FC2ブログ

18.「難民」             2010年4月28日

 26日、月曜日の朝のFMラジオを聞いていましたら、音楽とトーク番組の司会を務める声楽家の女性が帰国難民でヨーロッパに足止めされていて、電話出演してその状況を語っていました。事の起こりはアイスランドの火山噴火でヨーロッパ各地の空港が閉鎖され、飛行機の運航が停止したことです。彼女はイタリア、ミラノでの友人の結婚式に参列するため渡欧していました。新婦の親族は日本からの便が欠航で参加できずにいましたので、たまたま再開された飛行機に乗れてたどり着けたのは幸運だったのですが、帰りには不運にも難民になってしまったようです。帰国の手立てを色々探り、日本への直行便のあるウイーンに陸路向かうことを決めたのですが鉄道は何日も満席でだめ、結局数十時間かけてバスを乗り継いでウイーンたどり着きましたが、空港は沢山の方々であふれ、連日航空券手配で空港に通っていてもいまだめどが立たないとのことでした。彼女はその地に住んだこともあり、地の利も言葉も分かっていいて友人も多く、ウイーンは友人宅でお世話になっているという条件ですから、比較的冷静に居られる様子で淡々とお話していましたが、一般観光客は果たして如何なることでしょうか。
 
 災害、災難は予期しない時に訪れます。自然災害、異常気象が地球規模で起きていてその影響は多方面に及んでいます。果たして予測される天変地異が起きるのかは不明ですが、明らかに何か大きな変化が進行しているようです。この事は相似的に色々な事柄で今後起こるように思います。 交通機関、食料、金融、通信、運送、医療、行政サービス、究極は国家破産等々。これまでのシステムが地球規模で正常に機能しない。これはさながらいままで機能していたエネルギーが突然停止したロボット、機械、ガス欠の車、強制終了させられたパソコンの感じで、全てのシステムの供給元が元栓を締めて変化を促しているのですから、もうどうしようもないかもしれません。
 
 本物の時代と言われて久しいですがいよいよ新しい時代の幕開けは間近いようです。生きることの意味、目的、その為に必要な事は何か、自分にとっての幸せとは等などのことが各自に待ったなしに突き付けられているとも言え、価値観の大変換、パラダイムシフトが現実化しつつあります。物の豊かさを追い求める象徴は、もうすぐ開催される上海万博、競争の象徴がオリンピックであり、豊かさの象徴がGNPですがいよいよ笛吹けど踊らずです。明らかにものの自由競争、ものの豊かさからある意味、精神の豊かさにシフトして来ています。

 メーテルリンクの「青い鳥」は、チルチルとミチルが青い鳥(幸福)幸せを求めて世界中を歩いたが、どこにも見つけることが出来ません。疲れ果てて帰った我が家で、探し求めていた青い鳥は家で飼っていたキジバトだったことを知り、幸せを見つけることができたというお話です。ものは在ったのにその存在に気付く心を持っていなかった。色々な体験の中でそれに気付く意識、心を得ることが出来たということです。求めてもその内容が我欲、物欲で、心の本心が覆い隠されていては情報翻訳能力が発揮されません。

 春は梅や桜を始め、花々が咲きわいますがやがて花が散ります。散って実にならない花は仇花、徒花(あだばな)と言います。花を散らすとは散華(さんげ)、散華は懺悔で、花が散ることは心を浄化することに通じます。散る、散ると心の怨恨憎悪、傲慢不遜を浄化できて、本当の真理の実が満ちる花に生まれ変わる事が出来る。チルチルとミチルは散る散る満ちる、そんな意味も隠されているようです。

 今起こりつつある世界の変化は青い鳥の世界のようです。問題はどこで浄化し意識の高い心を得られるかです。色々取りざたされている事態に遭遇せずに済む方がいるのか分かりませんが大難を小難に、小難を無難に済ませることができたらと思うのが人の常です。パラダイムシフト、アセンション等が必要なものであれば避けられないとして、意識、精神の向上をどのように図っていくのか分からずにさ迷う難民が沢山登場する感じがします。次元、視点、準拠位置、地に足を付けてしっかり立ち、ある想造と直結し永遠のエネルギーを頂けるいのちに生きること。今、この地球に生きる時、難無く嬉し楽し寛喜で過ごす想造視点、秘訣、真言があるとしたら素晴らしい事ですが、果たして誰が得られるのか、色々整理、準備が必要なようです。散華、懺悔で花散らし。

 25日は木内鶴彦さんが代表を務めるNGOの定期総会が、桜の花も散りつつある東京でありました。シフトを迫られ、それぞれの立ち位置、活動が問われていましたがどの準位でもこれで良しがない、待ったなしです。難無くすいすいと善き縁者と未知の世界を波乗りしていきたいものです。

 
スポンサーサイト



17.「雷神」             2010年4月20日

 今年の気候異変は凄いと言うしかありません。4月13日に仙台も櫻の開花宣言がされましたが16日から寒気が入り夜半から17日にかけて雪が降り出し数センチの積雪です。咲き始めた桜の花も雪景色、さぞや縮みあがったことでしょう。我々も身体は縮みあがっていましたが心は嬉し楽しの週末をすごしていました。

 16日夜に開催しました神人さんの講演会は、神とは何か、霊とは何か、人とは何かから始まり内容濃く、予定時間を超過してしまいましたが皆さん興味津津、傾聴していました。

 霊の種類のお話で、人霊の中に鬼人が存在していました。鬼人は額に角を持つ超能力者で農民とは仲良しでした。しかし時の支配者、権力者からは超能力故に邪魔者扱いをされて、農民を騙して鬼人を滅ぼさせました。そして桃太郎伝説の鬼退治のように、鬼人を悪人扱いして流布させました。しかし、その因縁は続いていますのでしっかり御霊の供養をしてあげる必要があります。

 節分行事で豆まきをする時に鬼は外、福は内と言葉を発しますがこれも民を洗脳する方法の一つです。本来は鬼も内、福も内です。方位でも障りが生じる方位を鬼門と言いますが、支配者にとって不都合な勢力、エネルギーがある方向として忌み嫌うようになったのでしょう。因みに鬼門は丑寅の方位、東北をさしますが、京都から東北はその名の通り東北地方で、すばり青森県八戸市になります。神人さんの出身地で、私も同郷ですが、神人さんが京都に住んで活動しているのも何かの因縁がありそうです。又、面白いことに、鬼は牛の角と体、虎の牙と爪、皮、巻き毛の容姿を合体させて描かれています。

 魔者は忌み嫌われますが、魔の字は麻と鬼で構成されています。麻は凄い力を持っていて利用方法は多方面にわたります。神事に使われますが今は法律で栽培は禁止されています。支配者は使用させたくないものなのでしょう。麻と竹と茸は宇宙植物で成長が早く直ぐに食べられ、利用価値が大きいものです。鬼は本来素晴らしい存在でしたから人から遠ざけるように魔とし更に悪を付けて悪魔とされてしまいました。魑魅魍魎(ちみもうりょう)は鬼が4個も連なり鬼だらけです。余程、祟りを恐れるほどの事をしたのでしょう。

 動物霊の中では河童も存在していました。水辺に住む猿の様な存在だったようですが権力者に邪魔者にされ、水難事故や不漁の責任を転嫁されて毒殺されてしまったようです。

 想像霊としては龍が作られた存在です。中国から来た思想ですが水の循環を表したものです。水神として崇めるのであれば良いのですが破壊力だけ強調されて戦の神にされてしまいました。そして人が描いた絵を拝み始め、本来のものがすり替わってしまい、念が集まって霊界に生みだされてしまいました。実際存在しないものが人間によって作られたのであまり霊性は良くないようです。

 魔界霊は誰にも愛されずに虐められ殺されたりした霊が沢山集まり、くっ付いた怨念です。相手を絶対許さず、恨みを晴らそうとして霊媒に憑依したり肉体人を支配します。

 霊にはいろんなものがいて危険を伴うので浄霊はむやみにしないこと、本来良い悪いは存在せずにそれ相応の過程、理由があるようです。神社参りも注意しないと霊体に憑依されることになります。自分が同調して呼び寄せないように己が意識の置き処が大切なのでしょう。その他、興味深いお話は色々ありましたが、年内に神人さんが本に纏めて、本当にお伝えしたいことを明らかにして下さるようです。

 神人さんの集いの3日目は春を愉しむ会でした。朝の雨が上がりようやく太陽を拝む事が出来ました。散策は名取市内の神社、旧跡を訪れました。熊野三社等を巡り雷神山古墳を訪れましたがそこが今回の目的のようでした。

 雷神山古墳は東北最大の前方後円墳で、古墳時代4世紀ごろこの地を治めていた長が埋葬されているようです。大和朝廷の支配が及ぶ遥か前です。桜が咲き始めでお花見の方々は少数で、幸い私たちはゆっくり巡る事ができました。神人さんは車中にてあらかじめ、霊媒として古墳を訪れ神霊と交流することの許可を得ることが出来ていたそうです。神人さんは古墳に近づくに従い眠気に襲われ、変調を感じておられました。古墳の後円の頂きには雷神が祀られている祠があります。そこで始めは辛そうにしていた神人さんは神霊とお話をされ、やがてすっきりした表情に変わりました。
 
 1500年に亘ってこの地を守る事が役割とこの地に留まっていた長の霊は穏やかな方で、どうやら転生することを分からずにいたようです。しかし納得してこの地を離れることに同意して頂いたようです。想いが強いとその念がその地を重いエネルギーで支配してしまうようです。これからこの地も変わっていくのではないでしょうかと神人さんお話になっていました。

 雷神は雷様と親しまれ、へそを出して寝ているとへそに落ちて取られると言われ子供の頃は恐れていましたが、描かれるその様相は鬼そのものです。牛の角を持ち虎の皮の褌を締め太鼓を打ち鳴らす姿は丑寅の鬼門を表しています。支配者に滅ぼされた者がさしずめ鬼神として雷神の名で祀られていたのでしょうか。いずれにしても、新しき世を迎えるには数々の怨念を浄化し晴らしておくことが必要なようです。

 半日の散策を終えて名取のテンメイ農場高柳亭でエネルギーの高い採りたて野菜の美味しい昼食を頂き、ミニコンサートを愉しみました。

 コンサートの始めに神人さんから皆さん浄霊をしていただきました。神人さんも乗り乗りで予定を遥かに超えて長時間歌って頂き、我々も大いに盛り上がり喜びのエネルギーが充満しました。昨年、高柳亭でコンサートしましたが大分、場が良い方向に変わったようです。かつて雷神山にいた神霊も喜んで進化して行き、やがて私たちの指導霊になって東北の地を拓いて行くことでしょう。嬉し、楽し、喜び、幸せの雷神サンデーでした。
  

16. 「経緯」           2010年4月14日

 4月11日、仙台で今年初めてのお花見会でした。予想では櫻が開花しているはずでしたが蕾も有りや無しやの状態です。西公園は我々だけの貸し切り状態で寒々した中で花より団子、女人を花に見立てての集いですが、何故か盛り上がりました。4月の真向法修練会後の恒例行事ですが同行同修、健康を最優先の面々は話題が豊富です。特筆に値するのは仲間が参加しているどじょうすくいの会にお出でになるという101歳の女性のことです。健康で日日生活し自力でバスを乗り継いで会に参加されるとのこと、彼女にとっては私達は青二才、講釈垂れても健康長寿の答えを得ている存在は全てを物語り、実証しています。健康万歳というテレビにも出演したという彼女の健康の秘訣、実践方法を是非ともお聞きしたいものだと思いました。その他、かつてお花見で同席した中年の男性が桜の木のごつごつした幹に触れていて突然、妻への苦労を語りさめざめと涙を流したことに遭遇して、躊躇したお話、はたまた数十年ぶりに最近、異性に心ときめいたという淑女のお話、などお聞きしましたが、満開の桜の木の下でお酒を頂いた故の成せる技か、桜の花には妖艶、妖怪なエネルギーが渦巻くようです。私は若いころ梶井基次郎が好きで彼の本を良く読みましたが、「桜の樹の下には」が思い出されます。

 最近遭遇した花見酒の意味は極め付きですので紹介します。「満開の桜を前にすると超現実世界に遭遇して根源的な命題に向きあわされ、普段の現実が本来は非現実であることに潜在意識が気付いてしまい、無意識に正気に帰った我を知り、それに酒無しでは耐えられない。自己の深い精神との対話を避けてきた者にとっては刺激が強すぎて、嬉しく酒を飲んでいるのではなく突き付けられた超現実に耐えられず辛く飲んでいる。桜は私たちの精神にスイッチを押すプログラムで、三次元現実世界が幻で多次元世界の投影された影にすぎないことを知らせる記号。余程の哲学者か聖人でなければ酒無しの花見は考えられないもの。」とか。今年も酒無しでのお花見、私の潜在意識は果たして気付いていたのかいないのか?もっとも櫻満開からは程遠いお花見でしたので、満開でのお花見は来週の神人さんセミナーの時かな。

 前日10日はNGO仙台テンメイの総会で4年目のスタートを順調にきれました。5日に佐賀からテンメイの農業研修等で移住してきたHさんも場にすっかり溶け込んで、全ては予定通りです。懇親会も楽しく出来ました。懇親会には京都のトータルヘルスデザインの近藤洋一会長以下社員3名も途中から参加下さいました。仙台天命塾の産みの親は近藤会長です。会長とは10数年前にご縁を頂きましたが、会長が13年前に天命塾を立ち上げる事を発意し、賛同者が集い、全国に8か所ぐらい天命塾があったように記憶しています。しかし現在も活動を継続しているのは仙台だけになりました。

 お陰さまで私は3年前から、仙台天命塾の育ての親の杉浦清始導師と、産みの親の近藤会長が代表をするチャレンジPPKの代表世話役人をさせて頂いていますので、毎月お会いする幸運に恵まれています。10年ひと昔と言いますがすっかり天命塾の顔ぶれは変わり、4年前からNGO仙台テンメイが出来、若い面々がどんどん活躍してくださる場になってきていて嬉しい限りです。しかし、是までの多くのご縁の方々の係わり、存在がないと今に至らない訳ですから全てがありがたいことです。また、この天命塾という場が必要と認識されない限り、ある想造から継続の許可を頂くことはないのでしょうから全てお陰様です。

 近藤会長の来仙の目的はテンメイ農場の視察研修です。11日の生態系生体システムプログラム農法の農場での勉強会に出席し、翌日は実践研修されて行かれました。今回の勉強会は参加者29名で沢山の方々参加頂きましたが、何かが動き始めているような感じがします。会長の蒔いた種が実りだして有形無形で産みの親にお返しできる事が出来るようになったのだなと少し嬉しく思いました。これからも農業の大切さ、重要性の共通認識の中で良い関係が継続されていくことでしょう。この地の人、物、事、様、天命塾や農場の発する光、響きを観に来ていただける観光の場になりつつあるのかなとも思います。

 Hさんの宇宙の会は12日開催されました。彼女が何故に仙台に来ようと決めたのか、今の農業に対する考え等のお話を伺い、20名程の参加者は大きな歓迎の拍手で会は盛り上がりました。長野からは御柱の大元の淑女、那須から中山博さんがSさん、広島のSさんも同行して参加頂きましたが嬉しい限りです。彼女の移住のきっかけは昨年12月のあわの歌青森ツアー参加時のお言葉にありました。お言葉を下ろされた中山さんが門出の席に参列いただき、多くの方々が出来ないこと、「全てを無しにすること」をいとも簡単に、ホップステップジャンプで行動に移した彼女の決断力行動力に感心し、これからを楽しみにしているとお言葉を頂いていました。日々の実践の中で彼女の役割もより明確になっていくことでしょう。

 13日はそのHさんを同行して那須聖地巡りツアーに中山さん始め10名程の仲間と参加してきました。昨日のことは過去の事、全ては今、ここ、大きな光と響きを頂きありがたいツアーでした。道中、櫻の花が満開。ここに至る経緯を思いながらある想造の下ろされる縦糸と人のご縁の横糸が織りなす模様を楽しく味わいました。

 満開の桜が入れるスイッチは実はあわの歌でいつでも入れられるようです。

15 「御柱」             2010年4月6日

 4月3日に7年に1度行われる諏訪大社の御柱祭、正式には式年造営御柱大祭の上社の木落としに参列してきました。寅年と申年に交互に上社前宮、本宮、下社春宮、秋宮それぞれに4本計16本の樹齢数百年の、長さ17m、直径1m余り、重さ10トンものもみの木を建て替えるお祭りです。いつのころから行われているかは定かでないようですが平安初期桓武天皇の頃かと。御祭神は建御名方神と八坂刀売神です。諏訪地方6市町村の20万人程の氏子がこぞって参加する天下の大祭りです。

 御一緒した木内鶴彦さんはお祭りは山を守り育てることが目的で始められたといいます。6年ごとにもみの木の大木を16本も切り出す為には社有林の管理をしっかりしないと難しいことです。下草刈りや間伐等色々な手入れをしっかりしないと難しいことで、氏子総出で担当の山を守らせていたのでしょう。そして7年に1度の晴れの祭りでその成果をそれぞれの部落で競い合い、皆にお披露目して褒めたたえ合う。そんな仕来たりが延々と続けられ貴重な自然が保全されてきていたのでしょう。しかしだんだん社有林で賄うのは難しくなってきたようです。

 御柱という言葉からは己の柱を立てる事と連想されます。丑寅の鬼門、未申の裏鬼門の真っただ中の時期に御柱を立てることで、天と地を繋ぐエネルギーが下ろされ、強烈に循環する。そもそもは鬼門は時の支配者が封印する方便として決めたことであったら、普通は近寄らないはずなのに、その時期を重要視するのは支配者の対局の民。大和朝廷の敵と追われた建御名方神を祀り、全国1万の御分社を有し、風と水を司る龍神を信仰する諏訪大社は日本の中心地。大地溝帯の上で、天と地を繋ぐ穴場、諏訪湖を挟んで対岸に上社と下社があり、それぞれの2宮の四方に柱を立てエネルギーの筒として社を置く。多分諏訪湖をメビウスの中心としてエネルギー循環が動き、それがこの地を修めるポイントのようです。冬に湖面が凍結して起きる自然現象、御渡りは上社の男神と下社の女神が出会うというロマンが語られていますが、その年の吉凶を占うとか。その時の支配者にとって敵を根絶やしにすることなくこの地を修めることを許されたことは大きな役割があればこそ、信州での一大神事は「神宗」成ればこそ、後はタイミング、「主」次第で「宗主神」が完成します。いずれその役割の封印が解かれ、対極が反転するときに何かが大きく動くかもしれません。大事は辰の時に起きるようですからもうすぐです。

 友に誘われるがままに初めて参加しましたが観光行事だけではない大きな仕組みがある様に感じました。そこに参列する人にも天地を繋ぐ御柱は立つ(辰、龍)、その役割が辰の時に果たして現れるかは己が御柱次第、筒として如何様な柱かによるのでしょう。

 中山博様も参加されていましたので懇親会の後に急遽、あわ歌拝受の場になりましたが頂けた方は幸運なことでした。同席させていただきお言葉を書き留めさせて頂きましたが皆さん素晴らしいお役目を頂いているようです。初めての方は中々すっと受け、響き合うことは難しいようですが、何かが動いたようです。必要な時に必要な方にお与えのありがたき出逢い、ご縁であったようです。

 私が前日の2日に頂いたお言葉は
「下りて その身に入りたり
 この時に多くの事を成し行かん
 全てはこの地と共々なり 是より動いて参る」

 そして今日6日に頂いたお言葉は
「続くは大きなる嬉しきなり
 光は響きとふるふる降りて
 その身を満たして 皆皆に分け与えて 嬉しきなり」

 です。良く分かりませんが何かエネルギーを頂いた御柱祭参列でした。

 以前に紹介した野口さんの天音天画の今月、3月のお言葉が以下です。
「むすぶ しらひし しんじの みわざ しちを かさねて はちとする きくもよふ」
「むすぶ しらひし 神示の 霊わざ 史智を重ねて 把道とする きくもよふ」

 木内鶴彦さんと中山博さんが同席した御柱祭の集いでした。
プロフィール

仙台天命塾長

Author:仙台天命塾長
 大久保直政
http://genkiup.net/

RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
FC2カウンター