡は矢置岩、矢喰宮、鯉喰神社、鬼の釜、血吸川など数多く残っています。

 以前に神人さんのお話の中で鬼のお話を紹介しましたが、この地に於いてまさにそのことがなされていたのでしょうか、事の真偽の話題をすり替えて物語、伝説として記録して後世への情報操作をしているのだなと感じました。

 鬼ノ城は大和朝廷が朝鮮との戦に敗れ朝鮮から敵が攻めてくるのを防ぐ為に築城したと言われますが温羅伝説と言い、何ともその説は腑に落ちないものを感じます。城には溶鉱炉跡もあり鉄の加工技術を駆使していた者がその地を占めていたのでしょうが、時の支配者の意に添わず結果的に滅ぼされ、全ての記録は抹殺され、鬼として扱われていたのではと思いました。

 しかし今は往時を偲ぶのは石垣だけです。鬼ノ城の数キロ奥には岩屋があります。平安時代には比叡山と並び称された山岳仏教の聖地であったようです。鬼の差上岩は圧巻でした。文武天皇の皇子の善通大師が開祖といわれる岩屋寺も含め一大仏教霊場であったことを思わせます。

 かつて不老長寿の秘薬を求め秦の始皇帝は日本に徐福を遣わしますが残念ながらその願いは叶いませんでした。初めて中国を統一し、万里の長城を築き、兵馬俑でその権勢を伺い知れますが最後に望んだのは不老不死。不老不死は人間の限界を越える超能力。しかし人間であるかぎり越えられない世界があります。彼の権勢と果たせぬ夢など往時を偲べるのは残された遺跡だけです。

 又、松尾芭蕉には「夏草や兵どもが夢の後」の俳句があります。奥州平泉に栄えた藤原三代と源義経を詠んだ歌ですが、大きな戦のあった土地で言われることもあります。歴史に残る人間の足跡は遺跡などに人間の肉体の寿命を越えてその思いを伝えていますが、残されたもの、紙、木、象牙、石、金属等それぞれの時間が異なり紙木は消え行くものがほとんどです。しかしその地を訪れるとその地が持つエネルギー、情報があります。その地が長い時間の中で織りなしてきた基本情報でしょうか、地磁気エネルギー、人間想念の固着か、風化されない何ものかがあります。そして過去も多くの人がそこでその無形の何ものかに遭遇し、何らかのスイッチを入れ、気付き、内部の意識が時空を越えた想造を働かせていたことでしょう。生まれ持った魂の遺伝子的なもの、因縁なのか潜在意識に刷り込まれた、忘れられ、封印されていた扉が開かれ、共鳴共振する。

 吉備路の観光案内のキャッチコピーは「ロマンを秘めた風が渉る、歩けば出逢う古代の香り。」でしたが、人間が生まれること、生きることはロマンそのものでしょう。今回の吉備訪問の主たる目的はK氏の阿頼耶識の不思議な世界、体験をお聞きすること、そして夢叶の人々と時空を共有することでしたがこの地にふさわしい集いでした。

 21世紀は当たり前に夢が叶う時代になるのかなと思います。しかし意識の使い方が全てを決めるようです。自分の阿頼耶識に繋がり、喜怒哀楽を越え、プラスもマイナスもない、宇宙意識に繋がると思ったことが当たり前に実現する。エゴでは楽しい面白いは起きない様です。それを阻む大敵は教育です。物語や言い伝えに自分を洗脳していく仕掛けがあります。豊かに生きるとは渦中に嵌まらないこと、遊びごころが大切です。過去も未来も越えて瞬時に生きる極意。夢叶は当たり前。          
 
「遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ」
 
 そんな楽しい吉備の旅でした。

GRL_0338.jpg
岩屋の鬼の差上岩(クリックで拡大別画面)

19.「変化」             2010年5月8日

 ゴールデンウイークが終わりました。日本列島は行楽で大移動があったようですが、私もある事を調査に車で出かけました。目的は達成できすこぶる満足の成果を得て帰仙出来ました。久々の遠距離運転でしたがすこぶる元気です。
 
 実は昨年の秋、10月に高速道路で自損事故を起こして車を大破、全損させてしまいました。お陰様で曰くつきの車は新車に新調出来ましたし、不幸中の幸いで、私は鞭打ち症状がありましたが自分自身の自力療法で数日で回復して元気に蘇りました。しかし車の運転が暫く変でした。アクセルが踏みこめずに市内はゆっくり安全運転で、さながらシルバーマーク状態です。暫くしての高速道路での運転も最高速度が80キロくらいしか出せないのです。数か月その状態が継続していましたが徐々に感覚が戻り今は120キロ程のスピードを出しても平気になりました。今考えるとブロックされたようで、意識が恐怖体験でセーブしているのか、全身の反射系が働ける限界点を命が設定していたのか原因は分かりませんがスピード感覚、車幅感覚が変わり、身体の反応も変化していました。事故の衝撃がそれまでの身体感覚の定常状態を変えてしまったようでした。少しずつ日々の環境条件で体の適応が出来てきたのでしょう。しかし、以前の様な150キロを越える暴走運転は未だ出来ませんし、許可が下りていないようです。

 今年の3月の座禅断食会が満願成就して終わったその日、午後2時から中山歯科健康教室の開催でした。3時間半ほど皆さんと楽しく学び合いまして終了したら左ひざに変調が起きていました。痛みと運動障害で曲げられないのです。歩行もびっこを引く感じです。座禅が影響したのかと思いましたが原因はうすうす思い当たる事がありました。私は若いころから慢性腰痛でしたがその原因は、何度となく繰り返した両足首の捻挫が原因で左膝の痛み、運動障害、変形をきたし、腰痛を併発していました。30歳を過ぎた頃、善き師との出逢いで自分で自分を治せることに気付き、色々の健康法を体験実践してそれ以降は年々健康になり医療のお世話になることなく過ごして来ています。足首や膝の骨の変形は今も残っていますが問題なく過ごしていました。

 今回の膝の変調の原因は生体エネルギー新次元命慧(いのちえ)「しらべS」の作用かと思います。3月末に発売されたばかりの新商品です。それまでの「しらべ」が電磁波を使って人や動物を励起して能力を高めますが、「しらべS」も電磁波を媒体として環境を作るのは同じですが有機物全てに影響を与え、動物はもとより、植物、菌類、またそれらを構成しているもの全てにまで情報が伝わり活性化し、能力を高(貴)めるという優れものです。今回の断食会場にはしらべ11台、しらべS2台を設置していましたから私の問題ある古傷の修復にスイッチが入った様です。なにしろ「しらべS」はその時が初使用で初体験でした。膝の痛みの部位や可動性も日日変化して行きます。最悪膝も曲げられず階段の昇り降りも難儀でしたがどうやらこの連休で修復が終わった様です。今回の遠出の車中にも「しらべ」1台と「しらべS」3台を持ち込み終日電波を発してその環境下にいました。

 実は以前も似たような反応が起きたことがあります。それは5年ほど前に東京でカルキディクシャのヒーリングを受けた後に同様に左膝に変調に遭遇して1カ月ほどで回復していましたので、今回の反応も多分そうだと直感していました。

 人間、生き物には本来のいのちを高め正す自司機序が能(脳)支配を通して自然治癒能力を発揮させ、細胞組織の修復改善を本来の内容、機能の状態に回復させていく働きが備わっていて、ある準拠位置の環境によって誘導されていくのかなと思います。
 
 今回の調査では軽い山の登り降りもありましたが問題なくこなせました。真向法体操の第4体操も出来るように回復しました。出来るだけその修復の邪魔をしないで、感じ、見守り、労り、体に委ねることの必要を改めて実感体験出来ました。体は日日新陳代謝が行われています、単に老化だけでなく環境如何でより良い変化を誘導できると言えます。
 
 陸奥(みちのく)からの帰りの東北縦貫道は予想通り渋滞でした。夜の帳が下りた頃には進行方向は車のテールランプの赤色光の照明が、逆方向にはヘッドライトの白色光の照明が列をなして流れる光景に遭遇しました。日本列島は龍体と言われますが高速道路は龍体の血管で動脈と静脈が血液を運んでいるようでした。あるいは高速道路そのものが龍体で白龍と赤龍がくねりながら動いているようでいた。実は今回の旅では幸運にも何度か蛇様に遭遇していましたのでとどめの龍がこれかという感じでした。

 私の車中の「しらべ」と「しらべS」のアンテナから常時発信される電磁波は東北みちのくの1350キロの地にその情報を発信してきました。果たして私の膝と同様に変化が起きるかどうか分かりませんが何かの影響があることでしょう。そして車中で中山博さんのあわの歌のCDの延々と聴き、主だった地で大きな声であわの歌を唱えたこともそれなりに変化を誘導できたことでしょう。

 ゴールデンウイークは白龍と赤龍は融合変化して金龍誕生かもしれません。世の中も政治経済始め全てが大激変本番が色濃く出てきました。さてさて如何なることでしょうか、楽しみです。
プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター